PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
473位
アクセスランキングを見る>>
05/10/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 14  Trackback: 0

フランス語は、Falco(犬)から教えてもらった!
話は、前日の朝に戻ります(パリ)。

ホテルをチェックアウトして、空港行きのシャトルバスに乗り込もうとしているときでした。
運転手のおじちゃんが、わたしに。
"où allez-vous?" (もしくは、vous-allez où? だったかも)-どこにいくのですか?-ときいてきました。
とっさに、空港と答えたものの、
バカじゃないの、このシャトルバスは、空港とホテルの往復をするバスなのに、と思い、
次に、”なんでわたし、フランス語わかったんだろう” と思いました。

I was about to take an airport shuttle bus from the hotel. The driver asked me “vous-allez où?” and I said “airport”. Then I thought it was stupid question because it was “airport shuttle service” and it went only to the terminal 2 of the CDG airport. At the same time I thought why I understood that French sentence..

そういえば、お遊びでフランス語の勉強をしたことがあったのを、忘れていました。
バルセロナにいたとき、パリから東京行きのチケットが安いことに気づき、パリの友人に、”パリに行くから、翌日の東京行きのチケット買っといて”といって、パリに飛びました。 
で、パリに到着すると、”東京行きは1週間後”といわれ、暇なので(友人は働いてるし)、暇つぶに、1週間フランス語学校に通ったのでした。

だけど、基本的に、わたしのフランス語は、犬語のみ。
バルセロナに住んでいた時に、友人(フランス人)の犬のFalcoから学んだもの。

I studied French half joke (not seriously), but mainly I got French from Falco, the dog.

Couché!  伏せ!
Assis  おすわり!
Sousoupe ご飯よ!
Au dodo 寝るよ!

Falcoは、わたしにフランス語をおしえたばかりか、人間の感情を理解する犬でした。
自己主張もうまかった。(日曜日には、森につれていけとか、早く寝ようとか)。
バルセロナでも、パリでも、Falcoと二人で家にいるシチュエーションが多かったのでした。
Falco, 一緒に住んだことはなかったけど、めちゃ懐かしい!

Falco lived in Barcelona when I met him, he was a dog of my French friend. He moved to Paris with his family and I often visited them. Many times Falco and I stayed home alone.

123.png

パリの友人宅滞在時には、朝起きると、彼らは仕事にでていて、Falcoとわたしは二人っきり。
”On y va (let's go)" というと、ウハウハウハウハと、はしゃぎだしました。
ひー、わたしのフランス語が、犬に理解された!
川沿いに散歩をしていると、向こうから犬をつれた女性がきて、わたしに、
"C'est garçon?" (オス?)と聞いてきて、わたしが、”Oui”と答えた、その”うい”が、人生で初めて話したフランス語でした(フランス語のクラスを除く)。 
すごい、わたし、フランス語しゃべってる!

For example, when I wake up, my friends had already left for work, then I said Falco. ”On y va (let's go)",
he started to be excited. Wow, he understands my French!!!

We went out and walked by the river. A woman with a dog came and asked me, "C'est garçon?"’,
so I replied, “oui”.
It was my first official (means, out of class) French conversation of my life.

パリの友人宅に滞在していた時の、わたしの立ち位置は、Falcoとよく似ていました。
よくわかんないけど、車に乗りなさいと言われ乗ったら、どこかの家のパーティーだったり、
外食だったり。 犬もそんな感じなんだよね。 っという話をしたら、
”だけど、Falcoは、フランス語わかるだろう。 君は、わからないから、同じじゃないよ”
といわれたことも、今となっては懐かしい。

When I was in France, my situation was almost the same as Falco.
They said me to get into the car, then I do,
I quite did not understand where we were going.
Sometimes it was dinner with friends, or we arrived at a forest.
Falco and I were in the same situation.
But one of my friends did not think the same way.
“You know, Falco understands French, but you don’t. So it is not the same”.

実家で飼っていた犬より、なつかしい犬、 Falco.
Falcoのペットシッターとして泊まった時、朝起きたら目の前に、Falcoの長い顔が寝ていて、びっくりしました。
また、友人のお母さんの家に泊まった時、Falcoと散歩にでて迷子になり、Falcoが
家に連れて帰ってくれたこともありました(隣の家にはいっていこうとしたら、違う、違う、こっちこっち、って感じでね)。

Once we visited the parents place of my friend.
Falco and I went out for a walk in the morning.
When we came back, I was going into the house but Falco said, “no, no, this way” He was right.


ある夏、わたしが、ポンコツ車にのって、Burgosにむかっているときに、着信があり、
それが、Falcoが亡くなったという連絡でした。


One day I was on my way to Burgos in a very old car,
I had a missed call. It was to inform me that Falco passed away.
It was the extremely hot summer.
I miss Falco so much.

Falco に会いたい。
Falco、君が教えてくれたフランス語を忘れることはない(っていうか、それしか覚えていない)。

235.png

説明: Falcoは、バルセロナで勉強するご主人について、バルセロナに住んでいましたが、その後、パリに移住しました(バルセロナに来る前は、南フランス)。

02/10/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 6  Trackback: 0

夏から冬へ、1時間半の旅行.... そして
9月の第一週末! パリは夏の終わりで、汗ばむ天気でした!
aa_2016091819064703e.png

爽やかなパリのお散歩を終えた私は、CDG空港よりダブリンに飛びます。
1時間半のフライトで、ダブリンに到着して、しまったと思いました。
Tシャツで乗り込んだ乗客たちは、するするとジャケットを着て、マフラーを巻き始めました。

まずいことをしてしまった。 そもそも、今回は、マイレージでパリまでのチケットがとれて、
そのあと、バルセロナに飛ぶ計画を立てていました。 8月の暑い時で、私は半端なくつかれていました。
暑さにも、仕事にも、人生にも疲れていました。 そして、なによりも、とてつもない湿気に疲れていました。
そこに、”空港まで迎えにいくから、うちに来なさい”という友人のメッセージ(在ダブリン)がはいり、
どうでもいいダブリンに変更してしまったのです。
とても、つかれていたので、”空港までおむかえ”という言葉が、なんともここちよかったんです。

友人は、空港前に車を駐め、どんよりとした寒い雨の中にたっていました。
しまった! しまった! ここにこなければ、今は、バルセロナの空の下だったのに。。。
2_2016100215412783f.png

1_20161002154125455.png
散歩のワンちゃんも、落ち込みぎみ、私も同じ状況。 どんよーり。

私たちは、家でご飯を食べ、雨も激しくなってきたので、そのまま寝ちゃいました。

そして、次の日。

aaaaa.png


4_20161002154129db7.png

3_20161002154128a9f.png

Merrion Square Park(Dublin)

どうよ、この天気!

はははははははははは、あはは!










24/09/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 12  Trackback: 0

食べたもの。
くだらぬことに、旅行中食べたものの駄列です。

改めて写真をみると、
本当に、わたしは食に興味がないんだなと思います
(でも、美味しいものは美味しいと感じ、まずいものはまずいと感じるんですよー)

好きなものは、ズバリ、お惣菜。
コース料理でも、前菜のみのコースにしてほしい(なので、buffeで満足)。

前回のヨーロッパの旅では、フランスにいながら、ベルギーの健康系ファストフードEXKiに終始していました。
そして、今回は、フランスにいてもアイルランドにいても、イギリスのM&Sのお惣菜でした。

料理がまずい英国とバカにするなかれ、わたしは日本のコンビニサラダ(安くあげるために、キャベツの千切りで上げ底、そして人工的なドレッシング)には、絶対手をつけない。でも、ヨーロッパの豆系、雑穀系サラダが大好きなんです。

222_20160924224801fd4.png
枝豆サラダもありますよー。


CDGで、丸刈りタクシー運転手さんたち(映画のチェッカーみたい)のタバコの煙にまかれながら、ホテルバスを待っていた、その直前に、M&Sのレンズ豆サラダとフルーツを買っておきましたよ。 ホテルにちゃんとしたルームサービスがあるかどうか、分からないから!

aiu_20160924203223522.png

レンズ豆とクスクスのサラダは、チーズも入っていて、まあまあ。

aieuo.png

フルーツには、ちゃんとかわいい先割れスプーンがついていて、安心。

CDGのM&Sは、FAさんや、パイロットさんたち(常連さん)も買っていたから、キッと美味しいと思っていました。
(結果は、まあまあでした)。

わたしを唸らせたのは、ダブリンのM&Sでかった、カニサラダでした。
感動的においしゅうございました。

aaaaaa.png

4_20160924224759969.png

こちらは、ホテルの朝食(ブルーチーズ中心にいただきました)。
12345_20160918190508a6b.png

心残りなのは、生牡蠣を食べなかったこと。ダブリン散策中、あるお店の前で、生牡蠣とギネスビールのプロモーションをしていました。 その生牡蠣たるや、いままでの人生で食べた中で一番大きく美味しかったのでした。 ギネスビールは普通でした(笑)。 そのレストランはお店のなかにあるところで、午後6時には閉めてしまうため、そのまま通り過ぎたのが心残りなんです。 少なくとも写真ぐらい撮ればよかったんですが、試食のアルバイトのお兄ちゃんが感じ良すぎて(つまり、イケメンすぎて)、なんか写真をとるのも躊躇してしまいました。

わたしは、料理にあまり興味ない。 だけど、好きなものはあり、例えば、牡蠣とかは、それは、それは、好きなんです。

あっ、それと、メロンもね。
あっ、それからおいしいフランスパン(噛んでるうちに、乾燥スルメのように、味がしみ出すやつ)、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
M&Sが、フランスの空港にフードショップをひらいたというアナウンス
https://www.parisaeroport.fr/docs/default-source/groupe-fichiers/presse/cp-juillet-septembre-2016/06-07-2016_marks-and-spencer_cdg_gb.pdf?sfvrsn=2
(ちなみに、CDGのM&Sフードショップは、JALが到着するターミナル2Eの到着ロビーあたりにあります。)

