PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PR


猫ちゃんのパワーバンク!↓

ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
413位
アクセスランキングを見る>>
15/02/2015
New Year Bangkok 2015

Comment: 22  Trackback: 0

バンコクの年明け!
なぜ、私たちは、バンコクで年越しすることになったかですが、
結論的には、安くて、飛行機がとれたところ、なのです。
最初は、シンガポールにいこうってことになりました。 
で、シンガポールに駐在している友人(ベネズエラ人の夫婦)に大晦日は
どうだったか、って聞いたんです。 おすすめできない、ってことでした。
去年、花火を見に行って、すごい人で大変だったと(このことを、この記事の
最後に思い出してほしい)。

年越しは、ノボテルホテルの年末パーティーに参加することになりました。
夜景をみながらのディナーをしてから、プールサイドパーティーで
花火とともにカウントダウンというものです。

スカイトレインの駅を降りると、すごい人で、地上に降りる事も不可能に思えるほどでした。
人であふれてるのに、屋台もちゃかり営業していて、ほとんど死にそうになりながらホテルに
ついたら、違うノボテルでした。 親切な女性が、タクシーはやめて、歩いた方がいいわよ、と
道を教えてくれましたが、そこからも、人、人、人。 バンコクって、建物のライトアップがすごいのに、
地上に明かりがないので、昔の近未来映画みたい。

パーティー会場のホテルに到着した時には、もうボロボロ。 
なのに、遅くついた私たちの席は、トイレの横、しかも、ちゃんとしたテーブルでもありませんでした。 
げっそり。 
食べ終わったら、タクシー飛ばして、スカイバー、アンバー(昨日、道にまよって行けなかったところ)に行こうってことになり、瞬間、H美ちゃんの目が光りました。
私の目も光ってたはず。
11時にでれば、年越し前には楽勝!

しかし、外はこんな感じ。
ちぇ

明らかに、まずい状態でした。
とりあえず、プールサイドパーティーをのぞき(30秒ぐらいしかいなかった)、
即出発!

プールサイドパーティー会場
6

5

こちらは、他の参加者によるプールサイドからの花火の写真(私たちは見ていない)
4

ホテルの人に、遠くにみえるインターコンチネンタルを目指して歩けと、教えられましたが、
無理だとおもいました。 
でも、実際は、その予想を遥かに上回る大変さでした。
私たちの歩いた道のりは、⬇のとおり。(クリックで地図が拡大します)
1

”ありえへん”と思いました、時速1mぐらいでしか、歩けません。
圧死もあるえるな、とマジにおもいました。
やっとこさ、スカイトレインの駅にむかうスカイウオーク(スカイトレインの下をあるく立体歩道)まで、のぼりつきました。大変だった。 ここまでくると、普通に歩けます。 

お寺では、スピーカーでお経を流しています。スピーカーでお経というのは、迫力ある!
H美ちゃんも、拝んでいます。私は、拝まない。 私は、拝まない性格なの。
fghj.png

ふと時計をみると、年明け5分前。 ああ、だめだった。 

年が開け、花火が昇り始めましたが、帰宅する人であふれる前に電車にのりたい。
花火なんかどうでもいい。
で、切符を買う列に並んでいるときに、すごい数の人が、走りながら改札をとおりすぎ、
ホームに向かって、かけ昇って行きました。
電車が込む前に帰ろう賭する人たちでした。負けた。完敗。 

とはいえ、私たちも電車にのることができ、そのままホテルに帰って寝ました。
どちらも、ルーフトップバーに行くとは言いませんでした。 
ホテルのお布団にはいれたことが、なによりも幸せでした。
ルーフトップバーなんかより、清潔なシーツのほうが幸せでした。

次の日の朝早く、チェックアウトのまえに、1階にいき、
その帰りエレベーターを待っていたときの話。 
隣に、TOKIOの誰かに似た男性がいて、話しかけてきました、”朝帰りですか?”と。 
どうも、私が外から帰ってきたばかりだと思ったらしいです。 
彼自身、今まで飲んでいた、と言った口からは、ぶふぁ〜とアルコールのにおいが。 

その時、横からバタバタ音がしたので、振り向くと、
イタリア人男性がふたりエレベーターの中で転がっていて、ひとりの赤い靴が、
エレベーターの外に飛んでいました。
TOKIOのおにいさんと私は、エレベータで沈没しているイタリア人を無視する感じで、
エレベーターにのりこみました。

TOKIOのおにいさんは、”僕の飛行機は1時間後”だと言い、
”えええー”と言っている私をおいて、普通に降りて行きました。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

