PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
667位
アクセスランキングを見る>>
10/06/2011
Other trips

Comment: 8  Trackback: 0

マレーシア イポー 中国寺(多分)
今回は、かのちゃんのブログの中国寺をみて、思い出した事を書いてみたいと思います。

前に、マレーシアにアーユルヴェーダ治療に行った事をレポートしましたが、その時に、ちらりと観光した中国寺と、かのちゃんがタイで行った中国寺が、妙に似ているのです。 まあ、似ていて当然なんだろうけど。

Ipohへは、ご存知のようにアーユルヴェーダ治療院に1週間滞在するだけの目的で行ったので、観光するところがある事さえも知らなかったのですが、最後にタクシーに乗って、ちょろりと観光しました。Ipohは、中国系が多い街で、ジャスコに行くと、シンガポールかと思ってしまいます(シンガポールよりダサいけど)。

↓ よくわからぬまま、タクシーに乗ってると、

RIMG0135_convert_20110610175826.jpg

↓ 突然、巨大な洞窟のお寺が、現れます。

RIMG0138_convert_20110610175917.jpg

↓ 人間と比べてみると、洞窟の巨大さがわかります。 中はひんやりしています。

RIMG0146_convert_20110610215848.jpg



↓ で、その洞窟を通り抜けると、このような風景があり、それだけなんです。 このお寺に行った時もその後も、お寺の名前さえ知りませんでした。 私って、ずぼらっていうか。。。 今、ネットで調べたら、洞窟寺、ケ・ロッ・トン 極楽寺 (Kek Lok Tong)というものらしいです。

RIMG0152_convert_20110610180018.jpg


↓ で、名前はわからないけれど、それよりも地味な洞窟寺(だれもいなかった)で、動物像の写真をとって

RIMG0158_convert_20110610180200.jpg

RIMG0157_convert_20110610180114.jpg

↓ ふと、タクシーの窓から、不思議な物をみたので、止ってもらいました。  これは、お寺なのか。 庭中に、色とりどりのフィギャーがあって、フィギャーも、建物も、チャチで色とりどり。 

RIMG0165_convert_20110610180228.jpg

RIMG0175_convert_20110610180410.jpg

RIMG0171_convert_20110610180341.jpg

↓ 建物の中も外も誰もいませんでした。 本当にだれも。 建物の中の壁は、洞窟がそのままつかわれており、このような小さな仏像がいっぱいおりました。

RIMG0183_convert_20110610200703.jpg

↓ で、日本人ならすぐわかる、孫悟空と三蔵法師! 知りあいに会えたみたい! 

RIMG0168_convert_20110610200641.jpg


クリニックに帰って、インド人ドクターに聞くと、

”あそこね。週末になると、子供がやってくるんだよ” と言っただけでした。
わたしは、子供並か?








関連記事
スポンサーサイト

Comments

山の中にある洞窟のお寺なのですね。
それだけで見所がありそうです。
夏場は涼しくて過ごしやすそうでいいですね。

次の公園?は
像にのった仏像があでやかですね。
シンガポールで見た
タイ仏教とシンガポールの中国仏教が調和した寺院の仏像も、あでやかでした。
やっぱり神様が一緒なのでしょうね。


Re: タイトルなし
Yottittiさん、 コメントありがとうございます。

山の中にある洞窟のお寺なのですね。

それが、そうじゃないんですよ。 住宅街の中をタクシーで進んでいくと、突然一番目の写真のような、風景がみえるんです。 でも、そうですね、イポーは、あまり高くない山に囲まれていたかも。 だから、山の中なんですね。

夏場は涼しくて過ごしやすそうでいいですね。

多分IPOHは、夏しかないのだとおもいます。 なので、一年中、ひんやりとして気もちいいところだと思います。


シンガポールで見たタイ仏教とシンガポールの中国仏教が調和した寺院の仏像も、あでやかでした。
やっぱり神様が一緒なのでしょうね。

そうですね。 ちかいし。 あでやかっていうか、不二家のペコちゃんのお人形にようなんです。
日本の仏教のように、重みがなく、かるくて、ペラペラで、楽しい感じでした。


国が違うと雰囲気が全然違うんですねぇ。
まるで公園というか、明るくて楽しそう。

日本のお寺だと、子供の頃は
お化けでもでるんじゃないかって雰囲気がありますよね。
ここは全然感じない^^
リンクありがとうございます!
で、あの洞窟は住宅街の中に突然あるんですか?
洞窟は古い時代からあって、そこに子供向けのアミューズメントパークを造っちゃったのかな?
タイのお寺は、裕福な中国人がその財力を使って贅沢に造った感じですけど、こちらは地域のファミリーの憩いの場なんでしょうね?
孫悟空、もうちょっとかわいいといいのに(笑)

なぜ極楽なのかは?として、
ひやっとした洞窟は気持ちいいですよね~。

日本の神社仏閣は「わびさび」の世界だけど、
中国寺は「ゴージャスぴかぴか」が良しとされてるんでしょうねぇ(笑)!
文化の違いは面白いですよねぇ~(笑)。
Re: タイトルなし
ピー助さん、コメントありがとうございます。

国が違うと雰囲気が全然違うんですねぇ。

全くもって、同感です。 日本のお寺は、文化的芸術的価値が、高いと思いますが、
子供がよろこんで行くところじゃないですねえ。

中国のお寺は、どちらかというと、クリスマスツリーみたいに、
マーケティングをして、信者を呼び込む狙いがあるのかも。

で、結果がどうなんでしょうか? わからないです。

フィギャーの一杯あったお寺〔多分)は、アミューズメントパークみたいでしたけど、
うすっぺらくて、ぺらぺらな感じでした。

Re: タイトルなし
かのちゃん♪ こんにちは、

洞窟は、住宅街の外れにありました。
でもって、アミューズメントパークみたいなお寺(だとおもう)は、
観光地になっていなくて、だれもいない所でした。

本当にだれもいませんでした。

Re: タイトルなし
キュウ親さん、こんにちは

そうですね、なぜ、極楽というなの寺なのでしょう。
暑い外からはいってくると、ひんやりして、ちょっと極楽ですが、
名前につけるほどでは、ありません。

中国人と日本人、外国にいくと同じようにおもわれがちですが、
正反対ですよね。 わびさび ・・・ 彼らに、理解できることはないでしょうね。
反対にわたしたちも。。。

Leave a Comment