PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5959位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1055位
アクセスランキングを見る>>
17/08/2011
Europe Trip 2011

Comment: 10  Trackback: 0

Brussels
Helsinki → Madrid (1) → Madrid (2) → Madrid (3) → Bordaux → La Rochelle → Ile d'Aix (La Rochell)  → Brussels

日本行きFINAIRは、Brussels発だったので、帰国前日の夜にBrusselsに到着しました。  Brussels, 何度か行った事があるので、ホテルで寝てればいいやと思っていました。 ミリアンも言っていたのですが、”Brusselsには、たいしてみるものがない。 ブルージュは好きだけど”と、実は私もおなじ考え。それでいて、なんで何度もいっているかというと、スペインから一番やすいパッケージが出ているからなんです。

Stayed one night to take eary morning flight to Japan (via Helsinki). Brussels! I already visited a couple of times so I thought I did not have to go out, I could stay in the hotel. As Myriam said, there are few things to see in Brusells meanwhile Bruge is much more attractive. I viisted this city some times because it was cheap to come from Madrid.

今回は、5つ星ホテルのStanhopeに泊まるというのが、楽しみの一つでした。 EUの本部のあるBrusselsには、高級ホテルが乱立し、週末や夏休みに安売りしているのです。 で、前にもお話ししたように、5つ星ホテルだったら、ちゃんとした恰好をしていかないとバカにされるとビビっていましたが、良く考えたら、泊まり客は、みんな私と同じ価格でとまってるわけで、周りも同じだろうと思い、それも正解でした。

I was looking forward to staying Stanhope Hotel ★★★★★. This hotel offer very reasonable price for summer holiday season and weekends.


タクシー運転手は、”おお、5つ星ホテルですね”と言っていましたが、ホテルの前にドアマンはいないし、広いリセプションに従業員がひとり、事務的に手続きをしていきます。 部屋まで行くのも自分ひとり(そのほうがいいけど、いくらチップわたすのかとか考えなくてすむし)。

This 5 star hotel gave me very vacant impression. There was only one reception boy in huge lobby. Too quiet because there was nobody. I carried my baggage by myself, which was good for me. You know,
thinking how much tip I should give is something bothering.


部屋は、メゾネットみたいに、下に机やソファやバスルームがあり、階段を上るとベットがありました。
The room is a kind of maisonette type. There are sofa, TV and bathroom.

↓ 普通の家の玄関みたいな入り口 the entrance: look like private house.

RIMG0380_convert_20110817125532.jpg

↓ ソファとTVがあり、 Sofa and TV
RIMG0378_convert_20110817125440.jpg


↓ おきまりのバスローブ of couse, bath robe
RIMG0375_convert_20110817125420.jpg

↓ そして、いまや”かなり”おきまりのロクシタン and very "of couse" L'Occiane

RIMG0373_convert_20110817125340.jpg


↓ 玄関(?)脇の階段を登ると Going up staurs

RIMG0379_convert_20110817125509.jpg


↓ベットルームです。ここにもテレビがあります。 you find bed room. Here there also be TV.

RIMG0382_convert_20110817125552.jpg

到着したのは午後8時でしたが、24時間ストアかなにかで、お土産を買おうと外にでました。 La Rochellからの飛行機は、”あの” ライアンエアーだったので、持ち込み荷物の重量制限が厳しく、ここまで何も買わなかったのです。 でも、実際に外にでると、見事な程になにもないところで(休日のビジネス街)、結局地下鉄で中心部まで行きました。

I arrived at the hotel around 8 p.m. and I thought I was going to a 24 store to buy some souvinier. The flight from La Rochelle was "that" Ryanair and I could not carry anything.

However, there was nothing near the hotel (it was "ghost town" of holiday business erea ) so I took tube to the center. As there was limited time I bought take away quiche lorraine and salad at EXKI (OMG. how much I love this organic fast food!)