M&Sは、かなり昔に、ヨーロッパ大陸から撤退したのですが、
やっぱ、フランスには戻ってきたみたい。




18/09/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 10  Trackback: 0

どうしても、戻ってきてしまう所
(今回の旅行の記事からはずれますが)シャトレ-レ・アル駅(Gare de Châtelet - Les Halles)についてです。

話は、もうはるか彼方の昔のことです。 マドリット在住時、夏休みに甥が遊びに来て、パリに遊びに行った時の
ことです。 その頃は、”地球の歩き方”というガイドブックを、当然のごとくもっていました。 今思えば、人生で最後にもった地球の歩き方が、あのパリ編だったとおもう。

シャトレ-レ・アル駅は、CDG空港と並んで嫌いなのですが(中で迷って、歩き回ると、同じところに戻ってくる)、空港と同じく、なかなか避けられない場所なんです。上野のように、そこから乗り換えて市内に散らばるのです。

当時、友達におどろかされたこともあり、私は、シャトレ-レ・アル駅にはおびえていました(危ないと言われていた)。 地球の歩き方には、シャトレ-レ・アル駅の近くのある小さな広場だったか、交差点だったか、そこには、売春婦が立ってる場所だから、近づかないようにとかいてありました(そして、そこがどこであったか、全く覚えていない)。

さて、甥と私は、夜遅く、シャトレ-レ・アル駅に到着しました。ホテルはオペラ座の近く。で、外にでようとして"Sorti" (だっけ)をたどっていっても、駅の中をぐるぐる回っているだけで、永久に地上に出ることはできませんでした。 

っと、むこうから日本人らしき女性が来る! 私は、ネズミ捕りのように彼女の前に立ち塞がり、英語で話かけました(ほら、韓国人かもしれないし)。しかし、彼女はフランス語以外は話せませんでした。 私が、唯一いえたのが、je veux sortir(出たいの)。  

彼女:地下鉄のホームを指差し、ラバラバ(あっちあっち、らしきこと)
私:”ちがうのよ、地下鉄に乗りたいのじゃなくて、外にでたいの”
彼女: ラバ
私:ラバ?
彼女:ラバ

どうも、ホームを通って外に出るらしい。 最後にわたしも、ラバラバとつぶやき、地下鉄のホームにあがっていきました。 それまで、後ろでボーと立っていた甥が、”汚ねー”とつぶやきながら、ついてきました。 恐ろしく汚い地下鉄のホームでした。 白人系の人がいないのが怖いと、思いましたが、自分が白人じゃないのも、忘れていました。

ほぼ、奇跡的に、私たちは、地上に出ることができました。 

っと、そこは、地球の歩き方で、”ここだけには、行ってはいけない”と警告していた街角でした。 ひー、わたしは甥には、そのことは告げずに、目の前のタクシーに乗り込んでホテルへむかいました。

次の日、オペラの近くのお寿司やさんで食べてる途中に、たまたまパリに滞在していたミリアンから、電話がきました。

わしたちは、タクシーに乗り込み、運転手さんにミリアンと電話で話してもらい、彼女が待っているところまで、行ってもらいました。

到着すると、そこは、昨日の、”地球の歩き方が、近寄ってはいけないといっている、売春婦の街角”でした。 タクシーからみると、ミリアンが、満面の笑顔で、手をふっていました、ちぎれんばかりに!

その”街角”がどこにあって、どういう感じのところだったか、全く覚えていないんです。
どなたか、わかりませんか?


14/09/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 14  Trackback: 0

パリの数時間でやったこと 
2日目です。 パリ滞在は、午後5時の飛行機に乗るまでの半日になります。
プールでゆったりと泳ぎ、朝食でブルーチーズを食べ(血管を若返らせるブルーチーズは、日本では高いので、集中的にいただきました)、パリ市内に出るのは面倒だから、パリ在住のRIKAさんに教えていただいた空港近くのショッピングモールへいこうとおもいました。

AeroVilleには、ターミナル3よりシャトルバスが出てるはず。 ターミナル3でも、よくわからず、ひとに尋ねたり、うろうろしていました。

で、ある瞬間、突然、”もうやだ、CDGで、シャトルバス乗り場を探しまくるのはやだ!”と思い、衝動的に電車にのって市内に向かいました。 電車にのってから、さて、どこで降りようかと考え、シャトレ-レ・アル駅(Gare de Châtelet - Les Hallesー駅の中で迷って永久に外にでられないー をさけ、次のノートルダムで降りることにしました。

その日は、9月3日。 そして、9月4日には、この近くで爆弾テロを計画していた女性テロ集団がつかまりました。この平和的な風景の裏で、着実にそういうことがおこなわれていたのでした。 そして、今現在も、世界のあちこちで、計画が進んでいるのでしょう。
c.png

セーヌ川沿いのお土産やさんで、ポストカードなんぞ買ってしまいました。 
私にとって、”パリ”で連想するのは、隣の建物の屋根裏部屋か屋根の雰囲気なんです。
あああ

パリはまだ夏の雰囲気で、セーヌ川もこんなかんじ。
aa.png

数時間滞在だから、シムも買わず(Google Mapが使えない)、突然だったから地図ももたず、とりあえず空港へ戻ることを考え、Les Hallesの駅か、オペラ(劇場の裏から空港行きのバスが出ていたことを覚えてた!)の方面に歩くことにしました。

私は、緑に吸い寄せられる傾向があるようです。 プランタのお店が集まる小さな通りに寄ってみたり、
aq.png

aac.png

夏の名残を楽しめる広場のカフェで食事したり(サラダは美味しくなかったですが、ウエイターの感じがよかった)。
aw.png

aaaa.png

2_20160918190504211.png


ところで、私は、毎月、”今月のHopes & Resolutions”をノートに書き留めるということをしています。
自分の決意と希望をノートに書くのですが、前の月に達成できなかったこと、引き続き努力が必要なこととかは、
次月の”今月のHope & Resolutions”にもちこされます。
”猫元気”みたいなのも、毎月書きます。 半年続けると、毎月変わりないなって思うのです。

最近、忙しかったので、今月はそれを旅行中にやろうと、ポストイットをもっていきました
(一つのポストイットに1件書ける)。 

で、パリで朝食や、カフェで、少しづつ書いていったのですが、
旅行後にそれをみたら、いつもの”今月のHopes & Resolutions”と全く違う目新しいものでした。 

たとえば、

"Elizabeth Arden Sunflower"みたいなのもある。 これは、どこかでエリザベスアーデンのサンフラワーというオードトワレをみて、
買いたいけど、飛行機に荷物を預けないので、液状のものはかえないー、と思っていたからでしょう。 

このリストは、”月間決意と叶えたいことリスト”なので、こういうのもOK。 なのですが、生活に追われてるときには、こういうことは書かない。 

あああああ

ポイント的なのもあり。”飛行機に乗り遅れないで日本に帰る”というのも、この時点では、重要項目でした。

その他、いつもと同じような内容でも、書き方が浮かれていたり、違う目線で書かれていたり、という違いがありました。 

さて、あとで分かったのですが、あまりおいしくないサラダのカフェは、実は、フォーラム・デ・アル(目的駅の地下ショッピングモール)から100メートルのところでした。フォーラム・デ・アルの入り口では、荷物検査がありました。 けっこう、なんちゃって検査でした。






08/09/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 12  Trackback: 0

パリで夢を実現(なんのこっちゃ)
プールで泳ぐ夢を、無理やり現実化させました。
夢とは程遠いですが、(きらきらと輝く夕刻前の太陽の下でなく、室内プールでしたが)、
まあ、よしとしましょう。

東京ーパリ JAL便プレエコがとれたので、せっかくなので行ってきました。
そこから、どこか友人のいるところに飛ぶつもりでしたが、ヨーロッパ便は別手配なので、
東京からの飛行機が遅れると、次のフライトの補償がないので、パリで泊まることにしました。
パリ市内までの移動が面倒なので、空港ホテル、そして今回は、夢を実現すべく、”プール付”ホテルにしました。

このホテル、”無料シャトルがありますよ”が歌い文句のわりには、どこからシャトルが乗れるかとか書いてなくて、
メールで聞くと次のような返答がペロン。

There is a shuttle service available every day and every 30 minute at Terminal 2F / Train station / Lift level 5 / Platform 2.

で、到着して、Terminal 2Fあたりで聞くと、あっちへ行けといわれ、そこにはパリ市内行きのバス乗り場でした。
で、Information できくと、ふんぞり返った女性が、”Train Stationのレベル5”にのぼりなさいと言いました(今回の短い旅行のあいだに、人に道を聞くこと約20回、すべての方が親切でした、この女性以外は)。

Terminal 2FからTrain Stationまで歩いていくと、そこはレベル4ですから、エレベーターで1つ上にのぼりました。 そこは、タクシー運転手のたまり場みたいで、おおよそシャトルバスが通るかんじではありませんしたが、そこでしばらく待っていました、アホのように。  最終的には、”ありえへん”と思い、また下におりて、改めて聞くと、反対側のエレベーターをのぼったところが、各空港ホテルのシャトル乗り場になっていました。 すでに、1時間近くたってました。 パリ市内に移動する方が、楽だった。。。

Untitled.jpg
パリCDG空港 ターミナル2  列車駅 (画面はクリックで拡大します)。

シャトルバスで、約10分はかかりましたが、飛行場をぐるりとまわっただけで、
真新しくこじんまりしたOceania Paris Roissy CDGは、空港敷地より道を隔てたところでした。

3_201609082118411b9.png

12
お部屋の窓からの眺め、木の向こうは、飛行場

123
お値段相当の清潔なお部屋(私は、掃除が下手ですが、汚いところではリラックスできないのです)


プールは、混んでることはないものの、たくさんの人がおよがれていました。
やはり、旅の疲れの合間に、時差ぼけにプール付きのホテルが人気なのでしょう。

2_20160908211839e2a.png

1_20160908211841227.png

とりあえず、目的をクリアー (到着日)













02/08/2016
others

Comment: 16  Trackback: 0

プールで泳ぐ夢の話
プールで泳ぐ夢をみました。
特別なプールではないんですが、めちゃきれいな水のなかで泳いでました。
他に泳いでいる人はいなくて、夕方になる前の太陽で、水が輝いており、非常に心地よい感じでした。 
すぐに目が覚めたのが残念でした。

心理学者曰く、“きれいな水のプールで泳ぐ”夢をみるのは(まさしくそうでした)、精神的に満足しており、豊かな家庭、能力、社会生活がおくれていることをあらわしています。 心も安定し、充実感でいっぱいな様子を暗示しています。 いいねえ。
また、”きれいな水のなかで、ゆったり泳ぐ夢“をみると、努力してきたことの成果が表れる時が訪れている、ことを示している場合もあるらしい。 やったー! 

