PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
667位
アクセスランキングを見る>>
21/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 4  Trackback: 0

嘘つきは嫌いバッテン(ってどこの方言だっけ?)
2日目です。
夕方、友人のオフイスにむかいます。 KL中央駅から、KLコミュ-ターに乗って、20分強、
駅に到着。 仕事場は駅直通ビル、あらかじめ写真付きの道順を送ってもらったので、安心です。なんですが、最初から写真の風景とは違う。 数人に聞いたけど、”わからない”。 キオスクのお兄ちゃんに聞いたら、”わかんないなー、タクシーの運転手に聞くのが一番じゃない?”ということで、タクシーの運転手3−4人のグループに聞きました。

たく: タクシー乗りたいの?
わたし: 違う違う、ここのビルが、どれなのか教えて下さい。
たくs(全員で): なにこの地図、わかんないなー。 タクシーで行きたいの? 
わたし: タクシーなんか乗る必要ないっす。この駅にくっついてるビルだから。
たく: いや、君は違う駅で降りたんだよ。もう一度電車のって、2つ目の駅で降りるんだよ? タクシーに乗る?
わたし:(完璧パニック状態)

で、友人にメッセージ、”駅間違えたらしい” 友人も、”まじ?どの駅に降りたの” (駅の名前を写真で送る) 友人、”間違ってない!”。

というわけで、友人は、オフイスをあたふたと閉めて、迎えに来ました。 どうも、わたしは、普通とは違う電車で来て、違う出口から出たらしいです。 このTAKUsのおじさんたち、わたしを乗せてどこに行くつもりだったんでしょう。ぐるりと、どこか一周して、”はい、到着”というつもりだったんでしょうか? こう言っちゃなんだけど、TAKUsたちは、わたしを騙すつもりはない雰囲気でした。

わたくちたちは、めでたく再会し(知ってる人と、違う国で会うって、なんか不思議なかんじ)、このTAKUsたちの話をしました。 友人は、”マレーシア人の言うこと、絶対信じない。嘘ばっかりなんだから”。

わたしの経験では、”嘘”をつかない人もいました。つまり、道をきいても、嘘を教えるかわりに、”知らない”という人は大勢いました。知らないことを、知らないというのは、嘘ではない。

なぜか、わたしは、この年になるまで、嘘つきはラテン系だけだと思っていました。

思い出すのは、バルセロナでちらっと、働いていたことがあり、わたしが、”ギリシャ担当”になったとき、
スペイン人の同僚が、”気をつけろよ、ギリシア人はイタリア人よりも嘘つきだからな”と言ったことなんです。

その当時、わたしは、”スペイン人(カタルニア人を含む)は、すごい嘘つき”と思っていました。 でも、スペイン人は、イタリア人を嘘つきだと思っているってことにびっくしたし、その上をいくギリシア人って? とすごいショックをうけたのを覚えています。

そして、ここ数年でも、アジア方面のエアラインスタッフの不思議な行動に、びっくりしていました。
でも、なぜかそれは、”話が通じない、ちんぷんかんぷんな人たち”と思っていて、”嘘つき”とは思っていなかった。 なんでなんでしょう。 友人に、”彼ら、嘘つきだから”という言葉で表現されると、突然、”そうなんだ、みんな嘘つきなんだ”と、突然気づいたんです! 

(とはいえ、わたしは、フランス人に、”日本人は嘘つき”と責められたことがあります。”ぜひ、うちに遊びに来てください”というにもかかわらず、絶対に招待してくれないと。日本人も嘘つきらしい。)

スポンサーサイト

17/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 10  Trackback: 0

マレーシアでアーユルベーダ!
私の本格的アーユルベーダ体験は、なんとマレーシアで始まりました!
その時の体験はこちら → http://pikipikiculcul.blog129.fc2.com/blog-entry-135.html

そうなんです、マレーシアは、本場のアーユルベーダ治療が受けられるところなんです。”ホンマモン“か”なんちゃって“か、どうやって見分けるかですが、それは、ずばり価格!(と私は信じています)。 今は閉鎖してしまったけど(ドクターが、親の病院を継ぐためにインドに帰国したため)、KLから車で2時間のイポーという町にあったクリニックは、医師の診療、治療、処方食、宿泊すべて込で、なんと1週間35000円でした。そして、今回伺ったクリニックも、それなりに安かったと思うのです。一方、医師のいない、いわゆるアーユルベーダSPAは、施設もちゃんとしてるけど、価格もダントツに上がります。どちらがいいかと、というか、”なんちゃって”というのは正しい表現ではなく、治療とSPAの違いで、リラックスを求めるのであれば、清潔なSPAに行かれるのがよいかと。。

帰国日にクリニックの予約がとれ、それに合わせて、ホテルのチェックアウトを夕方の6時に変更しました。なぜならば、クリニックのシャワー施設が必要最低限であることを知っていて、飛行機に乗る前にちゃんとしたシャワーを浴びたかったから(LOL)
ホテルのコンセルジュに、住所をみせたら、“ここから歩いて15分ですよ、地図を印刷しましょう”とPCに向かってから、顔をしかめて、“複雑そうだから、タクシーで行くのがいいですね” と。
Bangasar Villageで遊んでから、タクシーで向かおうとすると、なんと、4人のタクシー運転手に乗車拒否されました。 最初の人(インド系)は、ただ“NO”といって、去りました。3人目のおじさんは、”場所わからない“といったので、クリニックに電話して、タクシーの運転手と直接話をしてもらった。OKということになり、車に乗り込むと、”だから僕は、わかるって言っただろ“と。 タクシー運転手は、嘘ばかりつくことを、たった2日の滞在で理解していたので、返事はしませんでした。タクちゃんが行きたがらないところに、行って大丈夫なんだろうかとおもいながら、7-8分で、到着しました。 
;gyふ

