PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
557位
アクセスランキングを見る>>
20/01/2011
Cats & Dogs

Comment: 2  Trackback: 0

ローズマリーは猫に毒か
RIMG0058_convert_20110120182020.jpg


ちょっと前までは、”ペットのためのアロマセラピー”という本さえあったのに、ほとんどの(たぶん)エッセンシャルオイルが猫にとって有毒ということが発表され、死に至ることさえもあるという恐ろしい事実がわかった。 私は、猫と二人暮らしだったときに、アロマセラピーにはまり、猫にとって一番危険なオレンジ、ユーカリ、ティツリーなどを使いまくり、本当に申し訳ないことをしたと思うのだ。 そして今では、どれか危険でどれが安全であるとチェックするのも面倒で、家で精油を使う事が一切なくなった。 

ところで、私が信頼をおくキャットフード、 サイエンスダイエットのカリカリにはローズマリー抽出物が、酸化防止剤として含まれている。 いいのだろうか? 

なので、ローズマリーが猫にとって安全であるのかどうか調べてみた。

ヤフー知恵蔵英語版では、論争が行われていた: ローズマリーは猫に毒か?

ここでは、意見は二つ
1.Rosemary Peaは毒であるが、Rosemaryは大丈夫 
2.毒性は低いが、大量に摂取すると毒である。

他にも、色々みていくと、猫に毒なのは、Rosemary Peaで、ローズマリーは猫に安全な植物のリストに入れられている場合もある。 私を混乱させた意見は、”ワイルドローズマリーは、非常に毒性がたかく、Rosemary Peaも毒である。コモンローズマリーは毒性はないが、胃腸障害をおこすことがある。”  ワイルドローズマリーってなに? 普通のローズマリーって? それに胃腸障害をおこすってことは、毒性があるんじゃないの? 

インターネットって、色々な人が書き込めるから、すごく混乱する。一体なにがただしいのか。 とはいえ、おおむねの意見は、ローズマリーは毒性がない(もしくは低い)が、Rosemary Peaは毒である。

ここで、Rosemary Peaがローズマリーなのか、Rosemary Peaの日本語訳はなにか、を調べる必要があった。


ネットで猫に有害な植物のリストをさがすと、"ローズマリーエンドウ豆”がでてくる。 ただし、”猫に有害な植物リスト”でのみでてくるわけで、Rosemary Peaの直訳をしている可能性が高く(つまり、誤訳)、日本名は不明。


Wikiには英語の情報があった。 学術名は、Abrus precatoriusで、インドネシア等に生息するらしい。 写真を見ると、ローズマリーとは全く違う形をしている。


Abrus Precatoriusの一般名や日本語名を調べてみた。これは、マメ科の植物なので、明らかにローズマリーとは違う植物であるようだ。
[和名]  トウアズキ
[英名] Black-Eye Susan, Indian Licorice, Rossry Pea

220px-Abrus_precatorius_pods.jpg


というわけで結論は、ローズマリーは猫に毒じゃない(多分)。 Rosemary Peaは毒だが、これは全く別の植物





関連記事
スポンサーサイト

Comments

非常に参考になりました!
はじめまして。通りがかりの者です。
詳しい情報、ありがとうございます。
非常に参考になり、助かりましたm(_ _)m
Re: 非常に参考になりました!
v-25すずさん、

はじめまして、コメントございます。
今年は、終了しましたが、来年はぜひ、
お越し下さい。 人は多いけれど、うるさくなくて、
よかったです。

Leave a Comment