それから、自然の水の中じゃなくて、”プール“の夢をみるのは、物質主義者とも。うーん、私は物質主義者ではないです(物をもつのがきらいな、ミニマリスタ)が、最近、経済的な心配をしているのも事実だから、それが反映されている?

しかし、他の心理学者は、反対に、“この夢は、極度のストレスを抱えており、疲れ果てていることを示唆している”、と述べています。 つまり、バケーションの必要性を示唆しています。 なるほど、なるほど、なるほど、 私は、確実にこっち側です。不眠症も関係あるらしい。 やっぱし、途方もなく疲れてるもん。
3日前には、ぎっくり腰でベットから起きれなくなっちゃったし。 

といわけで、”きれいな水のプールでゆったり泳ぐ“夢をみて、それがポジティブな解釈にしても、悪い解釈にしても、現実生活で、体験するのが必要と考えるようになりました。 そして、そういう場所を探すようになりました。
今回の夢のポイントは、“きれいなプールの水”と“だれもいないプール”でした。 東京では、むずかしい。高級ホテルのプールでも難しそう。

私は過去に3度ほど、そういうのを経験したことがありました。すべてアジアでした。

バリ島ウブドのホテルのプールは、ごく普通のプールだったけど、いつも貸切状態でした! 
草木が手入れされていて、綺麗でした。
sdfgsdf.png

スリランカのホテルのプールは、木がなだれかかっていて気持ちよかった。
プールは、自分の部屋から5mぐらいのところにあり、また、満月の夜に泳いだこともありました。
123

一番最近は、お正月休暇で行ったバンコックのホテルの、ちーっちゃなプール。 寒かったので泳がなかったけれど、水がきれいでした。誰も泳いでいないから、綺麗。

IMG_2644.jpg

そして、泳がなかったのが悔やまれるのは、シンガポールのGoodwell Park Hotelのプール。 このホテルにも、もう一度泊まりたいし、プールでも泳ぎたいです。お部屋の居心地がよく、また泊まりたいホテルです。 でも、シンガポールに行きたいとは、おもわないのです。 とにかく、人混みとか喧騒から逃げたいピキ。
12345.png


そして、私がいつか泳ぎたいとおもっているのは、幻想的なモロッコのプール。 
今の私には、果てしなく遠い。 すごーく、疲れてるんです。

あ
写真はホテルのWEBページより拝借







15/07/2016
others

Comment: 8  Trackback: 0

泣く子も黙るPAYPAL!
Paypalを最初に使ったのは、SKYPEの支払でした。そのころは、いったいなんやこれ、って感じでしたが、最近は日本も含めて、かなり増えていますね。
Paypalとは、簡単に言えば国際決算システム、って感じでしょうか? 
Paypalに登録するには、預金口座と支払のためにクレジットカード情報が必要です。私が使っている機能は:
  • ネットショップ等の支払い(相手方にクレジットカード情報が表示されないので、安全といわれてる)。ただ、航空券などはダメですね…とおもいきや、ルフトハンザなどで、使用可能になってます!)
  • 海外への送金、相手がPAYPALの口座を持っていれば、その人の登録メールアドレスあてに送金します。手数料は、約3%(受取人にチャージされる)。しかも、メールで瞬時に送金できるんです。大金かけて、面倒な手続きを踏んで銀行振り込みをしていた時代が、レトロに感じられます。
  • E-Bayに買収されてからは、E-bayにがっちし組み込まれました。落札者が支払ったお金は、まずPAYPALにチャージされます!!!
PAYPALの売り文句は、”安全“! なぜかというと、相手方にクレジットカード情報を開示しなくていいから! 過去に痛いめ(ナイジェリアカード詐欺)にあった私は、この売り文句にぱっくりやられました。でも、ネットを使う限り、”安全“という言葉は、ありえないだろうと思っていました。 私は、被害にあったことないけど、やはりPAYPAL詐欺は存在するようです!

私の経験からいうと、安全もあるけど、徹底的なメリットは、“横柄な売り手、ルーズな売り手”をぎゃふんと言わせることができるんです。 どういうカラクリかわからないけど。商品に問題がある、届かない、そして、“なんど連絡いれても、無視される”というケースでも、PAYPALを通してクレームを入れると、即座にアクションがとられます。いわゆる、泣く子も黙るってやつ。


paypal.png 


最近では、アメリカから商品を購入(PAPYALでは、発送されていたとなっていた)。けれど、1か月で届かないのでで、PAYPALを通して申し立てしました! すると、半日で料金がかえってきました。 どうも、その後のやり取りをみると、“日本には送るのが大変だから、もう、送らないことにしたの”って、じゃ、最初に返金してよ、って思います。 (これって、詐欺っていえるよねえ)。

そして、ETSYというハンドメイドのネットでも、“発送してくれないんだったら、PAYPALを通じて申し立てるわ”というと、突然、返事が来るようになりました。 その方も、”日本に送る良い方法がみつからなかった”ということでした。 ビジネスというか、お金をもらうという意味を理解しない、そういう方々が、世の中にはいるのだなと思いました。

そういう理由で、私はもっぱらPAYPALなんです。 これは、あくまでも個人的な経験であることをご理解ください。。。 

ーーーーーーーーー
Paypal;
https://www.paypal.com/jp/home

Wikipedia:
https://ja.wikipedia.org/wiki/PayPal

Paypalの仕組み:
https://techub.jp/702

Paypalは安全じゃない(っていうか、Netに安全なものなんかない!)
http://watamemo.com/paypal-20160305/


14/07/2016
others

Comment: 6  Trackback: 0

アメリカESTA問題つづく。。もう泣いちゃう
ESTA却下問題では、いろいろな方に、ご心配いただきました。
が、なんか、ほってありました。
(今、できる事はVISAの申請しかなく、すぐにアメリカにいくわけじゃないから、VISAの
申請をする意味もなく、やることがない)

でも、他の人からは、”行かなくてはいけない時が来たときのために、
ちゃんとしておくべきだ”という意見もいただき、

そっと、会社の業者さんに聞いてみました。
返答は以下のとおり。 

平素より大変お世話になっております。
XXX・グローバルビジネストラベル 査証チームのXXXXと申します。
この度はお問い合わせを頂き、誠にありがとうございます。

アメリカは入国に関する審査が非常に厳しくなっております。

新しくパスポート発行したものでESTAの申請が受理されるかは分かりかねますが、
虚偽の申告の経緯が発覚した場合は生涯入国できない可能性も御座います。

以上より、操作ミスでESTAを却下されたお客様にはアメリカ大使館でのビザ申請をご案内しております。

ご確認をどうぞ宜しくお願い致します。


..... よく覚えていませんが、ESTAの申請の中で、
”過去に入国を拒否されたことはありますか?”という質問はありましたが、
”過去にESTAを拒否されたことはありますか?”という質問はなかったような、気がします。
つまり、ESTAを拒否されたことがありますか?という質問に、嘘の答えをすることはないんです(質問がないわけだから)。

他の業者さんに聞いても、
”違うパスポート番号でESTA申請が通るかどうかわからないので、VISAをお勧めします”
ということ。
つまり、誰もわからないらしい (たぶん、わかっても確約できないのでありましょう)。
この”新しいパスポートで申請したらESTAは通るのか”の質問にたいして、
アメリカ移民局も含めて、すべての方が明言を徹底的に避けています。 
どうも、パスポートナンバーが新しくなっても、苗字、名前、国籍、生年月日の組み合わせで、
軽く跳ねられちゃうらしいです。


昔、試験が近くなると、頭のいい一卵性双生児の兄弟がいれば、代わりに受けてもらえるのにと、よく考えていたものです。
そういうの、今になって思い出します。 もしくは、2重国籍もってればとか。 もしくは、アフリカ人だったら、生年月日も変更できるらしい! 

無知な私の意見を述べさせていただきますと、
  • ここで言われているVISAとは、就労不可のB−2VISA。 VISAの申請時には、本人はもとより家族の収入、および資産もチェックされ、大変らしい。(ちなみに、現在東京のアメリカ大使館では、VISA申請のインタビューは3か月待ち)
  • ESTAは、入国を許可されたものではない(ポイントはここ、ESTAを却下されるということは、入国やVISAの申請を却下されたわけじゃない)。
  • で, (繰り返しますが)、ESTAの申請時に、”VISAを拒絶されたことありますか?” とか ”入国を許可されなかったことはありますか”という質問はあったけど、”過去にESTAを却下されたことありますか”という質問はなかったと思う。
  • でもって、ESTAの却下が、VISA申請に影響を及ぼすものでない(とどこかに書いてあった、これも空覚えです)。
  • なので、VISAを却下されると、ESTA申請に影響を及ぼすけれど、その反対は。。あるのかないのか(わからないです)。
  • とりあえず、2018年の秋! 新しいパスポートにしたら、試してみようと思う。

でも、おちついたら、専門家に相談してみます。(相談だけで4万円とられるらしい)。

ああああ



06/07/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 16  Trackback: 0

そしてPIKIは、何処へいく?
ご無沙汰しております。

ESTA却下で、申し立てを入れたら、”あんたねー、ちゃんと見なかったのが悪いんだからねー、却下、文句がある場合は、1週間以内にメールして”

というので、一応メールをして、お返事を待っておりました。
そして、その結果を発表するつもりでした、、、
が、1ヶ月経っても返事はこない。。。

こう言っちゃなんだけど、結構この話題うけるんです。
会社で、ハワイにいく話をしている人がいる。 
”ワイワイ、ウキウキ、ワイハー”って感じで。 で、横からそっと
”いいなー、私アメリカ入国できないしー”と囁くと、
結構受けるんです。”はは、ひひ、ははは、日本人でESTAを却下された人ー!”って感じでね。

コメントでも、みなさん、いろいろ心配していただき、
弁護士や、業者さんに委ねたら、という知恵もいただいているのですが、
なんせ、今の時点でアメリカに行く用事もなく、
あと2年で新しいパスポートになるので(もしかしたらクリアーされるかも)
というのもあり、ほってあります。 
夏休みにでも、大使館に電話かけてみようかな。

というわけで、私の旅行先はヨーロッパ。
アジアの高温多湿で頭痛がする私は、北米がだめなら(っと、カナダにはいけるぞ!)
ヨーロッパなんです。

で、本日、突然JALのマイレージで9月の最初のパリ行きが
予約できました。 プレエコよ!