時間がかぎられているから、Brusselsに行くときはいつも食べるオルガニックファーストフードEXKIで、キッシュとレンズマメのサラダを持ち帰りにして(おいしかったわー)、

restexki.jpg

買い物に走りました。 こんな短時間に買い物しまくったの始めてです。そして、その短時間の間に気付いたことは、ツーリストの80%がスペイン人であるということです。 とくに、若いグループでつるむからうるさかったです。マドリットを通過してきた私なのに、マドリットには人がいなくて、話し声さえ聴かぬまま出てきたのに、こちらは、”これでもか”というぐらいスペイン語しか聞こえません。 やはり、前にいったように、スペインからのパッケージが安いのです。。。 でも、”あなたの国は大丈夫じゃないのよ。 あなたの銀行は大丈夫じゃないのよ。”と言ってあげたかったです。

I bought many things in short time. During the shopping, I found that I heard only Spanish... There were lots of turist from Spain. I knew why. The package form Spain to Beligum is very cheap. I passed Madrid, where I even could not hear Spanish (as the city was empity for vacation) and now I hear Spanish too much.... where is the economic crisis of Spain.


さて、この90ユーロの5つ星ホテルには、朝食が含まれていました。 レストランはすてきな感じであるものの、朝食の内容は、ごく普通。 お客さんは、全てが、暗い”男性お一人様” でした。 不思議。。。 従業員も明るいイメージはなし。 暗い、暗い、暗いかんじ

Well, this 5 star hotel stay only 90 euros include bleakfast. The restaurant was very nice and the food are reasonable /average level.

RIMG0406_convert_20110817125736.jpg

このホテル滞在の感想はというと、やっぱ、見てみたかったから行って見てよかったです。 B&Bさえも、100ユーロのところだから。 だけど、大丈夫だろうか、ここ・・というかんじです。っていうか、ホテルの★ってだれがつけるんでしょう? どういう基準で? ★の数のインパクトはすごいです。 全てのタクシー運転手が、5つ星でということで、私を大事にあつかおうとしたから。。。

About the stay at Stanhope .. I would say it was quite good. I was intrested in how is the room. In Brussels, nice B&B would cost 100 euros. So 90 euros in 5 star hotel is more than reasonalbe. However I wonder who and how gives the number of the hotel stars.










スキニー魅せ脚
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Stanhope、お部屋きれいで広いし、
90EUR朝食付きだと、すっごくお得感ありますね!

★の基準って、国によるみたいですけど、
設備上の基準で決めてるらしくって...、
おもてなしや豪華さとは...またちょっと違うらしいですよ(笑)!?
Re: タイトルなし
キュウ親さん、

そうなんです、いくら ”変な感じ” がしても、90ユーロで納得しちゃったんです〔笑)
Turn Overもなかったけど、別に構わなかったですし(ほっといてほしかった)、

> ★の基準って、国によるみたいですけど、
> 設備上の基準で決めてるらしくって...、
> おもてなしや豪華さとは...またちょっと違うらしいですよ(笑)!?

なるほど、そうなんですか。 でも、ホテル側とすれば、星一つの違いで、大きな違いがでますよね。
そうえいば、甥二人がロンドンでオーバーブッキングされた時に用意されたホテルは、星一つ少なかったけど、
ホテル自体は、星が少ない方がよかったとか、そんなこと思い出しました。
こんにちは。こちらには初めてコメントです!
ブログ、楽しみにしてました、どうだったかな~と。

私が行った時も、同じ感じでしたよ。それでも変わらないし潰れないんだから、
大丈夫なんじゃないでしょうか(笑)。私なんぞ、夏休みだし、従業員も
夏休みなのかな~なんて呑気に思ってましたよ。

昨年末には、ブリュッセルで4つ星のシェラトンに泊まりましたが、
こちらは入り口はビジネスホテルみたいだったし、小さいフロントは、
すごい並んでいて15分くらい待たされたので、
サービスと★はあんまり関係ないかもしれませんね。
ちなみにお部屋は世界共通のビジネスライクな広い部屋でした。
大きいベッドが二つあったのはうれしかったけど、、、。
ご飯はさすが世界のシェラトンで、豊富なビュッフェだったと記憶
しています。

