PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
557位
アクセスランキングを見る>>
30/05/2013
スペイン銀行ネタ OPEN BANK

Comment: 12  Trackback: 0

最後の最後まで(っていうか最後であってほしい)
Traducción viene dispues de japonés.

今までのまとめ:
私は、2006年に帰国する時に、スペインの銀行口座にかなりのお金を残してきました(年利6%だったから)。

2011年にEURO危機が始まり、同時に円高にもなり、銀行口座を清算したいけれど、どうやっていいか途方にくれました。 → その時の記事はこちら

とりあえず、夏の旅行をかねてスペインにいこうと思い、同時にクレジットカードを日本の住所に届けてもらうべく、大騒ぎ。結局、スペインに行く前にクレジットカードは届かず、マドリットについたら、カードがスペインの住所に届いていました。→ その時の記事は、こちらこちらこちら

また、その旅行から帰国したら、日本の住所にも同じ銀行の違うタイプのクレジットカードが届いていました。

2012年: そのうちの一枚のカードが不正使用されて、1600ユーロが口座から惹かれていた。 以後、途方もない努力ののち、無事にお金は変換されました。  → その時の記事はこちら 

2013年: いろいろな手続きをする上で必要な、オペレーションコードというのが、必要になり、郵送でコードを送ってもらうのに、またまた、大騒ぎ。 日本に送ってというと、”おくるわ”といい、次に電話すると、”どこに送れば良いの?”と聞かれ、3度目に電話すると”セキュリティー上登録の住所(スペインしかおくれないのよね)ということで、2週間後にスペインに行くから、スペインの住所に送ってと依頼。 スペインについても、届いていないので、聞くと、”それは、日本に送ったのよ” (で、本当に日本に届きました)。 → その時の記事はこちら

でも、そのときには残金は500ユーロとなっていたので、いいや、そのぐらいだったら、お金を引き出せる。 ゴール5メートル前ってかんじ? ブログにも、“これが最後のレポート”と豪語。

しかしながら、まだ事件は続いていたのでした。

2013年5月: 突然スペイン行き決定。 スペインで500ユーロ全部おろそうと、スペインへ向かう。 EURO圏に入った時(ヘルシンキね)に、ATMでお金をおろそうとすると。。。残高不足。 ????  次の日の朝、銀行に電話すると、残高は14ユーロ。 詳細を見ると、Compra S Onllineという項目で、800ユーロ近くが落とされている。 銀行に電話をかけたら、“えー、なんかかったんじゃないのー?”とノー天気な対応。 

前回、警察に被害届けを出す事ができなくて苦労した私は、スペインに滞在する間に、警察にいこうと思いました。 バルセロナで友人の両親につきあってもらって、警察に行ったら、“過去6ヶ月の明細書が必要”といわれ、出直しとなりました。 その後、友人宅には、どこにもプリンターがなく、またお店でプリントする元気も、気力もなく(だって、滞在2日間の旅だった)、帰国。

そして本日、2013年5月30日、去年同様、スペイン大使館で、書類を作成してもらいました。しかし、そんな書類を送る前に、なんと、お金が戻っていました。 オペレーターに、“大使館で作った書類あるけど、送らなくていいの?”といったら、“いらないわ”と言われました。 

今回は、カードの不正使用ではないと思います。というのは、私のカードは、ネットなどで使用不可にしてあったからです。 だから、銀行のミス? 理由を聞きたかっけど、 オペレーターの女の子が、すごくバカっぽかったので、もうやめました。 

何かあるうちに800ユーロ、使いたい!でも、クレジットカードはもう作らないから、使うの大変! あせります。

Tengo una cuenta de un banco en España. Actualmente vivo en Japón y esto siempre da lugar a problemas.

Cuando necesito que me envíen algo por correo normal: como la tarjeta de crédito, los códigos... no podéis imaginar la complicación que supone.

Por ejemplo, si necesito un código operativo por correo certificado, al tener que ir a recogerlo a la oficina de Correos con mi carnet de identidad, nadie lo puede hacer por mi en mi lugar y así que no me lo pueden enviar a la dirección de España y tengo que pedir que me lo manden a mi dirección en Tokyo. Sin embargo, estos códigos nunca me han llegado.

