PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4095位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
770位
アクセスランキングを見る>>
07/09/2011
Other trips

Comment: 17  Trackback: 0

Barcelona モンセラット 
はるか昔の話です。 Barcelonaで学生をしていたときの話・・・ うつろ覚えなのですが。
Esto paso cuando yo era esudiante en Barcelona. O sea, hace muuuuuuucho tiempo.

ある夏、ほんの短いあいだですが、アストリア出身のEDUARDOというボーイフレンドがいました。
おおよそ、日本人とお付き合いするカルチャーを持ち合わせていない人で、時間の管理とか、そいうものが噛み合いませんでした。 私は、日曜日とか有効利用しようと思うのに、彼は行動をとり始めたら、もう夕方みたいな、そんなかんじでした。

Ese verano estuve saliendo con un chico de Asturia, duerante poco tiempo. El era un chico quien no tenia ningun clutura para salir con una japonesa ... No tenia el sentido de tiempo. Por ejemplo. yo intento tener un domingo de calidad (o sea, no perder tiempo para disfurtar domingo) mientras el, cuando empesaba mover ya eran noche.

で、ある日曜日、突然モンセラットに行こうと言い出し、私はルンルンでしたが、なかなか動かないで、出発したのは午後の4時ぐらい。 夏とはいえ。

Un domingo, el me dijo que vayamos a Montserat. Yo, "!que bien!" pero cuando marchamos de Barcelonaya eran las 4 de la tarde.

その頃は、一切写真を撮らない生活をしていたので、写真はありませんが、今となってはとても残念です。 こちらの写真は、Barcelonaの大学生からお借りしたもの。
 
モンセラットは、Barcelonaの近郊にある、不思議なのこぎり山で、そこにある修道院が有名です。
Entonces no tomaba los fotos, esto me da pena ahora porque los paisajes de Montserrat eran maravillosos.
Estos fotos son de un estudiante en Barcelona.

268675_10150223254508797_581248796_7311440_592882_n_convert_20110923182253.jpg


263985_10150223256528797_581248796_7311515_4164718_n_convert_20110923182140.jpg





私たちが到着したときには、修道院から聖歌隊のコーラスが聞こえてきて、
さあ、中に入ろうとすると、中にははいらないで、
”さあ、行こうか” と言われ、
”え???”

Cuando lleguemos a Montserrat escuchamos el coro. Yo fui a entrar al monesterio  Pero Edu me dijo, ?vamos?  


その時まで、私はハイキングコースがあることも知らず、
ハイキングすることになっていたということも知らず、
のこぎり山に頂上なるものがあることも知らず(小さなのこぎりみたいな岩があるだけで、一体頂上ってどこ?)
?que?
Hasta entocnes,no sabia que existiera rutas para excursión ni el superior de la montaña ... solo veía rocas de forma extrañas.

でも、ふと気がついたら歩いていました。 しかも、時間は午後5時。
ちょっと歩くだけかとおもったら、
最終的には頂上までいくらしい。
冗談でしょと、思い続けながら、
頂上(と思われるところに)ついたときには、日が暮れ始め、
そこには、廃虚がありました。 

De todas formas, caminamos. Ya eran las 5 de la tarde.

Cuando lleguemos al superior, ya estuve oscleciendo. Alli habia un ruina. Se vi la luna muy grande y amarillo. El paisaje parecia una peli ... fantacia.

文句を言い続けている私でしたが、
ふと見ると、のこぎり山に雲がかかり、
その横にすごい大きな月が浮かんでおり、
この世のものかと思われる風景に、圧倒されました。
なんか、自分が舞台セットか、映画のなかにいるようでした。
私が見た月は、大きくて黄色をしていて、すごく落ち着いた雰囲気でした。 なぜ、月は、大きく見えたり、小さく見えたりするんでしょうか? 周りの景色に影響されるのでしょうか?