本当に週末旅行なんですが、
パリからどうするかは未定、
ダブリンにいくか(9月にはいると、涼しいだけじゃなくて寒そう)、バルセロナか、
はたまたマドリットか。。。つまり、友人のいるところだけが対象なんです。
そのまま、パリにいるかも。。

意見求む。。。

27/05/2016
others

Comment: 27  Trackback: 0

うそー!  まじー?  OMG!!!!! 結果発表!
sdfsdf.png

結果とどきました。
3番の”ドラック使っとことありますか”をYESにしていたみたいです。
ESTAが却下されてから、内容を修正したいばあいは、メールして、、ってかいてあったわりには、
ちゃんと、確認のポップアップをだしたのに、訂正しなかったんだから、ダメって答えでした。
へー。

こう言っちゃなんですが、私はドラック関係には異常にクリーン。
私的には、タバコもドラックで、喫煙にも反対なんです(喫煙者の方すみません)。

この返事の後半で、”アメリカに入国を希望される場合は、入国VISAを取得してください”とありますが、
簡単なことではなさそうです。 アメリカ大使館のINVERVIEWでは、あなたの仕事や、
家族の仕事内容とかを、ネチネチ聞かれるそうです(同僚の中国人の話)。

残された道は、パスポートの再発行か更新(更新は、パスポートが切れる1年前から可能!)。 パスポートの再発行には、ページが一枚敗れましたとか、そういうのでできるみたいです。

しかし、友人の日系アメリカ人の考えでは、”パスポートナンバーが変わっても、あなたは犯罪者として扱われるんじゃない”...
ちょっとー、私、犯罪者じゃないですけど!!!!

(パスポートナンバーが変わったら、ESTAが取れるのかどうかは、調査中、しばらくお待ちを)



14/05/2016
others

Comment: 16  Trackback: 0

うそー!  まじー?  OMG!!!!!
最近、ネタ切れがつづいているPIKIです。
GWもお家。 でも、ひそかにNew York 行きを企てていました。
この時期をすぎると、特典航空券での予約が入らなくなるのです。

アメリカに旅行される方は、ご存知ですが、日本人は米国入国に際してVISAを免除されていますが、
ネットでESTAに登録しないといけないのです。 2年間有効のESTAの登録料は、14ドル。 なので、できるだけギリギリに登録される方が多いようです。

今週、ランチタイムにその申請を行ったら、最後の支払いのところで、うまく終了できなかったので、本日新たに申請しなおしました。 そうしたら、”すでに、このパスポート番号では、却下されています” みたいなメッセージが出てきて、頭のなかは、?????が約30個ぐらい。 うそー! まじー? OMG!

1_20160515084625098.png

クレジットカード会社に問い合わせると、登録料の14ドルはキャンセルされて、あらたに4ドルが引かれているということ。 4ドルってなに? どうも、却下された場合は、申請料として4ドルが課金されるらしいです。 

これは、アメリカへの入国を拒否されたということではなく、VISAをとれば入国できるのですが、それが大変なことを知っています(まず、アメリカ大使館でインタビューの予約をとらなければならず、常に予約がいっぱいなのを知っている)。以前勤めていた会社で、インド国籍のエンジニアーの方がアメリカのVISAをとる時間がなく、パリ経由でベネズエラに飛びました。パリでも入国ができないので、エアラインサロンで、一晩寝られたみたいです。 そういう映画なかったっけ?

なにかの間違えであることは確実。 こう言っちゃなんですが、わたし自身もわたしのパスポートも、
限りなくクリーン。 わたし自身がクリーンであるというのは、つまり、アメリカ入国の際に質問されていた、あのお決まりの、”テロリストではないですね。 ナチに参加したことないですね。逮捕されたことありませんね。”という内容に関しては、100%クリーンなんです。

3_20160515084625946.png

実は、今回の旅行、ギリギリまで行くかどうか決めていなくて、休みの申請もしていなかった。
JALの特典航空券のキャンセル料は3000円なので、とりあえず予約を入れてあっただけなんです。
とはいえ、現在のパスポート番号では、もうESTAを取得することができず、リスクが大きいです。
たとえば、中南米に行くしたら(行かないけど)、アメリカ経由が普通で、通過するための入国もできないんです。興味ないけど、グアムにも行けないんです。 もち、ワイハーも無理。 なので、今回の旅行はいかなくても、この問題を解決しておく必要はあり。Just in caseね。

ESTAが却下された理由は、大使館では問い合せできません。メール送ってねと、書いてあります。
メール? どこに? (その後、webサイトを行ったり来たりで、探すこと数時間)

メールは、https://help.cbp.gov/app/ask/の右のEmail your Questionというところをクリックして出します。 

11_20160515093837a20.png

すでに却下済みの案件にかんして、申請内容をミスったけど、修正したいとか、理由をおしえてほしいとか、そういうことを書きます。

そうすると、メッセージは送信されましたよ、2−3週間待ってね、という表示がでてきます。

(結果は、こちら




03/05/2016
Tokyo Cafe

Comment: 14  Trackback: 0

江ノ島の海をながめながらのヨガ

地味な記事が続きます。
何もやっていないので、ねたがありません。

さて、わたしは、いろいろな人に
”わたしは世界中のドロップインヨガクラスに参加している”と豪語していて、
自分でもそう信じていましたが、
よくかんがえていみると、海外では3度だけ、
バリ島ウブドでは、滞在中毎日ヨガやろう!とやる気満々でしたが、
歩いていくのが面倒で、YogaBurnには、一度行っただけでした。(リラックスしに来たのに、ヨガに行かなきゃというのがストレスになったので、ヨガを放棄し、マッサージ三昧に変更)
そして、ニューヨークでも、一度のみ。
また、スリランカのアーユルベーダリゾートでは、1週間みっちりヨガやるぞ!と意気込んだものの、
初日に一回やっただけでした。
バンコクでは、ハンモックヨガを目指しましたが、予定が合わず、
なんと、バルセロナでは、クラスを決めていたのに、人に会うのに忙しく、
ヨガの存在すらも忘れていました(帰国してから思い出した)

東京でも、時々ヨガ1回コースに参加しています。 地元だったり、MeetUp主催のヨガに行ったり。 すべて一回のクラス(ドロップイン)です。 

そして、GWの今日、江ノ島の海をみながらできるヨガにいってきました。
駅も江ノ島周辺も原宿竹下通り並みでしたが、
ヨガの生徒は、二人だけ。 そして、この風景を前にできるんです!

2_201605032202403b7.jpg
ちなみに、画面右下のバスですが、10分以上動いていませんでした。

いわゆる、穴場的ヨガでした。

1_201605032202394d7.png
こちらの写真は、Webサイトより拝借しました。 http://chotto-yacht.com/program/yoga/

http://www.coco-bea.com/article/cb/25225/




20/04/2016
others

 

頑張れくまモン! 頑張れ熊本!

1_2016042021120214d.png

くまモン大好き!


10/04/2016
Cats & Dogs

Comment: 14  Trackback: 0

バカにしてはいけないと思った!
やっと、コートなしで出られるようになった今日、
ニャンニャン3号のワクチンを打ちにいきました。
ニャンニャン2号(スペインから同行した猫)が、白血病に感染して亡くなったので、
ワクチンは、3種ワクチンじゃなく、6種ワクチンを打つことにしていますが、
ほとんどの日本の獣医さんは、3種ワクチンしか用意してなくて、
はるばる、遠いところまでワクチンをうちにいきました。

去年、獣医さんと看護師さんを血まみれにさせたニャンニャンは
今年は、こんな感じ。
1
ワクチン接種と、血液検査を軽くスルー。
シューシュー吹きまくっていました。ご苦労さん。

さて、ミャーコとニャンニャンの血液検査でちょっと、あれ、っと
思ったことがあります。
いろいろ問題のあった2匹の血液状態が、すごく良くなってるんです。

なんで、あれっとおもったかというと、
獣医さんの処方により、高いブランド食を買っていたのですが、ここ1年ぐらい
面倒になり、スーパーで売っているカリカリを買っていたからです。
販売会社は、なんとネスレ、チョコやコーヒーのネスレ、
なんか、体に悪そうと思いながらも、ニャンもミャーコも喜んで食べてくれるし、
買い続けていました。

買っているのは、ピュリナワン、レスれから出しているほかの動物食を
見てみると、ちょっと、ふーん、なんか体に悪そうとおもうような(高級の処方食に比べて)
ものばかりでした(あくまでも、わたしの見解ですが)

pろづctぃね
(クリックで拡大します)

ちなみにミャーコはこちら(実際は11歳以下ですけどね)
みゃーこ
(クリックで拡大します)

ミャーコは病的ではないものの、腎臓の値が?という感じだったので、
こちらを選ぶようになりました。 現在は、年齢相当以上の結果だそうです。

ニャンニャンはこちら(彼も11歳以下です)
にゃんやん
(クリックで拡大します)

ニャンニャンは、以前尿に結石がみられたので、こちらにしています。
尿検査はしていないけど、血液の質は良好!

