PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
557位
アクセスランキングを見る>>
20/05/2011
NyanNyan II & Madrid

Comment: 6  Trackback: 0

マドリットのニャンニャン2号(夏がすぎてから)
夏がすぎて、秋がすぎても、ニャンニャンは同じアパートに住んでいました。
アパートの中がテリリトリーとなり、もう、アパートの中庭に出たいとはいわなくなりました。

ニャンニャン2号は、ケガと病気の多い猫でした。 私の外出中にアパートの5階から落ちて、1階ですくんでいました。 ラッキーなことに、アパートと同じ通りに動物病院があって、8時5分だったけれど、電話をして駆け込みました。 スペイン人が残業しないなんてうそですよ。 Veterinario Doracoの先生は、長時間かけてニャンニャンの手術をしてくれました。 私が、家族の麻酔承諾書にサインをしたのは、人生でこのときが初めてでした。 なぜか、ニャンニャンは骨折もしてなくて、たいした事はありませんでした。 猫って、やっぱすごいと思いました。

そして、尿道結石で手術をするころには、私の、”猫はほっておいても、24歳まで生きてくれる" という思い込みは無くなり、私は、異常に猫の健康を気づかう猫ババアに変身していました。

自分自身は帰国する事はないと思いいながらも、なぜか、かなり早い時期から、ニャンニャンを日本につれていく用意を始めました。 血液検査(結果まで半年)、お役所てつづき、そのうちに日本の検疫に関する法律が変わったり、最終的には2年間かかりましたから、早期に始めた事は、私のカンだったようです。

日本の猫の検疫要求事項は、最終的にはEUと同一になっていたことから、ニャンニャンのEUパスポートを取得しました。 これで、スペインのワクチン証明書などが、英国をのぞくEUでそのまま認められる事になります。

↓ ニャンニャン2号のパスポート 中に写真、チップ番号、ワクチン証明スタンプなどがある。

RIMG0016_convert_20110520185503.jpg RIMG0017_convert_20110521212136.jpg RIMG0019_convert_20110521212214.jpg


↓ 冬のニャンニャン 暖かい家でまったり

9272_convert_20110520185245.jpg


↓ 私のお気に入りの写真

f9b5_convert_20110520185343.jpg


↓ いつもこんな恰好をしていました。

8609_convert_20110520185220.jpg




関連記事
スポンサーサイト

Comments

> ↓私のお気に入りの写真
おすましして、ちょこんと座っているニャンニャン2号さん、
かわいいですね~(笑)!!

ねこのパスポート、初めてみました!
ペットの国外移動、手続きがホントに煩雑なのですね~。
でも、ねこと暮らし始めると、自分の事は面倒でも、
ねこの事には真剣になっちゃうんですよねぇ~(苦笑)!?
Re: タイトルなし
キュウ親さん、 こんにちは

猫を日本につれていくのは、本当に大変でしたよ。
検疫って色々なことを要求されるし、
すべて、輸出国発行の書類じゃないといけないのですが、
スペインって、スペインですから。
3日でおわる血液検査の結果が、半年かかるんです。
そのうちに、日本の法律が変わったり。

最終的には、日本の検疫は、EUパスポートの検疫基準に合わせたので、
やりやすかったです。 
EU内で動かずに、日本にいきましたから、パスポートは、作る必要なかったんですが、
なんか、つくりたいので、つくっちゃいました。

私も猫のパスポート、初めて見ました!!
作れるものなら作っちゃう気持ちわかります。かわいいわ~♩

動物の移動って、ほんとに大変なんですね。
ハワイでは連れて来てから3ヶ月は保健所に預けられると聞きました。
最近はひと月で済むとか。
スペインは、なんと血液検査の結果が半年もかかるんですか!?
ラテン系の国ですね~。
Re: タイトルなし
かのちゃん、こんにちは、

私は、思い出の品というものを持たず、
なんでも捨てちゃう派なんですが、
ペットパスポートだけは、大事にとってあるんですよ。
動物の検疫は本当に大変ですが、

私が用意している間に、日本の猫の輸入検疫法律が2度変わりました。
猫の検疫期間(当日) → 犬とおなじく1週間 → 即日

なので、ラッキーでした!
飛行機で連れてくるだけでも大変なのに、1週間も預けるなんて、
想像できないです。 



猫にもパスポートがあるなんて初めて知りました~!
しかも、取得準備が、人間のより大変なんですね。

5階から落ちて無事だったなんて、猫の運動神経本当に驚きです。
きっとコンクリートですよね?
ほんとに無事で良かったです。

にゃんにゃん2号ちゃん、すっかりくつろいで、
本当に幸せそうですね。
Re: タイトルなし
ポケさん、こんにちは、

ペットパスポートの発行は、獣医なので、チップを入れている動物であれば、
その場でつくってくれます。 パスポートで、各国入国が自由というわけでなく、
パスポートに記入されている事項(ワクチン接種証明とか)が、有効になるというものだと思います。
時間がかかったのは、日本へ猫を連れていくための書類をそろえることでした。

ニャンニャンは、中庭の花壇(土)に落ちたのが良かったんでしょうか。 コンクリートじゃないです。
木に突き刺さらなくてよかったです。



Leave a Comment