PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
533位
アクセスランキングを見る>>
28/08/2015
Barcelona 2015 summer

Comment: 14  Trackback: 0

携帯、携帯メッセージ、FB、emaiに翻弄された5日間!

旅行直前に台湾よりSIMフリーの携帯を輸入しました。

バルセロナに到着して、一番にすることは、SIMの購入です。ちょっとドキドキです。 

バルセロナ空港ターミナル1では、2か所で販売しており、ひとつは、お店。でも、Lebaraというカウンターだけのお店は、もっと安い ということで、Lebaraに決定!

すごい人で埋もれていますが、写真の旗の隣の白い特設カウンターです。 横に旗がたってます。
FullSizeRender-2 のコピー


一番短い期間が1か月15ユーロ。 国際電話の相手国に限りがありますが(日本はダメ)500時間まで、かけ放題です。 いらないんですけど。。 その分安くしてほしい。 電話がいらないと、10ユーロかそれ以下だったと思います。
FullSizeRender-6_20150823200453964.jpg


プランが決まると、じゃ、15ユーロ、Marketというお店で払ってきてね。その間に設定しておくから といわれました。 支払は現金のみです。
FullSizeRender_20150823200454946.jpg


Marketは、空港にありがちな雑誌とかお菓子を売っているお店です。 お金をはらって戻ってくると、すでに設定は終了していました。 開始メッセージが届いており、自動更新って書いてあったから、カードじゃなくて、現金だけで支払をさせる意味がわかりました。カード支払ですと、永久に支払が続いてしまうかもしれません。心配してたけど、軽くクリアー!
IMG_3829.jpg


今回は、ヴァケーションにでている友人のお宅を使わせてもらうことになりました。(ありがとうS!ありがとうA!) 家に入って、スマホとiPAD miniをチャージしようとすると、コンセントがあわない。マドリットで使ってたやつなのに!


というわけで、カタルニア広場のApple Storeに直行(直行とはいえ、到着前にバルでタパスを食べたりはしました)。Apple Storeの外観はヨーロッパぽいですが、中は標準的なApple Store。 
FullSizeRender-5_20150823200452526.jpg 


ここのApple Storeのサービスは、世界中のどのアップルストアとくらべても、ダントツに悪かったです。でも、お会計をしてくれた人は、親切で、スマホ(zenfone)のアダプターは、同じ広場のEl Corte Ingels(デパート)か、Fnacで買えると教えてくれました。 どちらがいいかしら、って聞いたら、僕はFnacのほうが好きだけどねと。 私も同じ意見だったから、聞く必要がなかった。El Corte Ingelsは、スペインを牛耳るデパートで、その資金力はすごいのです。けど、なんか、ババくさい。 一方、フランス系のFnucは、書籍やCD、電子機器などをあつかっている小売りチェーンです。Apple Store(広場北側), El Corte Ingels(東側), Fnac(西側)がカタルニア広場を囲んでいます。


強い日差しでボロボロになりながら、広場を横切ってFnaczenfone用アダプターを購入。 疲れました。この日は、飛行機で寝てたとはいえ、朝の4時にパリにつき、それからバルセロナに飛んできたのでした。アパートに戻りiPADとスマホを充電し、そしてちょっと横になったら、そのまま寝込んでしまいました。


目がさめたら、夜中の2時。友人からすごい数のSMSや着信がはいっていました。しまった、夜に友人とあう約束してたんだった。 そして、日本から仕事のメールも。 そして、これが、すべての始まりでした。滞在4日間のあいだ、メッセージのやりとりに翻弄され(メッセージ,複数メール、フェイスブック、その他SNS、などいろいろなところに着信するので大変)、夜おそくかえってくると、日本からのメール、そしてその返信、疲れで、爆睡。また、家の中など電波が届きにくいところがあり、電話をするために着替えて外にでるということも。 そういうのが、最後の瞬間まで続きました。






スポンサーサイト