PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
533位
アクセスランキングを見る>>
24/10/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 12  Trackback: 0

グリーンのアイルランド機 Aer Lingus
ヨーロッパのJAL発着空港以外の場所に飛ぶ場合、
JALの無料特典航空券はおすすめできません(弾丸旅行の場合)。
時間に余裕があれば、ロンドンやパリに特典航空券で飛んで、
次の日に、ヨーロッパ便でお好きなところに飛べるので、問題ないわけです。

でも、時間が限られていて、同日に乗り換えで最終目的地に行こうと考えたら、
結構、ドキドキです。前の飛行機に何かおこり、乗り換え便に乗れなくても、
航空会社は、責任を持ってくれないからです。 それだけでなく、ヨーロッパ便になると、
LCCでなくても、チェックインの荷物への制限が厳しく。Air Franceとかでは、
チェックイン荷物の有無で、料金が変わってきたりします。 
お金の問題だけでなく、飛行機の乗り継ぎがある場合は、リスクを避けるために、
荷物を預けないで旅行する必要があります。(そして、ワインも薬局コスメも買うことができず、
石鹸とキャンドルをしこたま買うことになります)。

そういう理由で、わたしは、ヨーロッパにいくときは、
目的地までの航空券を取るようにしています。

が、今回は、プレエコでのパリ行きがとれたので、
なんか、のっちゃいました。 

今回は、パリからダブリンまでAer Lingus!! アイルランドのナショナルフラッグです!
この飛行機にのるのは、2度目。 1度目は出張でした。 細かいことは忘れたけど、
マドリットからロンドンに英国航空でいき、Aer Lingusに乗り換えてシャノンまで
いったのですが、アイルランド機に乗り換えた途端、英語のアクセントが分からなくなったのを
覚えています。

自分で予約をするのは初めて。ナショナルフラッグのわりには、限りなくLCCに近いイメージです。
最初に表示された金額に、バンバン上乗せしてくるヤツです。許せん!

ロゴ
(ちなみに、グリーンのロゴは好き)

まず、”絶対に席にすわらなくてはならない、にもかかわらず”、ベーシックな席でも、
料金が加算されます。ベーシックな席を無料として、待遇のいい席の差額を表示すればいいのに(Air FranceやKLMみたいに)、そうではないようです。
せき

チェックインの荷物は、”お決まり”の有料。
ちなみに、持ち込み荷物の数にも制限がありましたが、LCCライアンのように、厳しくはなかったです。
(だれも、チェックしてなかった)。いつも考えるのですが、じゃ、40kgのアジア女性と、90kgのおっさんの航空料金がおなじって、どういうことよ。40kgディスカウントっていうのは、ないんですかね。(同じく、アメリカで売られているソフトドリンクの量を25%にして、料金も25%にしてほしい)。
にもつ

SMSに予約確認を送ってもらうのは、1ユーロ
(ネット販売なので、さすがにe-mailには無料)
SMS.png

ラウンジは、25ユーロ。 どんなところなんでしょうか? 飛行機のなかでは、スナックが有料だから、
内容によっては、ここで食べていくのはいいのかもしれません。

今回は、ダブリンからパリに飛んだ後、3時間の乗り換えで, JAL羽田いきでした。
普通席を予約してたのですが、”遅れがあったら、一番先に出たい!”と思い、空港で、
一番前の席に変えてもらいました。 ”差額はいくらですか”っていったら、
”そんなのいらないよ”っていって、そんな感じでした。







関連記事
スポンサーサイト

Comments

飛行機の予約手続きって理不尽なことが多いですね。
見かけは安いけど、荷物預けや席の確保・・・と気づいたら結構かかってる。
けどチェックは甘くて、席を変えても差額までは気にしない。
コンピュータで管理しているくせにダブルブッキングがあるのも意味が分からないし。
隣の人がどんな人かによって環境もだいぶ変わってきます。
損する人と得する人が絶対出てくるんですよね。
それに飛行機って、トランジットの待ち時間が短い時は遅れるのに、
トランジットが長くて時間を持て余すときには早く着くことが多いのですが、あれは何でしょう?
飛行機の不満を言い出したら切りがないですけれど、お世話になっているのも確かですね。。
v-77 ぽけさん、

預け入れ荷物の課金には、おどろかなくなりました。 EasyJetとか、ライアンエアーとかのヨーロッパLCCは、持ち込み手荷物にも厳しく、ハンドバックもいれて、ひとりひとつ。入り口にゲージがあり、それを通らない荷物は持ち込めない。ゲージに入れる前に、ハンドバックなんかをキャリーバックにいれて、はかります。 それにくらべると、今回はゆるかったです。
ダブルブッキングは、稼働率を100%にちかづけるため、キャンセル分をみこしているのですが、現在は、席を確保して予約するので、どうなんでしょう? どちらにしても、いそいでなければ、ダブルブッキングはアップグレードなどもあり、おたのしみかも。(ちなみに、ホテルとかでは、うるさくいう客は、そのままホテルに残しておくそうです。主張が大事)。
飛行機は遅れると、無制限なので、乗り換え3時間でもドキドキでした。 今回は、プレエコで、ラウンジを使いたかったので、遅れがなくてよかったです。
ぴきさんへ

こんばんは!

エアリガスはLCCのような運賃体系ですよね!
座席指定も有料。預け入れに荷物も有料。それに空港使用料。
また燃油サーチャージも入れれば、結構の取られるのでしょうね!

