PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
587位
アクセスランキングを見る>>
24/05/2011
NyanNyan II & Madrid

Comment: 10  Trackback: 0

ニャンニャン2号来日
私自身は、帰国しても、すぐにスペインに戻ると考えていました。 が、なぜか、ニャンニャンを日本につれていかないと落ち着きませんでした。 帰国直前に、ニャンニャンは、尿道結石を患い、手術で完治したものの、不安は大きかったです。 ケージにも飛行機用のものがあり、それを新たに買ったり、飛行機や空港についても、念入りに調べました。 空港の近くに、猫をつれて、ペットの輸出手続きにいき、私たちは、2006年の3月31日に日本へ向かいました。 JALは、その年の4月1日より、客室にペットを持ち込む事ができなくなるため、急いで旅立ちました。

↓ 引越の荷物を物色するニャンニャン

=?EUC-JP?B?YjNjMi5qcGc=?=_convert_20110524174745



出発直前に、アパートの前の獣医で、眠れるように注射を打ってもらい、途中でのませる薬ももらいました。 
その日、ラッキーだったことは、フランクフルトまでは、ペットを客室に持ち込めない飛行機会社だったのですが、直前に飛行機会社がかわり, Spainairになりました。 なので、私は、ニャンニャンと飛行機に乗り込めたのです。 CAが、後ろの誰もいない席を用意してくれて、彼女がニャンニャンを運ぶと、みんなのぞきこんで大騒ぎでした。 CAは、(仕事中なのに)私の横に座り込んで、自分も猫をつれて旅行するとか、しゃべってました。 関係ないけど、美人だった。

フランクフルトにつくと、JALの乗り換えで、ドイツ人の係員は、隣に誰もいない席を用意してくれました。それから、JALのサロンへ。 ニャンニャンにはリードをしていたので、ちょっと出してあげました。 隣のひとに、”猫出しますけど、だいじょうぶですか” ときいても、そのおじさんは、”はい” と言って、ラーメンをすすっていました。 他の日本人も無視。 スペイン人の反応と大きく違います。

JALの中で、ニャンニャンはおとなしいものの、寝る事はなく、途中で出してくれというので、毛布でかくして出しました。 猫とヨーロッパを旅行した人の体験談から、CAは、見て見ぬふりをしてくれる、と言われていたのです。

こういう感じで、ニャンニャンと私は、日本に来ました。 私は、納得のいく帰国じゃなかったし、いまだ後悔してるけど、ニャンニャン2号を日本につれてきたのは、唯一よかった事だと思っています。 というのは、狭いアパートより、今の家の方が幸せそうだったし、猫らしい生活を送れたからです。 ニャンニャン2号の性格もちょっと変わり、私が帰宅すると大騒ぎして喜ぶ事もなくなったし、”おもちゃで遊んで” とへばりついてくる事もなかったです。世の中はひろく、楽しい事が他にも満載だっということに、気づいたのでしょうか。 完全室内飼を目指していた私ですが、”外に出る事” が、彼にとって何よりも大事だったようです。 



DSC02107_convert_20110524174822.jpg


↓ 逃亡中

586f.jpg


↓ これも、外に逃げ出したとき。 捕まえる前に写真

R0011655_convert_20110524175612.jpg


↓ 外がだめなら、ベランダで

DSC02254_convert_20110524175507.jpg





POLA
関連記事
スポンサーサイト

Comments

こんにちは~♪

にゃんにゃん、最後の写真の前脚がかわいいです!
ツンツンしたくなりますね!

・・・・ということは、
ぴきさんはまたスペインに戻ることを考えているのですね。

そうそう、ぴきさんのこの前の記事を見て、
昨日Mayitaが近所の酒屋でPerrito勝ってきました(笑)

いつもありがとうございます!
Re: タイトルなし
こんにちは、ほぷほぷさん、

スペインには戻らないかもしれないですねえ。
状況がどんどん悪くなるし、労働許可も更新しなかったし。
ボーイフレンドとも切れちゃったし。
すべての、Complicadoな条件が、勢ぞろいしたかんじです。
簡単に帰れるんだったら、”後悔” はしないですよねえ。

でも、スペインの銀行口座にお金が残っているので、
一度は、戻らなくてはいけないのです。
多分、マドリットにいるのは、1-2日? 
それ以外は、ヨーロッパのどこかで、ちょと遊ぼうと思います。
お勧めの都市はありますか? londonとパリ以外で。。。

Perrito売れているらしいです。 かわいいラベルとお手軽値段が
現在の日本のマーケットニーズにマッチしたみたい?