このカリカリ、なぜ続いたかというと、猫が気に入ってくれたからなんです。
腎臓サポートって、めちゃまずいらしんですが、普通にカリカリ食べてます。
なので、”抜群のおいしさ”というのは、事実である可能性が高い。
逆に、猫に人気がないのは(ごめんなさい)、断トツに、アイムスです。。。

スーパーに置いてあるからって、バカにしてはいけないのでした。
(っと、わたしは、ネスレの回し者じゃないですよー)
っていうか、ネスレさん、そういうイメージを払拭するマーケティング
必要なんじゃないですかー?






23/03/2016
others

Comment: 16  Trackback: 0

夢の話
私が夢に敏感だと感じたのは、父が亡くなった直後でした。
おぼえている夢は、私たちの家が、なぜか長い列車を改造した家で、家の反対側で父が料理をしていました(料理好きの父だった)。 で、“あー、亡くなってなかったんだ!“と思い、長い列車のなかを走っていったら、それは父じゃなくて、知らないイタリア人のおじさんで、夢の中でがっかりしたことがありました。 その後、亡くなった兄も、夢(私たちが育った家のなか)で、”塩どこにあるのー?“と聞いてきたりしました。 私以外の家族の夢には出てこないようでした(夢は見てても忘れてるのかも)。

スペインから帰国した私は、何年ものあいだ、適応障害的な状況にいました。ずーと出口のないトンネルにいるようでした。 試行錯誤もしていて、ブログをはじめたのも、脱出作戦のひとつでした。ブログを通じて知り合った人とコメント交換するのが、ちょっと楽しくなったりしてきました。 それでも、現実が自分にとって、刑務所みたいな感じは続き、その頃は、すごく夢をみました。 すべての夢が、とても不思議で美しい場所(よくわからないけど外国が多い)で、登場人物は、(好き嫌い、重要度をとわず)過去の人だったり、猫だったり。不思議で楽しい夢ばかりでした。 映画のセットのようにきれいなんですが、みなさんの夢もそんな感じなんでしょうか。 目からさめると、夢に戻りたいと思ったりしました。 映像に残せないのが残念だともおもいました。 で、目がさめたら、夢をわすれないうちにメモすることをはじめました! それでも、あとからメモをみると、“意味不明”と思うのがほとんどなんですけど。そして、最近、少しずつ新しい友人もでき、日本にいなくてはいけないことに、あきらめもでてきました。 そうすると、印象的で興味深い夢というものをみなくなりました。

お気に入りの(できればもう一度見たい)夢をいくつかご紹介しましょう。

【動物保育園】
ミャーコと出勤しました。 途中で、黄色い砂が舞ってきて、ミャーコを駅の近くの動物保育園に預かってもらうことに。 総ガラス張りの明るいビルの中にある動物保育園は、日当たりがよく、ビルの前は、黄葉のイチョウでした。 コッカースパニエルも預かってもらっており、ミャーコと仲良く遊んでくれました。 (現実にはありえない。ミャーコは、猫も犬も嫌い。 好きなのは自分の面倒を見てくれる人間だけ。) 総ガラス張りのビルは、今から考えると、パリ近郊のミリアンのアパートでした。

【地球がちっちゃなバルーン】
きれいな夕暮れでした。場所はスペインのいなかと思われる。ニャンニャン2号(スペインで里親にした猫)とトラムに乗りました。 トラムは坂を下りていく感じで、なぜかというと、地球が非常に小さくて、実は坂は地球の球面でした。ふと気が付くとニャンニャン2号がいませんでした。 自分がどこにいるかもわからない場所で、ニャンニャンが行方不明になって、恐怖を味わいましたが、トラムをおりて、坂(っていうか地球のカーブ)をのぼっていくと、ニャンニャンがいて、すごく、ほっとしました。

【ミリアンとサイクリング】
すごい短い夢なんですが、ミリアンとママチャリを”盗んで“(現実には盗みをしたことありませんよ!)、自転車で帰るところでした。場所がどこかもわからず、どこに帰るつもりだったんでしょうか。 突然、前に道がなくなり、急ブレーキを踏みました。下をみたら、崖はるか下(2kmぐらいした)の道路と走ってる車が見えました。体が震えて、がけの淵にしがみつきました。 夢はそこでおしまいでした。

【ミャーコ全速力で走る】
たぶん九州の、とある電車のプラットホームでした(私が実際に九州にいったのは、福岡一泊の出張だけ)。 人がいっぱいおり、平気で線路に下りたりしていました。 プラットホームの前は、小山みたいで山肌がみえていました。 ミャーコを運動のために、おろしました。 ミャーコは、瞬く間に、山を駆け上り、そして駆け下りてきました。非常に楽しそうでよかったと思いました。 驚くスピードでしたが、ミャーコは普段から、全速疾走はよくやるんです。体の大きさが3倍の同居猫ニャンニャンは、どっすんどっすんって感じなんですけど。 これは、最近の夢。朝4時に目が覚めて、再度寝たときに見た夢でした。

猫の夢ばかりみているようにみえますが、人間関係の夢は個人的なのがおおくて、公表できません。
また、猫でも、ミャーコは出てくるんですが、現在のニャンニャン3世が、夢に出てきたことがないんです。
なんですが、母がちーっちゃな茶トラの猫の置物をかったら、同じ柄の猫がうちにやってきました。 それが、ニャンニャン3号なんです。






15/03/2016
どこからか、見つけてきた写真

 

とり
15566.jpg


09/02/2016
Madrid New Year 2015-16

Comment: 12  Trackback: 0

Air Franceをサバイブしよう! キーワードは、hôtesse de l'air japonaise
行きのKLMの乗り遅れは、その前のフライトが遅れたからでした。
帰りのAir Franceのパリ発羽田行には、自分のミスで遅れました。
シャルドゴール、毎回、迷子になるんです。

その時にであった日本人の女の子と二人、フライトに乗り遅れ、
次の便(夜中発)まで、6時間空港に残留決定。 
目の前が真っ暗になったものの、彼女の同伴でAir Franceの
エアラインサロンに滞在することが、可能に!

4_201602091916580d7.png

ターミナル2Eのサロンは、巨大で、人が少なく、
食べ物が、ちょっぴり、、と思いきや、次から次へと
新しいものが、でてきていました。すべて写真にとらなかったのが、残念。

2_201602091916557f1.png

3_20160209191656a33.png

彼女と私は、その後6時間の間、
ネットに向かいながら、食べて、食べて、飲んで、食べて、シャワーあびて、
食べて、飲んで、。。

2_20160209194700b0d.png
シャワー室には、清潔なタオルと、ロクシタンのセット!

そして、ターミナルを移動し、そちらのAir Franceサロンで、また、食べて、飲んで、
これで留めないとまずい、とおもってから、デザートもいただきました。
3_20160209194702519.png

1_201602091946593a2.png


Air France, 過去にスタッフのミスで乗換飛行機に乗り遅れたときに、
何もしてくれなかったばかりか、フランス語で侮辱されてから、
ずっと乗っていませんでした。
でも、羽田発ができたり、夜行便が快適だったりで、夏ぐらいから
再度使うようになりました。(JALのマイレージで乗れたりするしね)。

地上係員はあいかわらず。 
私は、エコノミーのなかでも、有料の席
(追加料金で、広い席に座れる)だったんですが、その有料席が次の便で満杯で、
“ないわ、席は満杯。ここでお金は返さないわ。お手紙書いて”
とつっぱねるかんじ、彼女たちのいうことは信用しない。
”お手紙“が有効か無効かは、わからない。 
この場合、私にできることは、ひとつ。
“あっそ”と言うだけ。 
彼女たち相手に物事は解決しないんです。時間とストレスの無駄なんです。
たぶん、お手紙の宛先を聞いたら、”知らないわ“っていうでしょう。

ちなみに、今回は、地上係員と話ができるチャンス、すべてトライしました。
次の便の予約のとき、2つのエアラインサロンの受付、搭乗口でも。

で、そのまま、飛行機に搭乗。 するすると、日本人FAさんのところに行って、説明すると、
そのFAさん、さらさらと動きだし、3分後には、私はアップグレードされて、
プレエコノミーに座っていました。

いろいろあったけど、最後は幸せでごさいました。 
そして、プレエコの食事(写真取れなかったけど)、
ホタテのサラダ、おいしゅうございました。

ほたて、大好き。


29/01/2016
Madrid New Year 2015-16

Comment: 18  Trackback: 0

ベレンとぶどう
スペインのクリスマスの飾りつけの主流は、スペインのクリスマスの飾りつけの主流はベレン(Belén)です。ベレンとは キリストが生まれた様子を人形などのミニチュアで再現した箱庭です。キリストが生まれたベツレヘムをスペイン語でベレンとよばれることから、この名前がついています。 馬小屋でうまれたから、かわいい動物たちもいます。 カタルニア地方では、排便をしている人形カガネルというのもあり、こちらはユニーク。
教会や公共の場には大きな箱庭が飾られます。私がこよなく愛するEl Escorial(マドリットの避暑地で王宮がある)には、等身大のベレンがあり、(実際にみたことがないんですが)、どうもベレンのなかを自分が散歩できるらしいです。
実は、スペインに住んでいる時は、ベレンきらいでした。みょうに暗いイメージがあって。 

しかし、今回は、ちょっとかわいいベレンを見てきました。 お雛様や、鯉のぼりと同じく、各家庭に小さなベレンがあるらしい。Anaのうちでは、ちいさなクリスマスツリーとベレンが飾られていました。
クリスマスツリーの飾りのなかで、めちゃ気に入ったのが、なんだかわからないけど, ”ぺろぺろキャンディー” みたいなやつ。 たぶん、Ivanが作ったものだと思います。
4

ツリーの下には、東方の3博士が!
2


こちらは、生まれたばかりのキリスト
3_20160129201201e0a.png

納屋の上の鳥が、安定しなくて落ちてしまっており、写真を撮っている私を見て、Ivan君が、一生懸命手伝ってくれました。Gracias!
222_20160129201105bcd.png

1_20160129201158f7c.png


大晦日の食事がおわると、シャンパン(サイダーとスパーク酒もある)とブドウが用意されました。 ブドウはひとり12個をカップにいれて用意します。種と皮をとる場合もあるけど、種ありもあり、12のブドウをたべるのは大変 年越しの12回の鐘にあわせて葡萄を食べるのですが、ちょっと大変です。 

2_20160130135450b0e.png

1_201601301354497e4.png

そして、終了。 



20/01/2016
Madrid New Year 2015-16

Comment: 18  Trackback: 0

年越し数時間前の街
2015年12月31日です。
世の中の人は、午前中は仕事の人がおおく、それから家族で夕食、年越しは12回の鐘とともに、12個のブドウを食べて祝います。 12時をすぎから、外に繰り出す人がおおいです。 マドリットのSOL広場では、12時のカウントダウンをしますが、若くてなんでもOK世代じゃない限り、大変なところみたいです(世界各国、みな同じ)。
この日、私は友人に会い、彼女も(ディナーの用意をするから)と足早に去っていき、一人でGOYA通りに出かけました。 なんか、一人で歩けるのはうれしい。

お決まりの、プチプライスSPAエステのYves Rocherに飛び込むと、なんと、予約なしでマッサージができました。 クリスマスについで, 忙しい大晦日の夕方、さすがにマッサージに来る人も少ないようです。

お店をでると、もう日が暮れ始めていました。 アナの家での年越しディナーのために、酒を買うことに。 El Corte Ingels (デパート)のスーパーには、置いてなくて、”グルメ・エクスペリエンス“に行きなさいということでした。 GOYAには、2つのEl Corte Ingelsがあり、小さい方の地下に”グルメ“があります。 この時間になると、街に人がいません。スペインで夕暮れに街から人がいなくなるのは、12月24日と31日だけかな?

