PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
473位
アクセスランキングを見る>>
28/07/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 14  Trackback: 0

Boteとはなにか?
(あくまでも、私の体験による記事)

スペインでバル等のはしごをするとき、
なんだか良く分からないけど、割り勘(ダッチアカウント)というのは
ありえません。そんなことないか。 やっぱあるかも。。。 よく覚えていません。

私がスペインで住んでいた10年以上の間、何人かでバルのはしごをしたときの
支払い方法は.......

最初のお店で、誰かが、”ここは僕がはらう”といって一人がそのお店の支払いをおごる
2件目では、他のだれかが、支払う。。。
つまり、常に誰かが他のひとより払う金額が多くなるのですが、あまり気にならない(すくなくとも、私は)。

しかしながら、あるところで、スペイン人は、Boteと呼ばれる、軍資金を集める制度を
とってると読んだのです。 つまり、みんなでバルはしごをする前に、ある金額を出し合っておくのです。
で、10年以上、Boteの存在すら知らなかった私が、最初にBoteをしたのは、
なんと、すでにマドリットを引き払い帰国してから、ヴァケーションでスペインに戻った時でした。

それまでも、ボーイフレンドと旅行はしていたのですが、その旅行の時に、はじめて、
Boteやろうなと、言われたのでした。
ひえー、Boteって本当にやるんだ! とびっくりしたのでした。
そもそも、なぜ私が、”Bote"を知っていると知っていたのでしょうか?

そして、2度目が、今回の旅行で、AnaとLucyと一杯やりにいった時、Anaが
Boteやりましょうよ、といって、私たちはAnaにお金をわたし、あとは、支払いも何もしなくていいから、
楽チンだったのでした。

日本人でも、Boteらしきものするけど、担当者が、カチって計算して、いくら足りないとか、
返すお金はいくらね、とか言うと思います。 が、このスペインのBote 出資したらそれで終了で、
足りなくても、余っても、何にも言われないです。 多分お金を預かっているひとが、多めにだしてるか、
残った分はもらってるか、とにかく気にしないのね。。ということを、ほんの最近気づきました。

日本風のダッチアカウント(オランダ風と言うべきか)も存在していて、
たとえば、年末やヴァケーション前とかに、すごい人数で食事をするときがありますが、
これは、支払いの時に割り勘になります。
あるクリスマスに、みんなで食事をした時、割り勘にしていたら、突然、弁護士の女の子が、
“私は私が食べた分だけ、つまりオーダーした分だけ払うわ”といったので、その残りを残りの人で割り勘にしました。
だれかが、”あれ、金額違うんじゃない?”っていうと、”XXが自分の分だけ払うからよ”といい、
聞いたひとが、”あっそー”というのが、他の人がまた同じ質問をするのが、2−3回繰り返され、誰も何もいわないで終わりました。 私は、ひえー、と思っただけなんですけど。。。

スポンサーサイト