アムステルダムの駅前にある5つ星も、、
エレベータもかなりちゃちかったので、、、(でも値段は朝食なしで
200ユーロ以上だ、といってました。)そう考えると、やっぱり
Stanhopeやその他のブリュッセルのホテルはお得なのでは
ないかと思います、、、。
Re: タイトルなし
そらのくもさん、 コメントありがとうございます。

私なんぞ、夏休みだし、従業員も
夏休みなのかな~なんて呑気に思ってましたよ。

そうですね。多分、従業員の人数をかなり減らしている様子がありました。 滞在中に積極的なサービスはゼロで、”部屋を使わせてくれている” というイメージに近かったですが、みなさん、”この価格だから、文句言わない” という感想のようです。

シェラトンは、どこもビジネスライクですね。 豊富なビュッフェは、うれしいですよね。 雰囲気も。

アムステルダムもホテルが高いですが、私が一番よかったのは、一泊32ユーロのB&Bでした(笑)


なぜかベルギーとかルクセンブルク行きって
日本からも安い飛行機が出ていたりして不思議です。

5つ星、やっぱり5つ星だと思いますよ。
3つ星くらいでは、バスローブもロクシタンも柄入り枕もありませんから。
3つ星だってそこそこいいかと思いきや、
セビリアの3つ星はひどかったです。
本当に星ってどういう基準で決めているのでしょうね。
確かに星の基準って微妙ですよね。
中国の5つ星も怪しいっていわれてます。
ヨーロッパはホテル代が高くて古いイメージで敷居が高かったけど、古くからのものを大事にしてるっていう文化なのでしょうね。
でもロフトみたいなお部屋でかわいいですね。
何より清潔で安心して泊まれるのが一番です!
Re: タイトルなし
ポケさん、

ルクセンブルグ行きのフライトがあることさえ、気付きませんでした。 多分、自分の行きたい所の検索ばかりしてるからなんでしょうね。 ルクセンブルグって、銀行以外になんかありましたっけ? 

確かにSTANHOPE, 5つ星だとおもいます。 ちょっと、チャチさが見えてましたけど、たとえば、エレベーターを開けると壁が本棚になっていたけど、それは、本の背表紙のところをはりけたデコレーションでした。 不思議な雰囲気をかもし出していたのは、低空飛行の従業員で、そつなく仕事をこなすものの、暗かったです、ローテンションってやつです。 

スペインの3つ星ってたいしたことないですよね。 住んでいたので、ホテルに泊まることほとんどなかったですけど。 ホテルの星以外に、オスタルの星というのがあり、非常に混乱します。 ちなみに、私は、セビージャと発音しています。 どちらも正しいんですけど(笑)
Re: タイトルなし

Yottittiさん、
中国の5つ星、怪しそうです!  外見がどうとかじゃなくて、非常時の設備とか(偏見かしら?)
ヨーロッパホテル代高いですね。 でも、円で考えているので(すでにもっていたユーロを使っていたので、得はしていないのい)、今回はリーゾナブルに感じましたよ。  ボルドーのホテルは駅前の3星でしたが、サイズ、朝食、清潔さともに、大満足でした。 私には、ちょうどよかったようです。 私にとって、重要なのは、清潔さ(床、バスルーム、シーツ)。 3つ星だったら、それがそろっているので、それでいいです。

Stanhopeのお部屋は可愛かったです。というか、誰かの家みたい。だけど、ビジネスマンには向かないかもです。 あと、あんなに色々あったのに、ルームサービスの食事をおくテーブルは有りませんでした。

まるで個人宅みたいで、かわいいホテルですね。
ロクシタンのアメニティならいいじゃないですか^^

私は清潔で安全であれば、それはそれで楽しめるので
ヨーロッパ旅行は、たいてい貧乏旅行でしたぁ。
Re: タイトルなし
ピー助さん、

お部屋は可愛かったです。 特に入り口のところとか。
ただ、天井が異常に高く(メゾネット形式だから)、重い本格的カーテンが開けられず、
まだ明るくても、夜中みたいな感じでした(笑)

しかも、そのときTVを始めてゆっくりみて、
英国の暴動の映像とかみちゃったし。

Leave a Comment