グルメセクションは、目が飛び出すほど高い高級食材のあいだに、バルのカウンターがあります。 

1_20160122212819980.png 
人気のあるところ(牡蠣バーとか)は、おじさんたちが居座っています。
家に帰ると、こき使われるからでしょうか?
 


3345
ひとつ15ユーロの瓶詰めは、家族へのお土産。



334



スパークリング酒をゲットしたついでに、ちょっとなんかつまんでいこうかな。 よく考えたら、お昼たべてないし。 スペインに来たら食べたいもののひとつアンティチョークと赤ワインを頂くことに。 高いけど、おいしい。


55
(写真は地味な感じだけど、おいしかった!)

このグルメコーナーのバル、日本のデパ地下のイートインと一緒にしてもらっちゃうと困る。 カウンターとはいえ、ちゃんとした食器、そして布の白いナプキンがサーブされるんです。 

222.png 


スペイン、ヨーロッパじゃ、”ピレネー山脈よりしたはアフリカ“とか馬鹿にされているけど、ちゃんとヨーロピアンなんですよー。 女性がひとりで、気軽に、短時間で、エレガントに食事できるところとして、お勧めします。


33

そして、カウンターのなかでは、ぴかぴかのワイングラスにワインをついで、“じゃあ、よいお年をね”とか言って、ワインを飲んでいるんです。 いいねー。
1

それをみて、私も、“まずい、早く帰らなきゃ”と思い、外に飛び出しました。お店は閉まっており、人もいません。 焦る気分で地下鉄に飛び乗り、“帰宅”したのでした。

ーーーーー
El Corte Ingels グルメ・エクスペリエンス
http://www.todomadrid.info/gourmet-experience-in-el-corte-ingles/





13/01/2016
Madrid New Year 2015-16

Comment: 14  Trackback: 0

すべては、2時間の飛行機の遅れから始まった!
だらだらと、意味のない文章がつづきます。 
忙しい方は、スルーで! 

<飛行機の遅れ>
全ての始まりは、成田発アムステルダム行KLM機の車輪交換でした。 車輪の交換をする必要があり、取り換えの車輪がないため、他社から借りて交換したために、遅れたのでした。

<タクシーに乗ったのがいけなかった>
アムステルダム到着時には、マドリット行きフライトは飛び立った後でした。 午後3時にマドリットバラハス空港につく予定が、到着したのは夜中の12時。 当初予定していた地下鉄の移動をあきらめ、タクシーで友人宅へ(その時間、まだ地下鉄は動いていました。 このタクシーの選択が、あとで後悔することになります)。 タクシーは、私が住んでいたAvenida de Americaを走り去り、いろいろな記憶が映画のようによみがえっていきました。 そして、目的地に到着。現金で料金を払い(このとき、クレカで払っていればと、後程後悔)、レシートももらわずに(とにかく、長旅で疲れていたんだと思う)、タクシーを降りました。 

<携帯なしに生きていけなくなっていた>
そして、Anaの新しいうち(子供が大きくなって引っ越しした)に入ろうとるすると、iPAD miniがない! その中に、住所が入っているのに! 空港到着時にSIMカードをかって、すぐに電話とネットが使える予定が、夜中についたので、携帯の中の情報を見る事も、電話を掛ける事もできないのです。

<それでも、運がよかったと思っている>
もう時間は、夜中の1時近くになっていました。 アパートの番号はおぼえていて、7階ということもおぼえていました。 7階には4つの家がある。 しょうがないので、すべての呼び鈴を押して、ほっとしたことに、応答したのはANAだけでした。よかった! 夜中に変な外人が、呼び鈴ならしたら、警察呼ばれるわ~!
スペインのタクシーのなかで、何かをなくしたら、絶対にもどってこないです。 運転手は、“おっと、iPADだ、ラッキー”と思うでしょう。 だだし、クレジットカードで払った場合は、もちろん追跡可能。すくなくとも、レシートがあれば。 なんでも、クレカで払う私が、現金ではらったのは、疲れていたからか、思いつかなかったからか。 

<事故証明のために警察へ>
iPADをなくして、ショックでなかったのは、一番古いタイプの28000円のやつだった、もしくは、疲れていて感覚がにぶっていたから。 翌朝、まずSIMカードをゲットして、携帯が使えるようになり、警察署に向かいました。 日本では取ったことのない事故証明、スペインでは自他含めて、10回以上経験してるので、慣れすぎ。 とはいえ、毎回、やってくれる警察署と手続き方法が変わるので、問い合わせが必要です。 スペイン語が分からない人は、日本大使館か領事館に助けを求めて! スペインには、いくつかの警察があり、ちょっと日本人には複雑です。 私とAnaは、国家警察の警察署へ。 受付で、紛失品の事故証明にはなくしたもののシリアル番号かレシートが必要といわれました。ということで、日本の家族に連絡をとり、iPADの箱のシリアル番号をみてもらうことに。 そのあいだ、とりあえず、道をへだてた前のBARに飛び込みました。

1
バルからみた警察署(内部省とかいてある)、頭も写真もボケてます!

二
バルの入り口、外でもたべられる、南スペイン風〜

<ワインでいい気もち―>
選ばないで飛び込んだBARでしたが、ワインもタパスもおいちー。 ふと気が付くと、BARはすごい混み方。師走のお昼前なのに。 スペインで満足いくBARに入りたいとおもったら、とにかく混んでいるところに入ればいいんです。日本の自宅よりシリアル番号が届くまで、満足した時間をすごしました。

3
さっそく、イワシの酢漬けとオリーブをおつまみに!

<酔っぱらって調書をとる>
酔っぱらったまま、通りを隔てた警察署に戻ります。ちっと、かっこいいタイプの女性警官によばれ、調書室に入った時には、目がまわっていました。 それにしても、日本の女性警官の制服とちがって、スペイン国家警察の制服って、スタイルよくないと無理。 写真を撮れないのが、残念。 そのワイルドセクシー系の警官に、iPADのシリアル番号を聞かれたとき、送られてきた画像を見せようとすると、彼女は、”口で言いなさい“と命令。 ひー、かっこいー。 で、しどろもどろで、”えっと、えーーっと、これは、セビージャのSでしょ、それから数字の、えーっと7、違った、6“ とよたよた言い始めると、チッっと口をならし、私からスマホをもぎとって、番号を書き取りました。 この調子で、酔っぱらいながら、調書も軽くスル―したのでした。 

そして、師走の街へ!


_________________________

マドリットで事件に巻き込まれたら、こちらに行きましょう。

05/01/2016
Madrid New Year 2015-16

Comment: 20  Trackback: 0

明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞ宜しくお願いいたします!

wertw.png
Puerta de Solのクリスマスイルミネーション


突然ですが、いつもの弾丸旅行で、マドリットで年明けとなりました。
予定していなかったのですが、パリのテロの影響で、JALのマイレージの席がパリまでとれ、
最終的には、マイレージを現金化して、KLM/Air Franceでチケットをとりました。
(バラバラにチケットをとると、飛行機が遅れると、次のフライトの面倒をみてくれないから)

そして、いままでになく、ネタのない旅行でした。
写真もほとんどありません。 

トピックは、
  • 現地滞在2日、合計5日間の旅行の間に、フライトを2回ミスりました。
  • 行きのフライトが飛行機のメンテのために遅れ、マドリットについたのが夜中。タクシーで移動している間にiPADを、失ってしまった。
  • ”お得意の”、警察署被害届(旅行保険用)は、ワイン休憩をはさんで、軽くクリアー
  • 年明けにパーティーに行くはずが、眠くなり、面倒で寝てしまった(寒いし)。
  • 帰りのパリ発羽田行きのAir Franceに乗り遅れた。
  • 一緒に乗り遅れた女性の同伴で、Air Franceのサロンで6時間、美味しいものを食べまくり、ワインを飲みまくり、シャワーを浴びてさっぱり。
  • 羽田行きのフライトでは、エコノミーから、プレエコにアップグレード。 もうお腹パンパンだったにもかかわらず、機内食も食べた。 ホタテがおいしかった。

というかんじで、わざわざブログに書くようなネタが、ないんです。




16/12/2015
Cats & Dogs

Comment: 20  Trackback: 0

猫に借金の師走なのだ
突然ですが、スマホの画面が割れちゃいました。
そういうのって、他人には起こっても、
自分には起こらないと思っていました。

8月にiPhoneにすべきかどうか迷った挙句、
お安いzenfoneを台湾から買ったものでした。
iPhoneだったら、泣いてたかも。
というものの、夢にまででてきて、目がさめて、
“よかった、夢で”と思ったけど、夢じゃなかった!