Y aquí inician las llamadas al banco: "Todavía no se lo hemos enviado. Pero se lo enviaremos, dígame la dirección".

En la tercera llamada me dijeron que "por cuestión de seguridad, solamente se puede enviar a la dirección registrada en España Asi que les dije: "bien, envíenmelo a la dirección de Madrid. Yo estaré allí dentro de dos semanas"

Pero cuando llegué a Madrid, no había llegado el código. Llamé al banco: "eso lo hemos enviado a su domicilio de Japón". Y esta vez sí que me ha llegado de verdad.

En 2012 hubo usos no autorizados de tarjeta de total 1600 euros. Y ahora, he tenido un fraude muy similar pero distinto (porque ya mi tarjeta no se puede utilizar por internet, etc.). Me enteré de esto cuando llegue a Madrid. O sea, cuando intenté sacar el dinero en el cajero, en mi cuenta solo quedaban unos 14 euros nada mas.

Llamé a banco para reclamar, me dijo que tengo que denunciar en la comisaría y, a mi llegada a Barcelona, me acompañaron los padres de un amigo mío. Me dijeron que necesitaba los datos de las transacciones de la tarjeta de los últimos 6 meses. Peor, como fui a Barcelona de pasada, en un viaja muy corto, no pude volver a comisaría con estos datos para no perder más tiempo.

Hoy, he estado en la Embajada de España para declarar haber sido víctima de bla bla bla... Pero antes de enviar la carta de queja al banco, me habían devuelto el dinero. Quería preguntar precisamente qué ha pasado (porque no creo que sean transacciones fraudulentas a tarjeta de crédito). ¡Pero da igual!

Quiero gastar todo dinero de esta cuenta lo más pronto que posible. Pero no voy a pedir de nuevo una tarjeta de crédito .. difícil de gastar.
関連記事
スポンサーサイト

Comments

気が付いたら、あるはずのお金がないとなるとびっくりします
スペイン滞在中は、わけがわからず、振り回されてたのですね
お疲れ様でした

カード決済は番号だけで落とされるケースもあるし、中国からのハッキングもありそうだし、怖い世の中ですね
間違って落としてしまったのかしら?
早く気が付いてよかったですね
訪れたのは何かの知らせだったのかしら
800ユーロの使い道~、またヨーロッパに行くしかないですね~!
Yottittiさん、

そうでした、Yottittiさんは、”その道”の方なのでした! 
今思うと、去年問題が会ったカードはクレジットカードなんです。 でも、今回のカードはデビットカードなので、私の口座からは、直接落とされていても、相手側の支払いは何ヶ月かごなのかもしれません。 なので、今回は、支払いをストップできたのかも。

どちらにしろ、会社内のコミュニケーションの悪さ、システムの悪さ(できないのよ、と言った事が、担当者が変わるとできたり)を見るだけで、うまくシステムが回っていないことが理解できます。

ヨーロッパねー。Yottittiさん夫婦に着いていきます!

>siempre 「da」 lugar

ひょっとして、ぴきさん仏語もできはります??

事態が複雑化しはったようで、ちんぷんかんぷんになってしまいましたが、
せっかくのスペイン滞在がバタバタで終わってしまったようで残念でしたね。
円安始まったところだし、
800ユーロだったら、
そのままにしておいて、
ユーロ圏に行かはったときにちょこちょこ使っていくのがベターですかねぇ。

>DELE

(笑)(笑)(笑)

よく覚えていてくれはりましたねぇ(笑)
詳しく書くと長くなるので、省きますが
結論を言うと、僕が踏み倒しました(笑)
Mayitaはちょうど先日受けてましたよ。

この話知っている人間からは、「逃げた」「卑怯者」「弱虫」とさんざんです。
だって、僕に勝ち目がないのに15000円払うなんて嫌だモン♪
ただ、その代償がスペイン語圏への旅行。
かえって高くついちゃった(TT)
こんにちは。
本当、ネット上の買い物、便利だけどリスクもありますよね~。
私もたまにネット上で買い物をするんですが、先日ネット上でカードを不正使用されたのにはびっくりでした。
「まさか、私のカードが??」って感じでした。
新しいものに作り直して、とりあえず一件落着ではありますが、リスクは今後もあるわけで・・・

