PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
682位
アクセスランキングを見る>>
14/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 12  Trackback: 0

大好きBangsar Village IとII
”高級じゃない”高級モロッコスパHammanは、Bangasar Village にあります(他にも、郊外の高級住宅地にもあります)。
KL Sentralには、タクシー券売り場があり、Bangasar Villageまでは、16リンギットの固定料金です。タクシーから眺めてると線路沿いに、こういう建物も見えます。
1 

しばらく行くと、高級住宅地も見えてくる。
111_20170513195057d38.png 

BangasarVillage到着。緑豊かな通りが、かわいい。お客さんもハイソで、在住の外国人とみられる方も多くいます。
111 


Bangasar Village には1と2があり、1の方は、庶民的で、ユニクロやスーパーなどがあります。
ここで、子供用品のお店で、箱入りのウサギちゃんの写真を撮っていたら、店員さんが来て、(おしつけられたわけじゃないけど)ぬいぐるみちゃんを買うはめになりました。うさぎちゃんたちは、フランスの製品。
sdkfsgl.png 
ftぐいl 


Bangasar Village 2の方は、ぐっと落ち着いた感じでスペースもあります。常にピアノの生演奏があり、歩いているだけで気持ち良くなる! ピアニストの方は、2日とも盲目の男性でした。写真のカフェは、スタバ。

dfdhg_201705131958179e6.png 



かわいい本屋さんの中にはいると、本の香りがしますよー。
gd.png 


上の階にいくと、SPAやネイルの店が何件か。みんなおしゃれ。
う 

あsdf 

美容院もかわいい

っっっっt 

画廊とか、アンティックの店とか、

st.png 

んdf 

日本でも買えそうなのに、つい買っていきたくなる雑貨屋さんでは、トートバックをかいました。
16546545.png 

122335.png



みなさん、お気づきになられたでしょうか?
ほぼ、すべて外国のものなんです。タイマッサージ、モロッコSPA, 日本風マッサージ、
ヨーロッパブランド、そしてユニクロ。

Where is "made in Malaysia"? (の答えは、のちほど)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
Bangsar Village

FB:
https://www.facebook.com/bangsarvillage/
ショップリスト:
http://www.bangsarvillage.com/index.php/component/bangsarvillage/?view=directory

12/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 4  Trackback: 0

KLの”なんちゃって”モロッコSPA
予約変更に苦労したモロッコスパです。
最初に結論を言います。 
モロッコの高級スパ・ハンマーム(Hammam)は、全くもって”高級”なスパでは、なかった。内装などは、”なんちゃって”感がありました。が、”かわいいところ”ではありました。

2

すごーく狭い更衣室(プールの更衣室みたい)には、小さなロッカーと、壁掛けの鏡とドライアーがあり、っていうか、それだけです。 ティッシューもありませんから、すべて自分で持っていく必要がありますよ。わたしは、ビーチサンダルみたいなのはいていったけど、それがなければ裸足です。

紙製のパンツとブラをつけて、うすっぺらいバスローブをひっかけて出ていくと、
制服をきた従業員の方が、モロッコ風のタイルの浴場に連れて行ってくれます。ハーブサウナでよくある、ベンチも壁も白いタイルになっているところです。 そこで、ライオンの口からでたお湯(笑)を存分にかけてくれます。 そして、体にローション(垢をふやかすため?)をぬって、”10分おくわね”といって、消えて行きました。

ベンチは、壁暖になっていて、心地よく、気持ちいい。

しばらくすると、従業員の方が、バスローブに着替えてもどってきました。
バスローブ、なんか、ちょっと怖い。。。

そして、バンバンのアカスリが始まります。わたしは、手に石鹸の泡をつけて体を洗うタイプなので、
かなりの垢がたまっていることは確実。文字どうり、すごい垢がでます!
ガンガン、アカスリをされ、最後に、ザザっとシャンプーしてもらって、終了。

噴水のロビーに戻り、お茶をいただきます。
暗くて、写真がこんなになってしまいました。
1
ここ、あちこちのサイトに載っているモロッコらしいところですが、写真が暗いだけでなく、本当に暗かった。
なんか、古臭く、このデッキのカーブでは、リラックスはできなし。

そして、中華系の女性があらわれて、今度はオイルマッサージ(普通によかった)をやって、
それで終わりでした。 お値段は7000円から8000円の間。 日本人が数人来ていました。

繰り返しますが、ここは”高級感”からは、遠く離れているところ。 でも、いつか、モロッコにいって、本場のHammanに行ってみたいという、そういう夢を持つことには、なりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関係ないんですが、嵐のアカスリ体験の動画を御覧ください。
”関係ないんですが”、ぜひ見ていただきたい! 上海のアカスリの話は、3分ぐらいから。

https://www.youtube.com/watch?v=1DQIVF_Ho_I

05/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 12  Trackback: 0

HILTON KUALA LUMPURにワクワクのお引越し
 KL Sentral駅(クアラルンプール中央駅)のちょうど反対側にあるヒルトンホテルに、お引越しです。
ヒルトンホテルは、 Aloftより数千円高いだけで、ほぼ同じ価格帯のホテルを比較するのもいいかなと、
1泊ずつ違うところを選びました。

12時にAloftをチェックアウトし、駅を突っ切り、そのまま、ヒルトンに荷物を預けにいきます(ヒルトンのチェックインは15時)。でも、お部屋が用意できていたので、12時にチェックIN!