予期しない出費。。 どこからも、お金は出てこない。
今年は、MACも死んじゃったし、洗濯機も死んだし。

で、ミャーコの医療費用の銀行口座のお金を使おうかなと
思っています。 ミャーコ、慢性病のため、ペット保険も対応してくれず、
彼女専用の銀行口座をつくり、そこにお金ためてます。
で、ちょっと動物病院へ、というときは、自分のお財布から
出したりするので、減る事もなく、結構なお金持ち。

会社の同僚に、
“猫に、借金するのかあ?”っていわれたけど、
まあ、そうです。

646564.png




14/12/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 8  Trackback: 0

ガイドブックにもなる”風の影”
バルセロナに行ったのが8月でした。 しかし、その後も長いバルセロナ旅行をしていた感じです。
自分の意思とは関係なく、ひょんなことから訪れたサン・ フェリップ・ネリ広場。 その広場のことを検索して、行きついたのが、“風の影”という小説でした。 多くの国で翻訳されたベストセラー小説の作者は、バルセロナ出身のカルロス・ルイス・サフォンです。 このシリーズ(全部で3部作)を読み終えて、やっと旅行が終了した気分です。

この小説は、バルセロナに住んだことがある人、旅行で訪れた人、そしてこれから旅行することを考えている人、にとって、とっておきの旅行ガイドブックにもなります。

日本語版には、地図がついていて、これが素晴らしい。 オリジナルのスペイン語版には、ついていないんです。日本人にとって、通りの名前は覚えにくい。でも、この地図で、おおよそ、どこら辺で何があったかわかるし、Barcelonaを訪れることがあれば、ストーリーをめぐることもできるんです。
1_2015121409192781d.png
(クリックで拡大します)

舞台は、スペイン内戦後のフランコ独裁時代のバルセロナ。ダニエル少年は、本屋を経営する父につれられて、”本の墓場“にいき、一冊の小説と出会います。本の作者の人生と少年ダニエルの成長が、複雑に交差した小説で、ストーリーに吸い込まれていきます。 小説にでてくる、通り、市場、教会、カフェなどは、今なお存在するものなんです。 なので、小説にでてきた通りをあるき、結婚式をあげた教会へ入り、Els Quatre Gats クアトロ・ガッツ(ピカソやガウディの行きつけのカフェ)でお茶を飲む、ということもできます。 

この本は、今回の旅行後に読んだんですが、短い滞在中に、小説にでてくる場所を歩き回っていたことが、判明。 たとえば、クララの家の近くのレアール広場でビールを飲み、ペネロペのお屋敷(架空)のあったティビダボにも行きました。また、ヌリアのアパートの近くのサン・ フェリップ・ネリ広場も訪れました。 そして、なんと、今回滞在した友人宅は、聖ガブリエル学園(実在してるかは不明)の近くでした!

物語では、フランサ駅がよくでてきます。 この駅からパリ行の電車に乗るのです。私は、人生で2度しか行ったことがない駅ですが、本当に営業してるのか、と思うほど静か(つまり人がいない)で美しい駅です。 鉄道での旅が主だった当時は、まったく違った感じだったとおもいます。

“本の墓場”のシリーズは、3部作になっており、“内戦前” “内戦中” ”内戦後のフランコ独占時代“が交差します。このシリーズを読むと、スペイン内戦からフランコ独裁時代までの様子がよくわかります。わたしたちにとって、ヒトラーやムッソリーニの死や、日本の敗戦が、ファシスト勢力の終わりだったように思えます。しかし ファシスト国が承認していたフランコの独裁政治は、なんと1975年まで続きます。 その間、カタルニアやバスク地方では、スペイン語教育が強制され(なので、私の友人の中には、カタルニア語は話せるけど、うまくかけないのよね、スペイン語教育受けたから、という人もいました)、スペイン全土でも、女性 が配偶者の許可なしに銀行口座を開設することが禁止, パスポートも同様でした。 
あsdふぁ

今や、夏になると世界中から人が集まり、お祭り騒ぎが続くBarcelona。 日本に比べると、奔放なビーチ。 しかし、ほんの、ちょっと前まで、こんな時代だったんです。

風の影のストーリーの場所を巡った写真が見れるブログ:

05/12/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 13  Trackback: 0

洗濯用マルセイユ石鹸 巨大タイプ
先日、山手線の代々木駅から、20代の外国人が二人のりこんできました。 カタルニア語をはなしていました。
このSituation大好きなんです。 つまり、話している二人は、横にいる私が彼らの会話を理解しているとは、まさかのまさか、のsituation。 でも、お腹すいたな、っていってるだけで、残念でした。 なんか、もっと、ゴシップ的な話をしてほしい。現実には、残念でもなんでもありませんでした。 というのは、実は、私は、カタルニア語は、そんなにわかるわけではないからです。彼らは、原宿で降りて行きましたが、そのあとには、スペインの洋服屋さんの匂いが残っていました。

突然ですが、洗濯用マルセイユ石鹸(液体)です。
固形のダイズのようなのは、よく売ってるんですけど。 Rikaさんの記事をみて、ためいきついた私です。
マルセイユ石鹸、その歴史をみると、興味深い。 アレッポから製造方法が伝わり、オリーブの産地のマルセイユで
産業化しました。 品質を保つ為、なんとルイ14世が、製造方法についての法律をつくったらしい。 そのうち、オリーブ限定だったのが、製造方法がクリアーされていれば、パームオイルとかもOKとなり、それが洗濯に使われてるようです。
ふつうの石鹸は、界面活性剤が使われており、有用な菌もころしてしまうけど、マルセイユ石鹸だとそれがないらしい。

使っていたのは、どどーんと大きい、洗濯用マルセイユ石鹸(液体)なんです。
あのマルセイユ石鹸特有の、妙に、ねばっとした、自然な匂いが、ズーッとつづくので、買ってきてほしいと
甥に頼まれたほどです。 マドリットで使っていたベットパットをマルセイユ石鹸で洗ったら、
日本に持ってきても、長いあいだ香りが続いたので、良かったそうです。

ブランドは気にせず、スーパーで適当に買っていました。なぜか、みんな同じ。同じ香り。 
こちらはイタリアブランド (ずーっとスペインのブランドだと思っていた)。

2_20151205163536558.png

南町田のカルフールが閉店するときには、棚にのこっていたやつ、すべて買いました。

1_20151205163535be6.png

スペインに旅行したら、ワインよりも洗濯石鹸を優先します。 今回は、大きなスーツケースを
買おうかと、考えちゃいました。しかし、安物のスーツケースほど、大きなゴミはない。

日本で輸入品を買おうとしたら、チョイスがなく(安いのにやたらと重く、送料ばかりかかって
商売にならないと思われる)Briochinというブランド品(なんちゃってじゃないやつね)を買ったら、みょうに香りが違い、わたしとしては、普通のマルセイユ石鹸の匂いのほうがいい。 しかし、それはそれなりによかったです。マルセイユの香りのついたシーツは、気持ち良い。とはいえ、もともとの価格を知っている私には、阿呆らい値段ではあったけど。 

4

マルセイユ石鹸の歴史:http://www.live-science.com/honkan/soap/soaphistory02.html





15/11/2015
others

Comment: 20  Trackback: 0

Parisの同時テロ

昨日、2015年11月14日は、東京方面は朝から雨でした。
目をさまして、ニュースをチェックしたら、
パリのテロの話ばかりでした。 東京時間の朝の時点で、
100人の死亡が確認されていました。

パリ、住んだこともないところですが、
自分が歩いたことのあるところで、起こったことはショッックですね。

もうひと昔前のことになりますが、マドリット在住時に起こった、
マドリット列車爆破テロを思い出しました。 190人もの死亡者をだした
テロは、テロリスト側には大成功でした。これによって、スペインは
イラクから軍隊を引き払ったからです。駐在員のご家族に電話して、
家から出ないでとか言ったことや、友達全員にメールで安否を確認したこと
などを、思い出します。 また、ニュースが世界をめぐるのは早く、会社にいた私が
ニュースを知った5分後に、日本の父が電話してきたことも、思い出しました。

今回は、亡くなった方の多くが若い世代で、なんともやるせない気がします。
犯人が、難民としてヨーロッパに渡ってきたことも、複雑です。
そして、これは、これっきりの事件ではないうことも。

昨日は、友人と渋谷で外食していました。
私が、パリの事件のことを話すと、2人のスリランカ人が、
”パリのことは、大変だとおもうけど、僕たちは、毎日人が殺されるのを
見て育ってきたんだ。残念だけど、あまりショックはうけないよ”と
平然と言われて、言葉が途切れてしましました。

スリランカ、旅行で行くまで、市民戦争のことを知らなかった。
あまり、世の中では気にされていなかった市民戦争。
やっぱ、国にはブランドというものがあり、先進国で、こういうことがあると
ショックなんですね。

今回、大変なことにあわれた方、その家族に、お悔やみを申し上げます。

ご参考;
マドリット列車テロ; https://ja.wikipedia.org/wiki/マドリード列車爆破テロ事件
スリランカ内戦;http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol40/

09/11/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 16  Trackback: 0

観光とは関係のないHORTAオルタ地区
バルセロナに住んだのは、3年間ぐらい。その短いあいだに、引っ越しをしまくりました。あっちこっちにすんだけど、思い入れがあるのが、HORTA地区です。バルセロナの北東に位置するHORTAは、地下鉄5号線(ブルーライン)の東側の端のあたりです。Sagrada Familia駅をすぎ、Hospital Sant Paueをすぎたあたりから始まる地域。町がもっと小さかったころは、避暑地としても使われていました。 昔は、地下鉄がグリーンラインとつながっていなくて、そのときの終着駅がHorta駅で、”街の果て”というイメージがありました。 丘の部分もあり、そういうところには、老人ホームとかもあり、いかにも郊外ってかんじ。 丘というか山を上り詰めた反対側に、Parc Guel等があり別世界ですが、こちらはジミーな住宅地。 観光とはまったく関係ない住宅地です。

He vivido en todas las zonas de Barcelona durante mi estancia de 3 años. Horta es el área que echo mucho de menos. No es un lugar turístico: en realidad no hay nada. Si viajas en la línea azul del metro hacia el noreste, pasando la Sagrada Familia y el Hospital de Sant Pau, se inicia la zona de Horta. Horta se puede dividir en dos: la zona plana y la colina. El otro lado de la colina es otra área de Barcelona, donde se encuentra el Parc Güell.

horta.png
今回は、その地区に住む友人をたずねました。
Una vez me visitó uno de mis amigos que viven en esta zona.

