PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR


猫ちゃんのパワーバンク!↓

ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
656位
アクセスランキングを見る>>
24/10/2016
Weekend Paris/Dublin 2016

Comment: 12  Trackback: 0

グリーンのアイルランド機 Aer Lingus
ヨーロッパのJAL発着空港以外の場所に飛ぶ場合、
JALの無料特典航空券はおすすめできません(弾丸旅行の場合)。
時間に余裕があれば、ロンドンやパリに特典航空券で飛んで、
次の日に、ヨーロッパ便でお好きなところに飛べるので、問題ないわけです。

でも、時間が限られていて、同日に乗り換えで最終目的地に行こうと考えたら、
結構、ドキドキです。前の飛行機に何かおこり、乗り換え便に乗れなくても、
航空会社は、責任を持ってくれないからです。 それだけでなく、ヨーロッパ便になると、
LCCでなくても、チェックインの荷物への制限が厳しく。Air Franceとかでは、
チェックイン荷物の有無で、料金が変わってきたりします。 
お金の問題だけでなく、飛行機の乗り継ぎがある場合は、リスクを避けるために、
荷物を預けないで旅行する必要があります。(そして、ワインも薬局コスメも買うことができず、
石鹸とキャンドルをしこたま買うことになります)。

そういう理由で、わたしは、ヨーロッパにいくときは、
目的地までの航空券を取るようにしています。

が、今回は、プレエコでのパリ行きがとれたので、
なんか、のっちゃいました。 

今回は、パリからダブリンまでAer Lingus!! アイルランドのナショナルフラッグです!
この飛行機にのるのは、2度目。 1度目は出張でした。 細かいことは忘れたけど、
マドリットからロンドンに英国航空でいき、Aer Lingusに乗り換えてシャノンまで
いったのですが、アイルランド機に乗り換えた途端、英語のアクセントが分からなくなったのを
覚えています。

自分で予約をするのは初めて。ナショナルフラッグのわりには、限りなくLCCに近いイメージです。
最初に表示された金額に、バンバン上乗せしてくるヤツです。許せん!

ロゴ
(ちなみに、グリーンのロゴは好き)

まず、”絶対に席にすわらなくてはならない、にもかかわらず”、ベーシックな席でも、
料金が加算されます。ベーシックな席を無料として、待遇のいい席の差額を表示すればいいのに(Air FranceやKLMみたいに)、そうではないようです。
せき

チェックインの荷物は、”お決まり”の有料。
ちなみに、持ち込み荷物の数にも制限がありましたが、LCCライアンのように、厳しくはなかったです。
(だれも、チェックしてなかった)。いつも考えるのですが、じゃ、40kgのアジア女性と、90kgのおっさんの航空料金がおなじって、どういうことよ。40kgディスカウントっていうのは、ないんですかね。(同じく、アメリカで売られているソフトドリンクの量を25%にして、料金も25%にしてほしい)。
にもつ

SMSに予約確認を送ってもらうのは、1ユーロ
(ネット販売なので、さすがにe-mailには無料)
SMS.png

ラウンジは、25ユーロ。 どんなところなんでしょうか? 飛行機のなかでは、スナックが有料だから、
内容によっては、ここで食べていくのはいいのかもしれません。

今回は、ダブリンからパリに飛んだ後、3時間の乗り換えで, JAL羽田いきでした。
普通席を予約してたのですが、”遅れがあったら、一番先に出たい!”と思い、空港で、
一番前の席に変えてもらいました。 ”差額はいくらですか”っていったら、
”そんなのいらないよ”っていって、そんな感じでした。







スポンサーサイト