PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
473位
アクセスランキングを見る>>
22/12/2014
Week End NYC Sept. 2014

Comment: 17  Trackback: 0

マンハッタンのDead End
日曜日の夕方にミッドタウンの西側にある
Yo Yogaにキャンドルヨガのクラスを受けに行きます。
週末旅行は、現地でも週末なわけで、観光地からはずれると、
もう、週末終わりよー 雰囲気が満タンです。
有名な5番街から東側へすすみ、レキシントン通りをとおりこすと、
一気に普通の街になります。 そういうところを歩くと、あくまでも私的になんですが、
マドリットにいるような気がします。 バルセロナじゃなくて、マドリットね。

あsふぁsdふぁ

でも、マドッリットではないわけで、どっちに歩いて行っても
いつか川か海につきあたるのがマンハッタンなんです。

川に向かって道をあるいていくと、突然Dead End (行き止まり)の標識

スクリーンショット 2

おお、海のような川! 橋の向こう側が、クイーンズだと思っていたら
後から地図をみたら、細い島みたいなのがあったのでした。

IMG_1835.jpg

この場所にいたのは、私と、もうひとり写真を取っている青年だけでした。

マンハッタンの果てを確認したあとは、橋ぞいに戻ってヨガに向かいます。

ごく普通のアパート(日本語ではマンションというのか)のしたの小さな庭みたいなところを
見ると、どうしてもマドリットに思えてしまうんです(あくまでも、私の私感)。
IMG_1842.jpg

ヨガ教室では、ルーフヨガとかのクラスもあるですが、
こんな、はがれたルーフのうえでやるらしいです。
だけど、冬が寒いNY.. 何がなんでも太陽の下にいたい気持ちは、理解できます。
それに、このパティオルーフって、湿っぽくて、ひんやり気持ちかも。

IMG_1822.jpg

IMG_1826.jpg

私がとったのは、キャンドルヨガ。 よく考えてみたら、ほとんど瞑想のため目をつぶっている
ヨガで、キャンドルをみることは、あまりありませんでした。
着替える場所はなし。時間になると、ヨガマットを抱えた人が集まります。 みんな無言。みんなひとり。
社交の場ではないよう。

驚いた事に、先生は黒人でした。イメージ的に、激しい動きのダンスを得意とするとおもっていたけど。
だけど、不思議なヨガでした。 ゆるーいヨガなんだけど、意識がどこかに飛んでしまう。

帰りは暗くなっていて、ホテルのあるレキシントン通りに向かって歩きます
突然目の前に、光り輝くブルーミングデールズ! 突然、マンハッタンに戻ってきた感じ。

5お

ワンブロックで変化が激しすぎる! 

ヨガに行かなければ、絶対にいかなかったであろう地域への
散歩は、非常に静かで(誰もいなく)、妙に郷愁をかきたてられるものでした。

私は、旅行先でよくヨガ教室に行きますが、分かった事がひとつ。 ヨガ料金は世界統一なんです。
バリ島でも、マンハッタンでも。 日本は1回きりのドロップインクラスがすくないですが、お試しの1回料金を考えると、だいたいどこでも2000円〜2800円。 そして、まだ行っていないバンコクが一番高いんです。バンコクめ。





スポンサーサイト