PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
770位
アクセスランキングを見る>>
15/07/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 14  Trackback: 0

ちょっと一杯! Una Copa!
AnaとLucy(マドリットに住むイギリス人)と軽く一杯。

aaaaa_convert_20130715211308.jpg


いまや、若者層の失業率が50%という驚きのスペインですが、
土曜日の夜のBARは満杯で、中に入る事もできません。まだ人生を楽しんでいるようです。 この地域は、こんな感じだけど、労働者の町にいくと、お店も閉められていて、酷い状況だそうです。

Salimos con Ana y Lucy. Me sorprendí un poco porque todos sitios están llenas (era sábado por la noche). No entiendo… España esta sufriendo por alto paro de un 50% (de los jóvenes) … Según Ana, el barrio que salimos no se ve mucha cambio pero si vamos a algún zona de trabajadores .. muchas tiendas y bares están cerradas.

aaaaaaa_convert_20130715211339.jpg

一軒目は、2年前にも行ったところ
Fuimos a este sitio hace dos años.

aaaaaaaaa_convert_20130715211404.jpg

aaaa_convert_20130715211253.jpg


二軒目は、私たちが最初のお客でしたが、帰る頃には満杯。
ガルシア風タコは、日本のスペインレストランにはない美味しさ。 どこが違うんでしょう。あと、日本のレストランだと、ちっちゃーなお皿にちょこんとだされますが、こちらは、豪快です! 

Nos sentamos en un restaurante y picamos pulpo a la Galicia. Muy bueno. Estoy muy feliz.
aaa_convert_20130715211239.jpg


Pimiento de Padrónは、ガリシア地方のペーパーで、辛くないんですが、ロシアンルーレットみたいで、ほんの時たま、すごい辛いのにあたります。味付けは、塩のみ。 
aaaaaaaa_convert_20130715211353.jpg


すごい量で、満足! 

明日は、帰国です! さっさと帰ります。 家についたら、AnaのボーイフレンドのIssacはまだ帰っていませんでした。(こどものIvanはおばあちゃん宅泊)。 土曜日の夜は、みなさん朝帰りです。

Tengo que madurgar mañana para coger el avión hacia Tokio. Nos vamos a casa. Adiós Lucy. En casa de Ana, Isaac (su novio) todavía no ha llegado. Iván esta en casa de su abuera. Era sábado por la noche.


こちらで、2日間の予定終了です!Adios!

aaaaaa_convert_20130715211322.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments

スペイン失業率50%なんですか!
それは大変。
他国ながら心配です。

このスペイン版しし唐、私も好きです。
日本のしし唐の天ぷらとかも好きなんですが、
私は辛いのに当たる確率が高いので、
いつも食べる時はどきどきします。


スペインのバルはいいですよね
それに盛りだくさんでうれしいです
しし唐は日本でも辛いのにあたるとびっくりしますが、スペインではまだないです
用心しないとですね~(笑)
バル対決ぢゃ
先月くらいに、スペイン料理を食べましたが、、、仕事でだったので、味がわからんかったですう。バル行きたいですう。でも、日本から行ったら、時差の関係で、夜はとても眠いでしょうね。ふふふ、米国から欧州なら夜はだいじょーぶっす。
バル巡りのハシゴ酒、楽しそうですね~♪
ガルシア風のタコ、すごく柔らかくておいしかった記憶が...。
画像のように大盛りを、ビールやカヴァと一緒に
もりもり食べたいです(笑)!!

日本で失業率50%だったら...、
お店があいてても、こんな風に盛り上がらないかも~
ガルシア風タコ、とってもおいしそうです~!
それに、ボリュームがめちゃめちゃうれしいです~!!
本当、日本はちょこっとしか盛ってくれないので
こういうところを、もっと真似してほしいです。

こんにちは。
今年の夏はスペインに行かないのですが、バルの写真を観たらなんだか行きたくなってきました~。
スペインの若者の失業率50%ってすごいですね・・・
優秀な若者は皆さんドイツに行かれるという話を聞きます。
そんな状態が続いたら余計経済が破綻しそうですね・・・
せめて観光業でがんばって欲しいです。
Re: タイトルなし
ぽけさん、

スペイン失業率50%なんですか!
> それは大変。
> 他国ながら心配です

>

スペインの若い世代の失業率が40−50%なんだと思います。
大卒は、ドイツ語を勉強して、ドイツで就職をしているようで、
ブレインの流出も気になります。
他国ながら心配してもらっても、本国のひとは、
楽しくバケーションしています!