1 

写真は、KL Sentral 駅内、キャリーバックをズルズル引きずって、お引越ししました。
滞在中、ここを何往復したかわからない。ヒルトン滞在時には、ここを通って、駅反対側のショッピングモール(Aloftホテル直通のモール)に買い出しにいきます(飲み物とか、入浴剤を買いに)。

ヒルトンには、この写真の奥から外にでて、車でごった返す通りをわたり、駐車場から入っていきます。
でも、中に入ると、静かで良い香りのするホテルでした。別世界!

最初に気付いたのは、滞在客のクラスが違うということ。

Aloft → 角刈りの中華系のおじさんが、ステテコのような短パンで歩いていた。
ヒルトン → ビジネスマンが多く、ツーリストのカジュアルなスタイルもなぜかAloftとは違った。英国のアクセントをよく耳ににしました。 特に中国系の女性がスタイリッシュでカッコよく(冷たそうだった)。 わたし自身は、Aloftに戻るべきスタイルだと思いました(湿気で、顔もヘアースタイルもべちゃべちゃ、化粧する気も起きなかった)。

実は、わたしは、このホテルの部屋で、ただ意味もなくリラックスしようと決めていました。清潔なシーツやタオルに囲まれて、ゆったりしたかった。そのために長いフライトは意味ないかもしれないけど(日本のホテルでいいのではないかと)、
なぜか、そうしたかったんです。

そして、部屋に入った途端、そういうことが、可能な部屋だなとおもいました。

今流行りの、開放型Bath からは、窓を開けたまま、お風呂に入れます。22階であるうえに、周りに建物がないから。

5654646.png  
Bath tabからの眺め


7 
奥がシャワーコーナー


2 
Bath Tabの横の鏡のところが、充実のワードロープ。 ここに、しばらく住めると思いました。
奥のドアがトイレ(ウオシュレットあり)


sdfgs_20170505210932685.png 
ワードロープの棚部分。 お風呂側から使える棚と、外から使える棚がありました。使い勝手が非常にようございました。


5 
クラッシックな感じをのこす洗面台


6 
洗面台の下には、カゴがあり、使い終わったタオルを入れたりするのに便利でした。ここが、非常に気に入ったポイント。どうも、わたしは、”カゴ”に弱いらしいです。



3 

12312
眺め

1 
真下はプール

ああ、お引越ししてよかった! 

*****************
ヒルトンホテルKLのチェックアウトは、
12時 規定のチェックアウト
14時 無料でレイトチェックアウト
18時 宿泊料の50%に諸経費(税金など)が加算されます。
(あくまでも私の場合。宿泊カテゴリーによって違うと思います)

何も言わないと、12時に放り出されますので、ぜひご確認を!

04/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 8  Trackback: 0

Aloft Kuala Lumpur Sentral (マレーシアではCentralはSentralで、CoffeeはKafeらしい)
こんにちは! 超特急でクアラルンプールに行ってきました。
まるで、ビジネストリップのような速さ。

マレーシアといえば、イポー(クアラルンプールから車で2時間)のアーユルベーダクリニックに滞在した帰りに、3時間ほどクアラルンプールに滞在したことがありました。空港に荷物をあずけて、電車で2駅ほど乗って巨大ショッピングモールに行っただけなんですが、だだぴろく、非常につまらなかった。 そして、電車が混んでいて、電車の窓がすごく汚かったのを覚えています。

で、なぜ今回クアラルンプールかといえば、ただ単純にGWに無料航空券の予約がはいったのが、クアラルンプールだけだったから。そして、なんかの拍子に、ホテル料金が周辺東南アジアと比べても、安いことに気付いたのです。

今回は、2泊のうちの
1泊目をブティックホテル であるAloft(台湾で系列ホテルのプールの横のバーにいったら、すごくスタイリッシュで感じよかたから)
2泊目をヒルトンホテル(ヒルトンの割には安かったから)としました。両方ともKL Sentral (クアラルプールセントラル駅)に直結しています。この駅には、空港からノンストップのEXPRESSでくることができます。

Aloftは、駅構内から直結しています(NU Sentralというショッピングモール経由)。

実は、わたし、この手のブティックホテル(アメリカとかにもありますよね)、あまりセンスを感じない。
部屋は、だだーと広かったけど、おシャレだとは思わなかったです。(暗かっただけじゃなくて、写真もへた)

