PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4019位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
762位
アクセスランキングを見る>>
16/02/2017
Cats & Dogs

 

さよなら、グランベリーモール! 犬難民を救おう!(1)
うちから徒歩圏内にあったグランベリーモールが、地域再開発のためにクローズしました。 こういっちゃ何だけど、Outletとしては、ちいさくて、ちゃちい感じでした。それでも、私たちにとっては、“100%歩行者天国のちいさな町”って感じで、開放感があり、居心地よかったのです。

雪の日のグランベリーモール
111_20170216194544fc7.png

天気がいい日は、カフェで空を見上げられる!
f_20170217205605878.png


モール内の”道路”は、通勤・通学路としても使われており、安全で楽しい通り道だったと思われます(現在は閉鎖)。この歩行者天国は、ペットとそのオーナーたちにとって、”他に類をみない“スペースとなっていきました。いまやペットOKのホテルやカフェはあふれているけれど、グランベリーモールは、”日常生活で、ペットと時間を共有できる“、”ペットを持っている人を通じて、ネットワークが広がる“というように、ペットと共存できるスペースとして、生活のなかに浸透していったようです。

たぶん、始まりは、Jokerというペットショップ。 私は、ガラスに動物をいれて見せる生体販売には反対なのですが、グランベリーモールにおけるJokerの功績は大きいとおもうのです。 まず、ここを中心に犬を連れた人たちが、集まり始めました。
11111_20170216215208ad5.png

そして、Jokerのとなりのスタバのテラスは、ペットを連れた人が、毎朝通勤していたり、週末を過ごしていたりする、お決まりの場所でした。毎朝通勤してくる人たちは、決まっており、お互いに犬の餌を配りあっていました。

2222.png

犬だけでなく、ネコちゃんもきていました。
fsfgs.png


また、ペットパラダイスという、ペット用の乳母車とか売っていたお店もあり、このお店の前にも、突然、犬と人間が団子状態に集まることもありました。
1_201702161954273cd.png

333

グランベリーモールを活動地としているペットとそのオーナーさんたちの特徴は: 比較的裕福(犬の着ている服の質が高い)、モラルが高い(犬のウンチが転がっているのをみたことがないー犬が他のお客さんの迷惑になってるのを見たことがない)、犬が家族の中心的役割をはたしている、という感じ。
2_201702161957442a2.png

222_20170216203239b5e.png

333.png

555_20170216203243f60.png

1

8



4

1



3





我が家でも、地方在住のラッキーが来たときには、寒いときでも、ラッキーと食事をするためにWired Cafeのテラスで食事をしました。犬一匹のために、家族8人が、外のストーブに張り付いて食事をしました! そういうのが、グランベリーモールの標準でした!
s_20170217205054dcf.png

sf.png

dsd.png

ぁst



過去に紹介したブログ記事======================

関連記事
スポンサーサイト