PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
557位
アクセスランキングを見る>>
24/01/2011
Cats & Dogs

Comment: 4  Trackback: 0

猫とべったり
猫24匹と同居と言うブログがあり、そこで興味ぶかい記事をみつけた。 ミヤというその猫は、保護された時に、風邪で目が開かないような状態で、多分、全盲の猫のホーマーと同じような感染症で、片目摘出ということになったのだと思う。 ブログ作者のbibiさんは、ミヤが自力でミルクを飲めるようになっても、事務所につれていき、仕事中も家でも寝るときも一緒という状態がずーと続いたようだ。写真をみると片目のミヤは本当にかわいい。 

一匹の猫でも、幸せになるのをみると、こちらも幸せになる。bibiさんは、たくさんの猫を保護しているが、こういう状態で保護された猫が、すべて助かるわけではないと述べられている。また、経済的にも余裕がないとできないと思う。 本当に、頭の下がる思いである。


うちのミャーコは、神戸に住む甥が拾ってきた猫。野良時代の過酷な状態で慢性鼻炎になったまま治らない。 もう、ウイルスが神経に入り込んでしまっているのだそうだ。蓄膿症の手術(頭に穴を開ける大変なものだった)が成功したものの、鼻の内部が閉塞してしまっている。口が常に開いているし(猫は犬とちがって口で息しない)、常にズルズル音を立てている(鈴は必要ない)。 

できる事は、空気を乾燥させないこと(家はもう湿度80%)、免疫をさげないこと。免疫をあげるために色々サプリメントをためしているし、ストレスが敵だということで、同居猫のニャンニャンに攻撃されないように、常にどちらかを閉じこめている。 私がいるときは、常に同じ部屋にいるようにしている。寝るときは、一緒に寝室に連れて行く・・・っていうか、寝るときに部屋を移動するときも、寝室がわかっていて、ちょこちょこ先に歩いていく。

...そういう状態で1年経ち、ふと、気がつくと、私は常にミャーコと一緒なのである。  いわゆる、”べったり” ってやつ。



RIMG0099_convert_20110124164156.jpg  RIMG0095_convert_20110124164133.jpg

これは、私じゃないです。 甥です。 なんか、好きなんだ、この写真。ごく普通の日常生活って感じで。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

No title
こんにちは。
ミャーコちゃんの、のほほんとした寝顔たまらく癒されます。おとなしそうな猫ちゃんですね~
また見に来ます!
Re: No title
コメントありがとうございます。 ミャア先生みたいに、かわいく動物の写真がとれればいいと思うのですが。
こんにちは、Yahoo blogのbibiです。
トラックバックしていただいたのを、先日、気がつきました。
お礼が遅くなりました。
ミャーコちゃんは元気そうで嬉しく思います。
bibiんちも慢性鼻炎がいます。
現在は漢方薬でなんとか過ごしています。(^^;
体質に合うと凄く聞くのですが、これだけは専門家でないので難しいのだけど。
2匹いるうちのニャウニャウという男の子には良く効きました。
慢性鼻炎で鼻が効かないのか食欲も少なく、一番小さい子です。
でも、元気に過ごしてくれています。

ミャーコちゃんも元気でいてね。
ありがとう。
Re: タイトルなし
bibiさん、メッセージありがとうございます。
ミャーコは、鼻炎よりも目の炎症のほうが、ひどくなってきましたが、
それでも、暖かくなってきたのでしょうか、
鼻炎は薬なしでやっていける状態です。
東京に住んでいるので、
猫をおいて留守にできず、週末旅行まで、
猫を連れていっている状態です。
牛乳や水を探している毎日で、
猫の鼻炎ことに神経がいかず、
その間によくなってきていたので、
あまり神経質にならないほうが
いいのかもしれません。

Leave a Comment