帰りはじめると、
真っ暗になっていて、
途中、本格的ロッククライミングの恰好をした人たち
(頭のヘルメットには、懐中電灯がついていました)もいて、
軽装の私は、もう完璧AWAY
のこぎり山は、1メートルほどの歩道ができていて、
そこから落ちると、のこぎりの中の方に転落して、
遺体をひきあげることもできない危険な所なんです。

Cuando empezamos a bajar ya estuvo osculo. Encontramos un gropo de "rock climbers" quienes llevaron un casco con flash.

最終的には、ヘルメットに懐中電灯をつけた人たちと、
もう停止しているケーブルカーを伝わって
降りてきました。 午後10時ぐらい。

Finamlmente, bajamos con ellos via la funicla. Eran las 10 de la noche.

↓の写真は、ケーブルカー。 こんなところを降りてきたなんて信じられない。 No lo puedo creer que bajemos alli. EDU parecia tonto mientras que los chicos me parecian como "super man".

268170_10150223255193797_581248796_7311468_5960211_n_convert_20110923182206.jpg



バカっぽく見えるEDUとは反対に、
助けてくれたロッククライマーたちは、感じよく、親切で、
もう、めちゃくちゃカッコよくみえました。

若気のいたりだった(すでに若くなかったにもかかわらず)けど、今度行くとしたら、お月さまの写真を撮ってきたいです。


モンセラットハイキングコースの情報;
http://nekomask.houkou-onchi.com/bcn/mont1/mont1.html
http://blog.u1architects.com/?eid=1088663




 






関連記事
スポンサーサイト

Comments

モンセラットの頂上の月景色、
さぞかし綺麗だったのでしょうねぇ~。
帰りは、大変でしたね(笑)!!

モンセラットは何年か前、
カルドナからバルセロナに行く途中、
車の中から遠目に眺めただけなので....、
いつか行きたいなぁと思っています。

それにしても異文化というか、
でもお相手は、「日本人はせっかち!」とか、
思われてるんでしょうねぇ(笑)!?

ところでアストリアって検索したら、
ハンガリー?、オレゴン(米国)?、ニューヨーク(米国)?
それとも...それ以外.....?

(宛て)
Re: タイトルなし
キュウ親さん、コメントありがとうございます。

すいません、アストリアは、アストゥリアスと表示するようです(知りませんでした)。スペイン皇太子の称号は、プリンシペ デ アストゥリアスですが、何故でしょう?(わかりません) アストゥリアスは、スペイン北部で、バスク地方の西側(かな?)です。 私はオビエドにしか行ったことないのですが、やたらと友人がこちら出身者なのです。 よくわからないですが、アストゥリアス語というのも存在するらしいです。緑がおおく、湿気がたかくて、スペインらしさがなく、電車にのると、箱根登山鉄道にのっている気分になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9%E5%B7%9E

でもお相手は、「日本人はせっかち!」とか、
思われてるんでしょうねぇ(笑)!?

どうですかねえ、理解できません、彼らのことは、うちの猫のほうが、タイムマネジメントにすぐれていると思われます。  ちなみに彼は、ビーチにでるときは、午後8時ぐらいでした。 それは、納得でした。 8時すぎると、さすがに静かで暑くないので。
やっぱりスペイン人もアバウトなんですね。
タイもアバウトで時間は守らないけど、お話だとそれ以上みたいです。

モンセラット、名前だけは知ってましたけどきれいなところですね~。
頂上から見る景色は幻想的で、重装備で訪れたいところですね!
アメリカのグランドサークルみたいで、結構そそられます。
スペインでも自然と触れるのもいいですね。
またバルセロナに行かなくちゃって思います!

Re: タイトルなし
> やっぱりスペイン人もアバウトなんですね。
> タイもアバウトで時間は守らないけど、お話だとそれ以上みたいです。
>
> モンセラット、名前だけは知ってましたけどきれいなところですね~。
> 頂上から見る景色は幻想的で、重装備で訪れたいところですね!
> アメリカのグランドサークルみたいで、結構そそられます。
> スペインでも自然と触れるのもいいですね。
> またバルセロナに行かなくちゃって思います!