ぴきさん、スペイン旅行お疲れ様でした~。
カサ・バトリョ、行かれました?
Rikaさん

そうなんですが、例えば日本のクレジットカードもハックされているです(中国人がやるらしい)。 でも、その日のうちに、カード会社から本人に電話確認がきて、水際でシャットアウトしているケースが多いんです。 ヨーロッパでは、ナイジェリア人がやっているそうです。

バルセロナ、すごいスピードで通り過ぎてきました。 バリレポがあと一つのこっていて、その後、スペインへ移ります!

Re: タイトルなし
ほぷほぷさん、

それが、その後も大変なことになっているですよ。。。。(銀行のこと)。
月曜日には、すべて使い切る予定です。もう、ドキドキ。 2年前に、ホプホプさんの助言をきいて、その時点で、口座を空にしておけばよかったと思います。
スペイン、よく今まで持ったなとおもいます。

DELEですが、私もホプホプさんタイプです。 っていうか、年取ってから、何時間も試験会場に座って、神経を集中させる気力も体力もないんです。 それも、15000円は高い。 

ぴよくまさんも、スペイン語圏に行くんですねー。 負けて楽しいって感じじゃないでしょうか?

クレカ怖い
スペインの口座、すごいですねえ。
口座閉じても、ゾンビが出そうですう。

でも、思うけど、物事がスムーズに運ぶのって、けっこう日本だけなような気がします。
アメリカでも、ノープロブレムでない『ノープロブレム』が頻出。
のーぷろぶれむってのは、『わしにとっては問題ぢゃない』という意味なんでしょうね。
せっかくスペインに行ったのに、お金が戻ってきたのが日本に帰ってからなんて。。
又放置しておくと、又不正利用?ミス?されてしまいそう。
使いきる機会が早くめぐってくるといいですね。
私も帰国の際は気をつけなければ。
スペイン銀行ネタ、あいかわらず凄いですね~

カード決済もちょっと怖くなってきます。

残り800EUR?、使い切れると良いですね~。
Re: クレカ怖い
Bきゅうさん、

スペインに10年以上住んでいたけれど、ここまですごい経験はないです。
あっても、多分、すぐに銀行に行けるので、どうにかなっていたんだと思います。

でも、思うけど、物事がスムーズに運ぶのって、けっこう日本だけなような気がします。
確かに。 
インドネシアの航空会社は、問題が発生すると、”物事がスムーズ”以前に、ちんぷんかんぷんですし。
でも、ドイツとかに住んだ事ないから、ドイツはどうだろうとか思います。

のーぷろぶれむってのは、『わしにとっては問題ぢゃない』という意味なんでしょうね。

私は、スペイン語圏で、”No hay problema" という言葉を聞いたとたんに、反射的に、”ああ、問題が発生する”と思ってしまいます。 とにかく、無責任言葉ですよね。 日本人の、”遊びにきてください”みたいな。


Re: タイトルなし
ポケさん、

最後の500ユーロが不正に落とされたのが、
旅行前日でしたので、旅行期間をはさんで、ちょうど1週間お金が
なくなっていた計算になります。

しかしながら、今回旅行にいかなければ、発見が遅れていた可能性もあり、
しかも、今回の件で、以前に小額で落とされてた不正使用もみつかり、
総額800ユーロになりました。

つまり、よかった点もあるのです。

Re: タイトルなし
とりっちいさん、
>
> カード決済もちょっと怖くなってきます。

本当にそうだと思います。 でも、日本のクレジットカードも、不正使用されているのだけれど、
かなりの早さで、クレジットカード会社が突き止めていると思います。
落ち目と言われている日本ですが、私は、まだまだできるぞと思うのです。


> 残り800EUR?、使い切れると良いですね~。


すでに500ユーロまで使っています。 のこりは月曜日には使い切りたい!

Leave a Comment