ペットを連れて飛行機に乗るのって、
赤ちゃん連れより気を使いそうですね。
動物好きの人ばかりが周りにいるとは限らないし。
でも、ぴきさんが苦労して日本に連れて行った甲斐があって、
ニャンニャンちゃん2号はのびのびと暮らせて良かったですね~!

今朝もニュースで、スペインの雇用悪化の問題で
若者がマドッリドの広場で一週間座り込み講義をしている、
とありました。
去年の秋に訪れた時は平和な広場だったのに・・・。
ベランダでくつろぐニャンニャン2号さん、
腕組みと胸元~腕の白毛のモフモフ感が、うちのソラに似てます~(笑)!?

ねこは環境の変化を嫌うといいますが、
ぴきさんが、色々と面倒な手続きをクリアして日本まで連れてきて、
ニャンニャン2号さんが元気に楽しく過ごせて、何よりでした(笑)!!

それにしても、フランクフルト~成田でおとなしく過ごすって、
獣医さんが、注射や、お薬処方してくれたとは言え、
とってもお行儀がよくって、お利口なねこさんだったのですねぇ~。
Re: タイトルなし
キュウ親さん、こんにちは

> とってもお行儀がよくって、お利口なねこさんだったのですねぇ~。

そうなんです、とても扱いやすい猫でした。 現在のニャンニャン3号(かみつきまくり)やミャーコ(病気で、空調のある飛行機なんか乗せられない)と全く違いました。

その頃は、”ニャンニャン2号は、私と一心同体。 どこにでも連れて行く” 考えていましたが、
猫には、猫の感性があり、東京の家が、最終的には一番良かったのではないかと思っています。

ポケさん こんにちは、

猫を連れてかえるの、本当に準備が大変でした。
すごく心配だったし。

でも、ニャンニャン2号は本当に、良い猫で、感謝しています。 ニャンニャン3号とかミャーコだったら、
ケージのなかで、おしっこするだろうなと思います。

猫をつれてヨーロッパを旅行した人の記事を読んで、安いスポーツバックに猫のトイレ用の砂を入れていき、
ニャンニャン2号は、ちゃんとそこでトイレをしてくれました。

日本以外の国は、デモとか好きですよね。 マドリットの列車テロが起ったときには、政府主導で、テロ反対デモがあり、皇室のメンバーも雨のなか傘なしでやってました。 スペインは不動産バブルもはじけ、それでも、お金持ちは、いまだ高給をかせいでいるし。 私の勤めていた日系の会社では、日本人駐在員よりも、彼らの部下の管理職のほうがお給料高かったです(2倍ぐらいもらっていた)。 でも、工員さんとかは、すごく安い給料だったです。 ギリシアと同じく、高給をもらっている人でも、税金の申告を全額をしないで、豚のように太っていく体質。 政府に文句を言う前に、豚や、働かない公務員に文句いうべきかも(多分、よく分からない私です)
最後の写真のドヤ顔、気に入りました^^

外に出られて、嬉しいんでしょうね^^

スペインに直行便はないんですね。
行ったことがないので、旅レポまってますよぉ。
Re: タイトルなし
ピー助さん、こんにちは、

ピー助さんは、アメリカ(ハワイ)系ですよね。 わたしは、アメリカの方が好きなのに、
なぜかヨーロッパに行ってしまいました。 帰国してから、アメリカの会社に勤めて、アメリカイングリッシュを聞いて、嬉しかったです。 

スペイン旅行、何時になるかわからないです。 夏までには、行く予定でいます。

コメントありがとうございました。


にゃんにゃん2号の写真を見ると、なんだか心が和みますね。
ペットを客席に乗せてもらえることすら、知りませんでした。
一緒に空の旅ができたら、ペットも安心ですね。でも、今じゃどこもダメなのかな?
Re: タイトルなし
かのちゃん、こんにちは

ペットを客室にもちこめるかどうかは、航空会社によって違うと思います。
でも、一律で、〔ケージを含めた)体重6kg以下でないといけないので、
ニャンニャンはひやひやでした。

フランスの空港だったりしたら、あきらかに6kgあっても、”2kg,ってことにしとこーかねー”
とか言われても、ドイツだと、厳密にやられるとか、そういう話しを聞いていたので、怖かったですが、
フランクフルト経由、スムーズで、ラッキーでした。



Leave a Comment