Yottittiさん、

タイもアバウトなんですか? 

彼は、スペイン人の中でも特別だったかも。 大学も2年留年してたし(日本人でもいますけど、はは)

アメリカのグランドサークルよりは、しょぼいと思いますよ。 グランドサークル行った事ないですけど。
また、Barcelonaいってくださいね。 ラスベガスのように、Barcelonaツウになってください!

ほぷほぷさん、間違えてコメント消してしまいました。 ごめんなさい!!!!!


モンセラットの普通の観光は、修道院と美術館周辺だけですので、すぐに終わる感じがします。 聖歌隊の歌は、外にまで聞こえますので、あの不思議な形態の山の雰囲気をバックに、良い感じです。 あちらこちらの教会に行かれているので、こちらの修道院も興味ぶかいと思います。 ぜひ、行って見てください。

Costa De Sol、行った事ないです。 Barcelonaに住んでいる時は、目の前に海があったし、どちらかというと北 (コスタブラバ カダケス)に向かっていたと思います。 スペイン南部は、2-3ヶ所しか行った事ないんです。 ぽぷぽぷさんは、Costa de Solに行かれましたか?

いえいえ(笑)
コスタ・デル・ソルもまだ未踏の地で、
今、なんとなく旅先候補にあがっているんです。
写真だけならギリシャのサントーニやミコノスみたいな感じで目を引いたのですが、
(・・・っていうか、ここも未踏の地)
どんなもんですかねぇ??
情報が少ないですよねここ。
ついでにモロッコを巡ったり、
ジブラルタルの面白い空港を見物に行くのもいいかなあと。。
Re: タイトルなし
ほぷほぷさん、

旅行候補地がいっぱいあって、バリ島に戻れる日は来るのでしょうか(笑)

スペインのビーチは、いま下降線じゃないかと思います。
安さで、ドイツ人などがきていましたが、物価も高くなったので、お得感がなくなったのだそうです。
東欧の新しいリゾート地〔クロアチアとか)の方が、安いし、きれいだし、サービスがいいし、
という訳で、そちらに観光客が流れているそうな。

どちらにしろ、私は、南スペインのビーチもその他のビーチも知らないので、
お役に立てなくてすみません。




数時間前に帰国しましたぁ。
いままで爆睡してました。

これは素敵な景色ですね。
山の形がニョキニョキ生えているみたい。
大きな月の景色、見てみたかったなぁ。
Re: タイトルなし
ピー助さん、おかえりなさい!

おつかれのところ、コメントありがとうございます。
旅行のレポ、楽しみにしていますね。

ほんと、にょきにょき山にまあるい月は、
幻想的でした。 あのころは、デジカメが出始めてた頃だと思います。
残念です。


こんばんは~

夕方からのプチ登山、スゴイ行動力というか・・・

でも、ひょっとしたら月の景色が見たくて狙っていったとかは、ないんでしょうか?

でも、月が綺麗ということは、周りには明かりが無いということですので、かなり危険ですね~。

無事、下山できて何よりでした。
Re: タイトルなし
こんにちは、とりっちいさん、

> でも、ひょっとしたら月の景色が見たくて狙っていったとかは、ないんでしょうか?

いえいえ、そういう頭脳で動いている感じでは、なかったです。


> でも、月が綺麗ということは、周りには明かりが無いということですので、かなり危険ですね~。

そういわれてみれば、本当に危険だったのですね。 ケーブルカーを伝わって降りてくるのも、
怖い感じが、ありました。

> 無事、下山できて何よりでした。

ほんと、アホでした。 今じゃ、できません。


モンセラット、行って見たいんです!!
場所が中途半端で、なかなかスケジュールに組み込めず。。
でも、今まで行かずにいたおかげで
ぴきさんのブログを先に見られて良かったのかも。
ハイキングコースは興味あるし、できればその大きな月も見たい。
だけど、ライト付きヘルメット装備は難しいかも。。
レンタルがあるとか、そういうノリではないですよね?
ケーブルカーも止まってしまうのでは月を見るのは難易度高そうですね(;;)

