PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
682位
アクセスランキングを見る>>
05/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 12  Trackback: 0

HILTON KUALA LUMPURにワクワクのお引越し
 KL Sentral駅(クアラルンプール中央駅)のちょうど反対側にあるヒルトンホテルに、お引越しです。
ヒルトンホテルは、 Aloftより数千円高いだけで、ほぼ同じ価格帯のホテルを比較するのもいいかなと、
1泊ずつ違うところを選びました。

12時にAloftをチェックアウトし、駅を突っ切り、そのまま、ヒルトンに荷物を預けにいきます(ヒルトンのチェックインは15時)。でも、お部屋が用意できていたので、12時にチェックIN!

1 

写真は、KL Sentral 駅内、キャリーバックをズルズル引きずって、お引越ししました。
滞在中、ここを何往復したかわからない。ヒルトン滞在時には、ここを通って、駅反対側のショッピングモール(Aloftホテル直通のモール)に買い出しにいきます(飲み物とか、入浴剤を買いに)。

ヒルトンには、この写真の奥から外にでて、車でごった返す通りをわたり、駐車場から入っていきます。
でも、中に入ると、静かで良い香りのするホテルでした。別世界!

最初に気付いたのは、滞在客のクラスが違うということ。

Aloft → 角刈りの中華系のおじさんが、ステテコのような短パンで歩いていた。
ヒルトン → ビジネスマンが多く、ツーリストのカジュアルなスタイルもなぜかAloftとは違った。英国のアクセントをよく耳ににしました。 特に中国系の女性がスタイリッシュでカッコよく(冷たそうだった)。 わたし自身は、Aloftに戻るべきスタイルだと思いました(湿気で、顔もヘアースタイルもべちゃべちゃ、化粧する気も起きなかった)。

実は、わたしは、このホテルの部屋で、ただ意味もなくリラックスしようと決めていました。清潔なシーツやタオルに囲まれて、ゆったりしたかった。そのために長いフライトは意味ないかもしれないけど(日本のホテルでいいのではないかと)、
なぜか、そうしたかったんです。

そして、部屋に入った途端、そういうことが、可能な部屋だなとおもいました。

今流行りの、開放型Bath からは、窓を開けたまま、お風呂に入れます。22階であるうえに、周りに建物がないから。

5654646.png  
Bath tabからの眺め


7 
奥がシャワーコーナー


2 
Bath Tabの横の鏡のところが、充実のワードロープ。 ここに、しばらく住めると思いました。
奥のドアがトイレ(ウオシュレットあり)


sdfgs_20170505210932685.png 
ワードロープの棚部分。 お風呂側から使える棚と、外から使える棚がありました。使い勝手が非常にようございました。


5 
クラッシックな感じをのこす洗面台


6 
洗面台の下には、カゴがあり、使い終わったタオルを入れたりするのに便利でした。ここが、非常に気に入ったポイント。どうも、わたしは、”カゴ”に弱いらしいです。



3 

12312
眺め

1 
真下はプール

ああ、お引越ししてよかった! 

*****************
ヒルトンホテルKLのチェックアウトは、
12時 規定のチェックアウト
14時 無料でレイトチェックアウト
18時 宿泊料の50%に諸経費(税金など)が加算されます。
(あくまでも私の場合。宿泊カテゴリーによって違うと思います)

何も言わないと、12時に放り出されますので、ぜひご確認を!

スポンサーサイト