PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
596位
アクセスランキングを見る>>
19/05/2011
NyanNyan II & Madrid

Comment: 2  Trackback: 0

スペイン解雇事情(個人の意見)
マドリットのニャンニャン2号の話を書こうとしていたら、
スペインの くび事情に反響がおおいので、ちょっと詳しく書いてみます。
間違いがあるかもしれないし、労働法もどんどん変わってますので、あくまでも個人的意見として、受け止めてください。

”解雇”にもいろいろな種類があるみたいです。 また、労働組合の種類によっても、企業の態度が違うのは、日本と同じようです。

パターン1
まず、みんながあこがれるタイプの ”解雇”
無断欠勤など解雇するにあたって正当な理由なき解雇。この場合は、失業保険ももらえるし、
勤続年数 X 20日のお給料が、支払われます(私が住んでいたときは45日でしたが、法律が変わりました)。

パターン2
労働者に非があるばあい: たとえば、会社の備品を盗んだ、秘密情報をもらした、無断欠勤などのばあいは、上の補償はなしで、一方的に解雇する権利があります。

パターン3
それ以外に、たとえば組織変更や会社の合併などから、あるポジションが必要なくなったとき、会社と従業員が交渉して、補償金を払ってやめてもらう場合があります。 会社が、パターン1とパターン3をどう使い分けているかというと、会社の特質、感情、従業員の質、そして労働組合によるのだそうです。 

マーケティングのフレデリックに対して、会社側が2番目のパターンにもってきたいと、躍起になっていました。
ある日、フレデリックは人事部から下のようなレターを受け取りました。

”XX月XX日と、XX月XX日に遅刻をしたため、3日間の無給休暇を命ずる”というものでした。
この手紙を3回受け取ると、2番目のパターンで解雇されるというものらしいです。
驚くことに、彼女は、遅刻をくりかえし、2度目の手紙も受け取りました。 1回目と同じようなものだけれど、”席替え”も内容に含まれていました。 つまり、”素行監視”のために、人事部長の近くの席に移動を命じられたのです。その会社のOfficeは、全面窓になっていて、荒野の向こうに飛行機の離陸が朝日の中にきれいにみえる夢みたいな席があるのですが、それは、実力のある、こわいおば様がたが, 占領していました。全員女性でした。 怖いです。 フレデリックも自分で、そちらの席に移っていたのです。 その席から移動させるっていうのは、”ちょっとしたいやがらせ?”

さて、フレデリックは、友人の弁護士と相談し、会社を訴えました。 だれもがやりうる遅刻で、このような極端な行動にでるのは、労働法に反すると。 友人の弁護士は、”みてろよ、会社側は、手紙をひっこめるから”といっていましたが、本当でした。 

彼女は、めでたく窓側の席に戻りました。 で、驚いたことに、私が彼女の横の席(あの怖い窓側の席)に移れといわれました(彼女を監視させたかったらしい)。そんなの、いやだ。怖いもん。関係ないもん。 私は同僚を監視する意思はなく、朝日の中を離陸していく飛行機を、うっとりと眺めていたのです。 バラハス空港の滑走路は、会社の窓と平行に位置していました。

その状態で仕事は続き、彼女は妊娠。私が、彼女の仕事を引き継ぐことになりましたが、(多分、仕事をうばわれたくないために)、重要なことは何も教えずに、産休にはいりました。

彼女が育児休暇から戻ってくる前に、私は帰国。 その後、彼女が育児休暇を終えて戻ってきたときには、会社側とネゴして、大金をもらって退職したようです。(人から、聞いた話なので、詳しいことはわからず)

私がみるところ、クビは突然いいわたされますが、会社側は、長い間、思考を重ねて、用意している場合が多いです。

<追記>
これを書いてから、何日かたった今、思い出しました。 フレデリックは、鬱病の薬を飲んでいて、その薬を飲むと朝起きられないとか言っていました。 別に鬱に見えなかったけれど、鬱のひとって、普通にみえるんですよね。







バイオエステBTB

関連記事
スポンサーサイト

Comments

会社側も不要な人材はきりたいし、
働いてるほうは、楽してお給料はばっちりもらいたいし、いろいろな駆け引きがあるのでしょうね。
産休をもらってやめてしまうっていうパターンは、日本でも一時期よく聞きましたけど、
日本みたいに保育施設みたいなものはやはり整ってないのですか?
それともやっぱり彼女の怠慢なのかしら?
Re: タイトルなし
Yottittiさん、コメントありがとうございます。


フレデリックがどうして、会社からどうして嫌われていたかは、よく分からないです。

遅刻は、彼女だけがやっていたわけじゃないし、徹底的に敵視されていたとしか言いようがないです。
でも、2度目の警告レターをもらったということは、引き続き遅刻していたということですね。

問題は、妊娠じゃなくて(スペインでは100%共働きで、子供を産んでやめるひとはいないんです、保育施設どころか、お手伝いさんがいて子供を迎えにいってくれる)、会社は、何が何でも彼女に辞めて欲しかった。 で、普通に首にする方法もあったのに、”お金を一切払わずに、放り出したかった”のです。なぜだか、分かりません。とにかく、嫌われていた。 彼女を傷めつけたかったのだと思いますが、本音のところはわからないです。 

Leave a Comment