登ってきたばかりでまだ低い位置にある月は大きくて綺麗ですね。
満月だったらなおさら。

ところで、ぴきさん、装備無しで無事に戻れたのは良かったですね。
他のグループと一緒になれてラッキーでした。
Re: タイトルなし
ぽけさん、コメントありがとうございます。

モンセラットには是非、行っていただいて、すばらしい写真を撮っていただきたいと
心から思います。 

ポケさんのために(笑)、ハイキングツアーをさがしてみました。 ってういうか、どんなものかみるために。  こちらのツアーでは、頂上まで2時間ぐらいと書いてありますが、 私の経験とマッチしますよね。 あと、“ちゃんとした靴を履いてきて” と書いていますから、私みたいなバカもいるのでしょう。 夕食は、自分でサンドイッチ(あの、チーズだけとか、ハムだけみたいな)を持ってくるようにもいっています。 昼食じゃなくて、夕食ですね。 夕食は午後9時か10時だから、 月をみられるかもですよ。

ハイキング中の写真がたって、普通のハイキングの服装で、ライト付きヘルメットはいないです!
http://www.viajeiniciatico.es/es/Mas_Info_Montserrat_2011.html

ハイキングする人とは別に、クライマーがいるらしく、私たちを助けてくれた人たちは、こういうことをしている人たちでした。
http://wind.ap.teacup.com/hananohana/379.html


登ってきたばかりでまだ低い位置にある月は大きくて綺麗ですね。
満月だったらなおさら。

そっか、登ってきたばかりの月は、大きく見えるのですね。
月に対して、異常なあこがれのある私なんです。

ポケさんの写真でも、月に反応してしまう私です。
行きました
モンセラット、行きました。
2月末でちょうど学生さんの卒業旅行と重なったせいか、たくさんの日本人がいて
びっくりしました。というか、バルセロナ全体に学生さんが溢れてました!
普段、あんまり日本人観光客に遭遇しないので、ちょっと新鮮でした(笑)。

旅行記はこちらに書いてます:
http://oranda.fc2web.com/europe/2010spain6.htm

ここ、泊まれるらしいですね。一泊したらまた違った風景に出合えるかもしれないですね。
Re: 行きました
そらのくもさん、

ブログ読みました。 すごーく、ちゃんとした旅行ですよね。 私とは違う(笑)
わたしなんか、モンセラットに何が有るかもよく分かってなくて(修道院しか考えていませんでした)、
車で行ったので、ケーブルカーがあるのも知りませんでした。
あの写真のフニクラを降りてきたのかと、いまにして思います。

こんにちは。
ぴきさん大変でしたね~。
でも、夕日が沈むところや大きなお月様がある景色はきっと素敵でしょうね。
次回また行く機会があったら修道院に入って黒いアリア様の像を見たいと思います。
のこぎり山、独特の形で面白いですよね。

少し前にフランス語がぺらぺらのかっこいいスペイン人のお兄さんがでているTV番組がフランスでありました。かすかなスペイン語訛りのフランス語にフランス人の女性はメロメロでした。
スペイン人のボーイフレンドもかっこよさそう・・・笑
Re: タイトルなし
Rika さん、
コメントはいっていたの、気づきませんでした。
どうもありがとうございます。

もう、100年ぐらい前のことで、
全く自分の人生でおこったことだとは、思えません。

その彼は、28歳で髪の毛も禿げていて、
全くもってカッコよくありませんでしたが、
いろいろ、冒険させていただきました。

あの月、またみたいです。

スペイン人のボーイフレンド、かっこいい人とかっこわるい人がいますが、
もっと重要なのは、”母親に支配されているか”、”親から独立しているか”
が価値の分かれ目だと思われます。(笑)


Leave a Comment