4

555_20170504221754ff0.png

ベットルームよりも、水周りスペースのほうが洗礼されていたかも(シャワーのみです)。
6

よくあることなんですが、ノンブランドのアメニティの石鹸やクリームが、
非常によい香りだったりします。そして、このボディーローションが、まさかの
”うっとりする石鹸系の香り”でした。 残念、もうこのホテルに泊まることはないから(爆)
44444_20170519220502a7c.png


到着日にここに泊まったのは、夜の到着で、そのまま、夜景を見ながら泳ぎたかったのです。
1

このプール、おシャレだと思うでしょう。。。
でも、現実は、子供たちが、ワクワクした顔でエレベーターから
続々降りてきていて、プールがクローズする11時前になっても、さらに
わっちゃ、わっちゃでした。

実際におよぐと、べつに子供が多いわけでなく、
背泳ぎをすると、月も見えて、やしの木(?)も目に入り、
うるさい音楽さえなければ、気持ち良かった(ほんと、うるさかった)。

朝になると、こんなかんじ。
本日チェックインするヒルトンホテルがみえます!

2

3

このホテル、スタイリッシュな所を目指しているのだとおもうけど、宿泊者までは、プロデュースできないわけで、
なんか、角刈りで、短パン、つっかけ、のおじさんが多かった(みなさん、感じはよかったですけど)。

お部屋内には、追加料金が発生するようなもの(飲み物とか)はなく、
チェックアウトは、フロントに寄らなくても、お部屋から”チェックアウトします”と
電話するだけでOKという、省サービスもやっています。

PCコーナーには、MACが並んでいたのが、ちょっとおしゃれに感じたかも。
印刷もスムーズで、出発前に疲れ果てていて、なにも調べずに来たわたしは、
こちらで、地図などを印刷しました。



24/04/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 14  Trackback: 0

なんか、久々の 、あの感覚
GWにちょこっと、本当にちょこっとクアラルンプールへ、
(なぜなら、特典航空券がとれたし、GWのヨーロッパはまだ寒いから)

そのちょこっとの、ほぼすべてをアーユルベーダおよびSPAで
埋めようかと。

参考にさせていただいたのは、こちらのサイト(お世話になりまーす!)
http://tellme-malaysia.com/help/698

いくつか予約を入れる”努力”をしてみました。

アーユルベーダは2箇所あって、まず、格安の診療所(SPAではなくクリニック)にトライしました。
FBからメッセージをだしてました。
そしたら、10秒後に返事!

いいい

WatsAppのアカウントを連絡すると、数分後には、”2日は、先生がいないから、3日だったらだいじょうぶですよ。 体のどこが調子わるいんです?”とメッセージがきて、さらさらと予約がとれちゃいました。

そして、高級アーユルベーダサロン(お値段4倍)の方は、WEBサイトにいくと、コメントをいれて先方からの返事を待つシステム。なぜか、マレーシアとかインドネシアにありがちなんですが(っていうか、わたしの経験上は)、そのまま返事はこなかった。。。 なんか、ここ、数年前にもメッセージおくって、無言だったかも。このHPの緑おぼえてる。。 営業してないのか、システムがうごいていないのか。。

というわけで、モロッコの高級スパ・ハンマーム(Hammam)の予約をいれることに。
こちらも、webサイトのコンタクトというところから、予約リクエストを入れる方式。
返事はこないだろうとおもいっていたら、来ましたよん。でも、2箇所あるサロンのうち、遠いところだったので、
キャンセルしようとしたら、絶対にできないようになっている。
予約は自動で、メールに返答しても、人間には届かない、例のあれです。

予約画面から、
キャンセルをクリックすると、”キャンセルポリシー”という文字があらわれ、
それをクリックすることもできない。

予約画面では、
どうやってもキャンセルするところがない。

コンファームというところがあって、
それをクリックして、予約が確定するようだけど
(定かじゃない。というのは、メールには、”予約できました”って来たから)
幸いなことに、クレジットカード情報は出していない。
だから、ほっておいても、いいのか、わるいのか。
メールアドレスは絶対に表示されてなくて(日本でもそういうのある)、
FBからメッセージおくっても、しーーん。

電話番号は表示されていました。

違う国だったけど、この”電話”というコミュニケーションで大変な思いをした
ことをおもいだしました。それは、ジャカルタからバリ島にガルーダインドネシアの
ネットサイトで予約して、予約ははいったけど、入ってない感じ(便名と名前は表示されてるけど、
e-thicketが発行されない)。ジャカルタに電話しても、ちんぷんかんぷんで、
最後には、東京のガルーダインドネシアに泣きついたら、日本人のスタッフが、
”実は、私たちも同じなんです。問題が発生して、インドネシアに電話しても、
ちんぷんかんぷんなことしか答えてくれないんですう”と言われてしまいました。
(昔の話はこちら: http://pikipikiculcul.blog129.fc2.com/blog-entry-563.html

という、すごい昔のことをおもいだしちゃいました。

でも、とりあえず、電話かけたら、
キャンセルはできました(普通に)
そして、5秒後には、メールでキャンセルの通知がきました。

なんや、、問題ないやん。。