こんにちは

大変なカウントダウンでしたね。
タイはタイ正月、旧正月の方が盛り上がるイメージがあったのですが、とんでもない誤解だったようですね。
その混雑では歩いて正解かもしれません。
タクシーも乗るまでが大変そうです(乗車拒否orメーターなし)。

ノボテル、ピンクカオマンガイのお店の近くですね。
食べたくなってきちゃいました。
v-22 とりっちいさん、

もう、私の頭のなかでは、花火系カウントダウン要注意
という言葉ができあがっています。シンガポールの新年も
同じようだったのではないかと、想像します。
花火がみえるホテルに泊まるというのが、正しいけど、
その時間、ホテルは刑務所になります(外に出られません)

ピンクカオマンガイ。。 ピンクOKAMA街と読み間違えてしまいました。

こんにちわ

まさに「狂想曲」な年明けだったんですねー。
年越しのどんちゃん騒ぎはどこの国も一緒なんでしょうか…
結局、自宅でまったり紅白⇒年越しが一番のんびりできるのかも(^_^;)

TOKIO似のおにいさん、ツワモノですね!(笑)
v-77M@lauaealoha さん

実は、このパーティーに出発前に
まったり紅白歌合戦を見ていたんですが、
”このまま、ホテルでまったりしていたいわー”って思っていたんです。
日本にいたら、ガキの使いをみるんだけど、
NHKしかやってませんでしたー(笑)

バンコクに遊びにくるひとの
大多数が、夜の飲み歩きを楽しみにくるんじゃないかと
思いました。

こんにちは。
すごいカウントダウンでしたね。
こういう状況って本当圧死とかありえそう・・・
おお怖い。

私は年のせいか、こういう人ごみが苦手で年明けは自宅です。涙
テレビで見る華やかな花火のカウントダウン、経験してみたいと思うんですが、体力がないです。
ぴきさんへ

こんばんは!

バンコクの年明けは賑やかそうですね!
お寺のスピーカーからお経が流れてきたりと仏教国タイの風物詩なんでしょうかね!

日本だと除夜の鐘が鳴り、
静かですが..!

花火が上がるのは、万国共通なんでしょうかね!?v-519v-521
カウントダウンには行ったことがありません(除:知り合い宅)
タイはうん十年前に行ったきりですが、カウントダウンって深夜だから、ホテル内のレストランに行くのかと思っていました〜。

それにしても、すごい人ごみだったんですね。服とか臭くなりませんでしたか。Bきゅう犬には無理。
色々と面白い記事でした♪

時系列に説明のある地図とか、説明付きの写真・・・臨場感があって良いですね〜^ ^

拝見していて、これぞアジアの混乱!?って思いました。
だけど、いつもテレビで見るニューヨークのカウントダウンなんかもパリのも混み合っているっぽいから、これは万国共通の現象なのかしら?

だけど、ディナーはお高かったのに残念でしたね(^^;;
うわあああ
スカイトレインの乗り換え駅があるあの辺かぁ。
私もサイアムからチットロムまで遊歩道歩きましたけど、
大晦日だとこんな「街中通勤ラッシュ」状態になるの?たまげた。

インターコンチネンタルの通りはさんだ向こうにエラワン廟があって
タイ舞踊のねえちゃんたちを見た。けっこう人が多いなぁと思ったけど
大晦日のコレに比べたら過疎地みたいなのどかさだった・・・
Re: タイトルなし
v-77> リカさん
> すごいカウントダウンでしたね。
> こういう状況って本当圧死とかありえそう・・・
> おお怖い。

帰国して、中国で、すごい数の学生が圧死したニュースをみて、
ああいう状態だったんだなと思いました。

> 私は年のせいか、こういう人ごみが苦手で年明けは自宅です。涙

私は、若い頃から、人ごみを避けていました。
初日の出とか絶対行かなかったし。 こんかいも、人ごみをさけて
パーティーに参加するつもりが。。。
Re: タイトルなし
v-521> ダックさん、
>
> こんばんは!
>
> バンコクの年明けは賑やかそうですね!
> お寺のスピーカーからお経が流れてきたりと仏教国タイの風物詩なんでしょうかね!

スピーカーからのお経は、何とも言えない迫力でした。
本当に、外国に来たんだなと思いました。
>
> 日本だと除夜の鐘が鳴り、
> 静かですが..!

でも、今年は、渋谷の交差点で人が暴れだし、
大変だったみたいですよ。 新年の大騒ぎは、世界共通になりつつ
ありますね。
>
> 花火が上がるのは、万国共通なんでしょうかね!?

