PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
587位
アクセスランキングを見る>>
05/06/2014
others

Comment: 6  Trackback: 0

うーん、と考える事
わたしのスペイン人の友人のANAは、フリーライターです。

今は、スペイン人と離婚して、子供を日本に連れ去る日本人の問題について
書いているので、わたしに情報を求めてきました。

最近、よく聞きますね。 ハーグ条約に加盟していない日本に、子供をつれさると、
連絡をとれなくなり、外国人の父親は子供とあえなくなってしまう問題。 そもそも、日本には、離婚した夫婦に共同親権がなく、親権のない親が子供にあう権利を定めた法律とかないらしい。どうして、いままで、やってきたか不思議だけれど。
  • アメリカ人の父親が日本にきて、子供を取り返そうとして、連れ去り日本の警察に逮捕されたニュースや、
  • 島田紳介の番組で、自分の父親(アフリカ系アメリカ人)を探し求めていったら、おとうさんの方も、彼女をさがしていたけど、子供の母親(死亡)が行方をくらまして、音信不通になってしまっていた。 子供は、大人になると、自分の親を探しに出ますね。
  • それから、アメリカで離婚したけど、子供をつれて帰国しないように、パスポートを没収された日本人女性の話をTVとかで見てました。 
  • あと、日本人の母親が逮捕されて、子供を取り返した父親(アメリカ人)は、すべてが解消したみたいに語っているけど、子供がそだって、ハワイの刑務所に母親が入ってる事を知った時に、父親に対してどう思うんでしょう。
このアメリカの行動のためか、日本もハーグ条約に加盟、ただ、最近の事みたいで、現在はどういう状態がわからないです。 これらの離婚夫婦のなかには、DVであるケースもあり、また、DVねつ造して、子供と父親をあわせない悪質なケースもあるそう。

アナの最初のメールは、子供を連れ去る母親は犯罪者、その犯罪者をかくまう日本は悪者、という見地。日本人のわたしとしては、問題はもっと複雑なんじゃないかと思うのに。彼女は、日本を悪にしたてない私に、いらついている感じ。DVなんか、ありえないわよ、といいきっています。わたしは、ムカ。マスコミ的には、とにかく、ターゲットをバッシングしないといけないものらしいです。 多分、この話は、お互いにしなくなると思います。 

個人関係にも、国の問題がはいると複雑。 夫婦だったりすると、大変なんだろうな。 たとえば、わたしは、中国人や韓国人の同僚となかよくやってますが、それは、日本とこれらの国の問題が存在しないかのように、ふるまってるから。 


関連記事
スポンサーサイト

Comments

こんにちは。
国際結婚後の離婚の際の子供の親権問題は日本に限らずよく聞きますよね。
でも日本の場合、国際結婚でなくても親権を取れなかった父親が子供とほとんど合えない場合が多いとかいろいろな問題がありますよね。
仮に国際結婚後の離婚がスムーズに行って子供が両親の間を行き来できるように協議した場合でも、2国がかなり離れていると子供を行き来させるのは結構大変ですよね~。
やはり両者間の歩み寄りがないとうまくいきませんね。
これはぴきさんのおっしゃるように国同士の関係にも言えることですよね。
Re: タイトルなし
v-22リかさん、

そういえば、どこかの書き込みで、日本に子供をつれてきたけど、
スペインに会いにこさせろ、(養育費もはらってないのに)渡航費は半分だせよ、とか言われると愚痴ってました。 郷ひろみも、子供にあわせてもらえなくて(もしくは、子供が自分の意思であわなくて)、離婚後、自分の子供にあったのは、元義理父のお葬式だったらしいです。 やっぱそういうのは、おかしいかなと思います。

今回、どんなに仲がよくても、相手の国の批判はやめようと、思いました。 昔、フランスの核実験について、フランス人に迷惑なことと言ったら、すごい剣幕で、私たちは悪くないと言ったので、びっくりしました。 自分が何か言って、何かが解消するのなら話は別ですが、そうでなければ、言わない方がいいとか、おもっちゃいました。


勝手に連れ去るのは、連れ去られた方からしたら、たまったもんじゃないけど
当事者でないと分からないことがあると思いますし
夫婦どちらにも、また子供にだって言い分があるでしょうから。
・・・話では聞いたことありますが、私も、うーんと考えさせられます。
v-34 はむこたん、

古いアメリカ映画で、両親が子供の取り合いをして、
週末ごとに、面会のために、家を移動して、離婚した両親のけんかにまきこまれた
ちいさな子供が親を離縁するというのがありました。 その時は、ありえないとおもいましたが、今じゃそれもあり得ると思います。

あと、日本人と結婚した中国人女性が、最初に子供を中国に置いてきてから、日本にもどって夫を殺そうとしたというも、ありますう。 これは、ちょっとちがうけど。
ひねりは必要なのでは?
記事書くなら、すでに一般的に言われている結論でなくて、何か掘り下げたところがほしいと思うのですが、そーゆー点はいらないのかなー。

ともあれ、難しい問題ですが、、、、Bきゅう、どんな法律でもその国の法律には従うべきだと思う。その国の国民にしたら、「イヤなら来なければ」となるわけですから、その点はしかたないと思う。文化的要素の違いのある法律などは、日本大使館がもっと積極的に在住日本人に伝えるべきだろうなと思います。そういう苦言みたいのは、結婚するときには、目に入らないかもしれないけど。
v-22Bきゅうさん

どうなんでしょう。 彼女は、普通、グルメとかツーリズムとか、問題にならない記事を書いているのだと思います。子供用に、日本のトイレ事情をかいた記事とかは、面白かったです。 もしかしたら、依頼者が気に入る記事(一方的でも)じゃないといけないのかもしれません。 日本大使館のHPを見る限り、法律について説明をしています。 多分、アメリカがこの件に関して、強行な手段にでてからの事だとおもいます。 ともあれ、やはりむずかしいです、おっしゃるように。 結婚する時には、全く持って考えてないと思います。これからは、婚前契約がもっと普及するかも。 子供がかわいそうですね。

Leave a Comment