友人宅のミルコ(白)とハルミ(黒)にあいさつして(うちのバカ猫ちゃんたちとくらべると、なんて、おりこうさんだこと) 
夕暮れの中をイビサ広場に向かいます。

Después de saludar a sus preciosos gatos, Milko (blanco) y Harumi (negro), nos dirigimos a la Plaza Ibiza.

2_20151109195306816.png
1_2015110919530467d.png
こういう田舎っぽい感じの場所は、バルセロナでもここまでこないと、ないです。
3_20151109195323c68.png
イビサ広場、午後9時ぐらい。きもちいい夏の夜を楽しむべく、人々がベンチで話していたり、カフェにすわっていたりしました。 カフェは満杯。 ちょっと待たないと座れませんでした。 写真は、修正なしです。本当にこういう色の夜空でした。

Eran más de las 9 de la noche. Muchos vecinos estaban disfrutando del aire fresco que corría por la plaza. Era una típica noche de verano.

4_20151109195444ba7.png

 やっと、すわれたー 今回の旅行の最後の夜。おもいっきりスペインらしいものを食べます。 すべて、お皿にたっぷりで、気持ちいい!
Tuvimos que esperar para sentarnos en la terraza.
Por fin lo conseguimos. Comimos, hablamos, comimos, hablamos y comimos.

 ししとう
6_201511091955014cb.png

 ポテトブラバ
7_20151109195502f24.png

いかリング
5_201511092006479e1.png

イワシの酢づけ
8.png

食べまくり、しゃべりまくり、(ちなみに会話の内容は、介護のはなし)
お勘定をすませると、バルが、突然真っ暗になり閉店です。
De repente , la luz fue apagado en el bar. Éramos el último en la plaza.
もう夜中の1時。 にぎわっていた広場にはだれもいません。 
会話に夢中になっていて、気づかなかった! 
88.png

いやー、たのしい滞在だった!
Fue una noche divertida, fresca y llena de melancolía.

31/10/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 16  Trackback: 0

ベルギー発のEXKi
今回のバルセロナ行き、羽田からパリへの夜行便を使いました。
ぐっすり眠れるし、有効に時間はつかえるし、もう快適
長いあいだ乗ってないうちに、美味しかったエールフランスの食事が、
めちゃ、まずくなったのには、びっくりでした。

シャルドゴール空港には朝の4時ごろ到着。 
いつも通り、次の出発のターミナルにいくのに迷子になったりして、
時間もつぶせてよかった! 
5687.png

ヨーロッパ便に使用されるターミナルでは、早朝からお店が開き始めていました。 
ありがたい! 私は, EXKiでの、一番目のお客さん!

EXKi!!! 私は、ベルギーにいくことがあれば、
3食 EXKiで食べます。
オルガニック(じゃないのもある)フードのファストフードのEXKi,
とにかく美味しいんです(美味しくないものもあります)。  

今回は、朝食として、コーヒーとキヌアサラダ。 キヌア、なんだかよくわからないけど、すごい好き。 
キヌア、雑穀みたいだけど、雑穀じゃなくて、アミノだそうです。中南米の食べ物。 
589.png

旅の最初から、ささやかながら、満足のいく朝食でした!

ふと気がつくと、お客さんがいっぱい入っていました。EXKiお店の雰囲気も、いいところが多いです。
234.png

さて、帰りもシャルドゴールで! 今回は、レンズ豆のサラダにしよっと!
アアア

が、これはキヌアサラダほど、美味しくありませんでした。

同時に、オレンジウオーターなるものも購入、
555_20151031173941eab.png
純輪液、っていうんだねえ。 よくわからない。

exki.png

関連記事 ファーストフードの社会派、ベルギー発のEXKi いよいよ大西洋を渡る!
Webサイト http://www.exki.be
Facebook https://www.facebook.com/EXKiRestaurants/
キヌアの魅力についての記事 http://quinua.jp/

21/10/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 16  Trackback: 0

El Nacional 見学だけにしよう!
カタルニア広場から、Casa Milaに向かうPassagi de Graciaの通りをちょっと入ったところに、
El Nacionalがありました。 夜は光輝いており、お昼は、植物園のようなところです。
フードコートというには、おしゃれすぎるところです。 

セルフサービスではなく、ウエイター・ウエイトレスがサービスする、ハイソなEl Nacional。 しかし、タパスの内容及びサービスは、あまりにも残念で、Overpriceなので、こちらは、見学用と割り切り、ちょっとゆっくりしたいとおもったら、一杯いただくのにとどめておきましょう。 できれば、完璧スルー後に、近くのおいしいタパスやさんで一杯やるのが、おすすめです。 なんたって、ムール貝のおつまみを頼んだら、缶詰をそのままだしてきて、それがめちゃ高いんです。 でもって、オーダーを取るのも遅い、不愛想、お勘定もなかなかこない。スペインのサービスでしょ、っていわれちゃいそうですが、そんなことないですよー。ひとが入って、賑わってるBARは、サービスのテンポもいいし、愛想がいいですよー。

入り口
vestiburo day

鉢植えの置き方にセンスを感じます。
planta.png

入ったところの床のタイルは、なんと木製!
tile.png

内部です。タイプごとに、いくつかのコーナーにわかれています。
day23.png

day2.png

day.png


そして、トイレは、最近現れた男女共用。各個室の前です。手をあらうところは、おしゃれできれい。各個室のドアは、クローゼットのドアのよう。
banyo.png

そして、女優部屋のような、化粧コーナーまである、おしゃれさ。
maquillaje.png

ここができたときは、センセーショナルだったんだろうと想像します。いろいろな記事でとりあげられたんだろうな。
今でも、ほんときらびやかで、光に寄せ付けられる虫のように、吸い込まれますもん。ただ、いつまでなのかなと思います。 すばらしいコンセプトなんです。でも、それで終了なんです。
従業員のトレーニングに力を入れていないのは、確実で、ということは、メンテも適当になるでしょう。次に行ったときは、“あれ”ってかんじになってるかも。 そういうことを思いました。

場所的には、Passage de Graciaの真ん中あたり。Casa Mila ちかく。
観光時のお手洗いにありがたい存在ですので、いつまでも、きれいでいてほしい。

============================================================

■EL NACIONAL
住所:Passeig de Gracia(Paseo de Gracia ), 24 Bis
電話:93-518 5053
定休日: なし 営業時間:12:00(お昼)-3:00(夜中)
http://www.elnacionalbcn.com/

Continue

17/10/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 14  Trackback: 0

バルセロナの薬屋さん
私のドラックストアOTAKUは、マツモトキヨシから始まったのだと思います、たぶん。
スペイン在住時の一時帰国のたのしみは、日本食ではなく、マツモトキヨシでのショッピングでした。
ふと気がつくと、旅行先でドラックストアを素通りできない、重症のドラックストアオタクに変貌をとげました。 いつでも、どこでも、ドラックストア大好き!

さて、スペインのFarmacia(薬局)は、私のようなOTAKUでない一般旅行者の方も、楽しめるんです。 売ってるものは同じでも、特徴のあるFarmaciaがあります。

昔風のレイアウトだったり、
3

外観もステンドグラスを使われてたり
2.png

入り口に、ラベンダーの植木が飾られていたり、
1

5

どの薬局も、清潔感あふれる女性薬剤師が、白衣で応対してくれる。なぜか、みんな手がほっそりしていてきれい。薬学部への願書には、全身写真を貼らなくてはいけないんでしょうか。スペインに住んでいるときは、日曜日に開いているお店がなかったので、日曜日に開店がゆるされていたFarmaciaにいりびたっていました。

FarmaciaやParafarmaciaでしか売られていないコスメといえば、Avene(アベンヌ)、La Roche-Posay(ラ・ロッシュ・ポゼ)、Bioderma(ビオデルマ)といった薬局コスメさんたち。新人も発掘したいところです。最近は、お試しにもできる小さなパッケージものもあり、楽しい限りです。

Caudalie(コーダリー): ブドウポリフェノール入りのブランドで、草の香りがたまりません。写真はボディーシャンプー。 
2

見知らぬブランドのシャンプーを使ってみました。
Apivitaのシャンプーは、普通なのに、非常にナチュラルでさっぱりして、使いごこちがいいです。なんとギリシア製でした。 スペインの薬局コスメはフランス製がほとんどなので、ちょっとおどろきました。
エリュアール

のどが痛かったので、薬剤師さんに相談すると、“ナチュラル抗生物質スプレー”がいいわね“と勧めてくれたのが、プロポリスのどスプレー。 イタリア製。 非常においしくて、ここちよくて、気に入っちゃいました。 もっと買ってくればよかった。
7.png

そして、Casa Miraの前で友人を待っていた時、目の前のFarmaciaに入っちゃいました。こちらの薬剤師さんは、ペルー人でした。 オリジナル商品が多数あります。オリジナル商品ばかりなので、写真撮っちゃダメといわれた。
6.png

ハーブティーがならんでおり、ペルー特有のハーブかと思って買ったのですが、普通のハーブティーでした。ラベンダーとかカモミールをミックスしたような。
f_201510171234528bb.png

足の保湿クリーム。なんだかわからないけど、“うちのオリジナルで、他の地方からわざわざ買いにくる”といわれて買いました。 さらっとした使い心地だけれど、もっと買ってくればよかったとは思いませんでした!
1.png

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Farmacia(ファーマシー): 
薬剤師のいる薬局。処方箋薬もこちらで。薬以外にサプリメントや基礎化粧品、石鹸なんかも売ってます。

Parafarmacia:
薬剤師のいないドラックストア。 薬以外はFarmaciaと同じかんじ。 Farmaciaが、処方箋のいらない薬をネットで売り出すときに
つけられた名称とも。