そんな感じがします。
Re: カウントダウンには行ったことがありません(除:知り合い宅)
v-77Bキュうさん

タイはうん十年前に行ったきりですが、カウントダウンって深夜だから、ホテル内のレストランに行くのかと思っていました〜。

今回は、私がメンバーになっている国際交流団体のバンコクが開催しているパーティーを選びました。
だけど、はっきりいって、ホテル内のパーティーでよかった。もしくは、最初に間違えて行ったノボテルのパーティーのほうが、楽しそうではありました。

Re: タイトルなし
v-77 EkaterinaYoghurt さん♪

連コメありがとうございます。

> 拝見していて、これぞアジアの混乱!?って思いました。
> だけど、いつもテレビで見るニューヨークのカウントダウンなんかもパリのも混み合っているっぽいから、これは万国共通の現象なのかしら?

思うに、もう、どこの国でもってかんじがします。話を聞くとシンガポールも
そんな感じだし。

> だけど、ディナーはお高かったのに残念でしたね(^^;;
全く持って。。。

Re: うわあああ
v-22> イ課長

スカイトレインの乗り換え駅があるあの辺かぁ。
> 私もサイアムからチットロムまで遊歩道歩きましたけど、

当日、チットロム駅は閉鎖されていたと思います。
私たちは、チットロム駅のちかくからスカイウオークに登ったんですが、
SIAMまであるかなくてはいけませんでした。

> 大晦日だとこんな「街中通勤ラッシュ」状態になるの?たまげた。

通勤ラッシュは圧死しないけど、こちらは、マジありだな、と思いました。

エラワンってなにかなって、検索したら、
あの有名な場所だったんですね。近くまでいたのに、
残念です。 

年明け早々、こんな大変な目にあったら、
ここで悪運は使い果たしたということで、
2015年は良い一年になるのではないでしょうか~♪

それにしても、世界中どこでも、
カウントダウンで人が集まるところには、
行くのは要注意ですね!!

自分は大晦日...紅白とガキ使、
交互に見ていました~(笑)。
v-20キュウ親さん、

そうなんです、そのカウントダウンをさけた
つもりが。。 土地勘がなかったので、パーディー会場が
そのど真ん中とはきづきませんでした。
でも、花火をみるパーティーだから、当たり前でした
今となっては。。

ガキの使い、You Tubeで、みないと!
なかなかエキサイティングなカウントダウンですね!
これも、忘れられない旅の思い出ですね(笑)

TOKIOに似たお兄さんが、どんな方だったか見てみたかったです。
僕はその歩行者天国になったセントラルワールド前の通りで
カウントダウンまで1時間ぐらい立ちっぱなしでいましたね~(苦笑)
もう半分意地で立ってましたけど(笑)

花火が上がりだすと今度は人の大移動・・・
確かにあの状況は危険ですね~・・・
良く事故が起こらないものです。

chempakaでした!
バンコクも、カウントダウンの人がいっぱいですね!
たぶん私なら、外へ出るのをあきらめてしまいます・・・。
本当に、ぴきさんもお友達の方も、つぶされなくてよかったです~。

TOKIO似のお兄さん
1時間後の便でも慌てないって、すごいです~。
たとえ国内線だとしても、ディレイしてなければキケンな香りが・・・。
v-77ピー助 さん

こういう状態を避けるべく、何か月も前から計画たててたのに。。。とほほ

TOKIOのおにいさん、ちょっとかっこよかったですよ。
飛行機に乗れたんでしょうか?
私たちが、すやすや寝ているあいだに、何がおこっていたんだろうと
かんがえます。
v-20Chempakaさん

チャンパカさんが経験していたとは!

私は、この手の人混みを徹底的に避けるんです。
よく、TVとかで外国の広場や大通りが、人て埋め尽くされるのを
見るのですが(お祭りだったり、政治的デモだったり)、
そういうのをみると、あの真ん中にいて、トイレに行きたくなったら、
どうするんだろう、と思うんです。

バンコクのカウントダウンのトイレは、トイレバスが、何台も
スカイウオークの下に泊まっていました。
そうか、時代は特設トイレじゃなくて、バスに代わってるんですね、
と納得しました。
v-77はむこたん

こういっちゃなんだけど、TOKIOのおにいさんは、イケメンでした。
だけど、どういう生活を送ってる人なんだろうと、考えちゃいました。
私たちも、その後すぐ出発したので、同じぐらいの時間に
空港に着いたと思うのですが、彼の飛行機より2時間遅い飛行機でした。

Leave a Comment