辛いししとうって、あるの知りませんでした。

Re: タイトルなし
Yottittiさん、

出発はいつでしょうか?
豪快なバル楽しんでくださいね。
もう、何度もいかれてるので、
こつはつかめてますよね!
私は、スペインでもししとうの辛いのに会ったった事ないような
気がします。



Re: バル対決ぢゃ
Bきゅうさん、

仕事だと、あまり食事を楽しめないですよね。
時差ぼけですが、実は、”お得なこと”しかなかったんです。
2日とも、朝はちゃんと起きなくてはいけなかったんですが、
時差ぼけで、6時には目が覚めて楽チンでした。
夜は、人と会っていたので、興奮して、すごく眠くなる事はなかったんです。

ところで、Bきゅうさんって、ワシントンの近くにお住まいなんですか?
Re: タイトルなし
キュウ親さん

スペインのバル文化、
まさしく、キュウ親さん向けだと思いますよ。
朝まで、バルのはしごなので、
飲めるだけ飲めます!
私は、いつも、午前3時ぐらいになると、
”お家に帰らせてー”と思っていたんですが。

Re: タイトルなし
はむこたん

ガルシア風タコ、本当に美味しかったです。
日本人は、すごい試行錯誤で、がんばって美味しいものをつくりますが、
スペインのは、素朴で、ぼそっとしていて、豪快です。
日本は、なにもかも少ないですよねー。
ちょっと食べたい時には、良いですけど。



Re: タイトルなし
rikaさん

優秀な若者は皆さんドイツに行かれるという話を聞きます。
> そんな状態が続いたら余計経済が破綻しそうですね・・・
> せめて観光業でがんばって欲しいです。


ドイツの話、TVのドキュメンタリーでみました。
ドイツには、スペインからだけじゃなく、イタリアやギリシアからも
集まってきていると思います。

観光業も、NY、ロンドン、パリみたいに、”お金かかっても、どうしても行きたい場所”
ならいいのですが、
ビーチだったら、もっと安くて、サービスのいいところにいっちゃうんじゃないですか?
rikaさんファミリーが、カリブに行くように。 私自身、スペインのビーチだったら、
クロアチアとかに行きたい気もします。

若者の失業率が50%!!これは驚愕的な数字ですね!
日本もどんどん仕事が海外に流れ、特殊な技能をもった者しか
生き残れなくなってきました。。。

先日もバンコクに行ってきたのですが、何軒もある巨大な
ショッピングモールが平日でも人でいっぱいなんです!
みんな、お金を使いたがっている!活気を感じます!

ところで、ブータンでお香の販売契約を結んだのは残念ながら?僕では
ありません~~~。でも、凄い行動力です!尊敬します!

chempakaでした!
Champakaさん

スペインの失業率、どうなんでしょうね。 働いていながら、税金対策で失業状態にしてるひともいるかもしれない(ギリシアはそれでこけましたね)。 でも、大卒者の仕事がないのは、本当のようです。私の友人の年代30代-40代で、失業状態の人はいませんけど。 若い人が希望を持てないのは、非常に問題だと思います。 昔のスペインは、労働者階級が移民となって、フランスやドイツにいっていましたが、今は、大卒なんですね。

アジア、すごい勢いだとおもいます。 日本の求人広告でも、日本で採用、外国で働くのが多いですが、中国、インド、タイ、マレーシア、インドネシア。。。いっぱいしごとあります。 アジアとブラジルの時代なのかもしれません。

Leave a Comment