確かに、JALやANAを利用してヨーロッパの他の都市にトランジェットすると高くつくようですね!
ヨーロッパのキャリアを使った方が、ストップオーバーもできていいのでしょうか?

エアリガスは、ワンワールドを脱退していたということは、JALとの乗り換えには、荷物をピックアップしなければならないのでしょうか?

duck4は、LCCとLCCの乗り換えはしたことがありませんが、リスキーですよね!v-519v-521
v-22 duck4 さん、

石油チャージはかからなかったみたいです。 石油が値上がりしたら、かけるんでしょうか。
座席指定料が有料というのは、”じゃあ、座らないよ”って言いたくなります(笑)。

JALやANAもヨーロッパ線は、コードシェアをつかって、各地まで通しで航空券は
買えるとおもいますが、マイレージですと、ヨーロッパ線が全く取れない状況でした。

ヨーロッパでは、ロストバゲージが多いので、
お金と関係なく、荷物は預けません。 みなさん、そうなので、
キャビンで荷物を入れる場所が取り合いになります。
価格競争自体が怖い
飛行機のばあい、安全面もあるので価格競争自体やめてほしい。各会社は、預け入れ荷物を多くする会社とか、席の広い会社とか、食べ物のよい会社とか、そういう付加価値だけで競争してほしいですう。
v-77Bきゅうさん、

Bきゅうさんのコメントを受けて、
常々、チェックしたいことを検索してみました。
航空料金と安全性は正比例するのか。。ですが、 なんかよくわかりませんでした。
2015年の航空会社別安全ランキングでは、JALは44位でしたが、これは、御嶽山の飛行機事故が影響しているらしく、現在の安全性はよくわかりませんでした。
なんか、LCCって事故を起こさないみたいな感じがしますが、それは飛んでいる絶対数がすくないかもで、結果としてわかりませんでした。
Aer Liguesですが、価格がどうの、というよりかは、予約の面倒くささ、不愉快さ、が目立ちました。
一般シートまで有料?
何か頼むたびに有料というシステムはおっさんにとっては予約するのがむずかしいか、とんでもなく高くついてしまうかも?
何だか、入り口では1,000円ポッキリと言われて、
店内に入ったら、色々な名目でボッたくられる飲み屋さん
みたいなノリですねぇ。
(事前に追加料金を明示してるとはいえ...)

LCCの同日乗継は、避けたいところですよね~
以前パリで、JALのドゴール空港とeasyjetのオルリー空港の
同日乗継をしたことがありましたが、冷や汗モノでした~
v-22 親父さん

親父さん居住区域では、Air Asiaでよく体験しました。
安い! とおもって、購入を進んでいくと、最終的には普通の値段になっていたり。
結婚式みたい(じゃあ、これもお願いしまーす、という感じで、最終的にはすごい金額になる)。

今回のチケットは、すごーく高くはならなかったものの、
これじゃ、Air Franceで飛びたいな(でも、適切な時間がなくて残念)、
みたいな感じになりました。

v-22キュウ親さん

その後、眼の方は落ち着かれましたか?  

たしかに、飲み屋のぼったくりに近いですね(笑)
ヨーロッパでのLCCとにかく、避けたいものですね。
巷でさわがれるような、破格でのれたことないし、
チェックインの荷物にお金を払うのは、いいとして、
それを事前に予約しないと、倍ぐらいの料金が課金されるのが、
精神的にいやでした。 ワインも買えないし。。。 とにかく、最終地点で日本行きに
のるまで、お買い物ができないんです。 空港によっては、搭乗口付近がショッピングモールみたいに楽しいところがありますが、古いCDGは、ブランドショップばかりで、エアポートラウンジで飲んだくれるしかないし(笑)。  

パリに限らず、LCC発着空港が、ちがうところにあるのも多くて、それを直前に気づいたりして。。 

こんにちは。
私も普段はLCCはのらないんですが、TV番組を見たりすると結構すごい経営ですよね。
客集めに料金を低く設定していても、預ける荷物などの追加料金を払うと正規エアラインのほうが安かったと言う例も多いようです。
おまけにLCCは遠い空港だったりするし・・・

払い戻しや苦情の対応は最悪と言ううわさ。

しかし、近年長距離のLCCもいろいろあるようで・・・
機内食も有料だと言っていました。

荷物もなく、自分でお弁当でももって行けば安く済むんでしょうけどね・・・
v-77 Rikaさん、

Aer Liguesは、LCCじゃないんですが(笑)、その雰囲気満杯でした!
エールフランスでもフライトをさがしたのですが、時間的にちょうどいいのが無かったです。
価格は、同じぐらい。 LCCは、ヨーロッパで2回 (La Rocchelには、LCCしか飛んでいなかったんです)、荷物のサイズおよび重量検査を前に、ストレスたまりまくりました。 
そして、おっしゃるとおり、価格が安いわけではないんです、表に出している価格が安いだけで、クレジットカードの手数料をお客さんに払わせる等して、最終価格が普通のエコノミーのような価格になります。
でも、ヨーロッパ国内便は、土曜日をはさまないと、20万円とかあり、出張では使ったりするので、そういうのに比べると300ユーロだと安いですね、たしかに。

払い戻し! Air Asiaでキャンセルしたら、最後まで払い戻ししてくれませんでした。 シンガポールのオフイスにこないとダメとか言われて。 


Leave a Comment