優しい女の人が、私の名前を正確に発音して、”待ってたわ“といったので、非常に安心しました。 こういっちゃなんだけど、アーユルベーダなれしてる私。あの近代的なKL中央駅から、車で5分の場所は、Another Worldでした。高い天井に扇風機が回っており、自然な風が流れていきます。

fちゅyt

うぇrs

fghjf.png
受付
 
あsdふぁ
これは、クリニックの中から外を眺めた写真。

患者さんなのか、働いている人なのか、数人のインド系が、”無表情に“すわっている、話もせずに、トロンとした目をして。そのなかで、私一人が、コマ送りのように写真を撮りまくっていました。 
っっh
緑の服の方は、受付(をしている時は、ハキハキしていて、感じがよかった)でも、みなさん、ぬぼー

愛想のわるい犬もいました。犬もインド系の無表情なかんじ。
sdfg_20170516211303b09.png

うぐg
妙にあまくて刺激的なお茶をだしてくれました(持ってきた人は、無言)。

受付の女性以外は無表情なわりには、積極的にプロモーションなどもしています。お友達紹介キャンペーンとか。建物は、レトロですが、アメックス以外のクレジットカードも使えます。

rtyt.png

3らs
FaceBookで、”いいね”をクリックすると、初回50%ディスカウントらしい。知らなかった!

診察は、魅力的な女医さん。 ごく普通の問診だけでした。一回くるだけじゃ、なにもできないので、次回は1週間滞在してください。そのときに、ちゃんとしたコースを用意しますと(だよね)。写真を撮りたいといったら、逃げられました。

診察室以外に、4つのセラピールームがあり、男女別。
セラピールームは、いたってシンプル。 

シャワーもレトロ。トイレットペーパー、タオル、サンダルなどは一切用意されていないので、キャンプにいくような用意をされていくとよいかと思います。
jf.png


セラピーは、軽いヘッドマッサージと、温かいゴマ油によるボディーマッサージ。 
mん、hjk
ここで、ごま油をあたため、布のボールに油をつけて、体をポンポンたたいていきます。

タオルもなにも用意されていないけれど、各部屋に神様は祀ってある(笑)
うぇrtw

すべてが終わり、シャワーを浴びて、(ドライヤーがないから)ボトボトとの髪でお会計です。 販売されている、アーユルベーダ石鹸やシャンプーなど、値段も見ずに買いました(というのは、この手のクリニックで売ってい石鹸類は、破格に安いとしっていたから)。
診療とシャンプーと石鹸4品で、94リンギットでした。2500円ぐらい?
っるy

ふとみると、女性ドクターが、スマホを手にして(しかし、手にしているだけで、見てはいない)、テーブルにベターと座っていました。あの例の無表情なかんじで。 

タクシーを呼んでくださいというと、Uberを呼んでくれて、ホテルまで4リンギット(約100円)だといわれました。到着したUberの運転手は、イケイケインド系女性。 “マサージしてきたの? 私もやってるわよ。”というので、カード頂戴というと、“いま、使いきって印刷中なの”。 2日弱のマレーシア滞在で、人を信じなくなった私、心のなかで、“そりゃー、よかったね、おばちゃん”とつぶやきます。 その後も、女性運転手は、“私は、化粧品もつくってるの、ほら、パウダーとか、すごくいいのよね。”と明るく喋りまくります。 

ふと車の外をみると、がんがんインド人街。彼女の饒舌も、インド映画音楽に聞こえてきました。 嘘でも本当でも、わたしには関係ない(笑)。
sdfgsfdgh.png

しばらくすると、もうお馴染みのNu Sentral (KL中央駅のショッピングモール)、車を降りると、スマホを握りしめた中華系があふれていました。すごい人種の地域分け。。

これが、帰国数時間前の話です。

------------
kerala ayurvedic lifestyle
ケーララアーユルヴェーダライフスタイル
No37. Jalan thambi abdullah 1.50470 brickfields KL
(KL Sentral よりタクシーで5-10分)

FB: https://www.facebook.com/Kerala-Ayurvedic-Lifestyle-BRICKFIELDS-421376091232057/
(FBからメッセージを送ると返事がきます!)

WhatApp:  +61 3 2260 3436

注意事項:
  • シャンプーとボディーシャンプ以外(タオルなど)は、持参のこと。トイレットペーパーも用意されていません。ビーサンとかを履いていくと、そのままシャワーがあびられて便利です。
  • 医師の診断があるので、英語を話すことが必要になります。 インド人でなく、インド系マレーシア人だと思われる(発音がわかりやすい)。
  • 人前で服を脱ぐのが嫌な方には、お勧めできません。


14/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 12  Trackback: 0

大好きBangsar Village IとII
”高級じゃない”高級モロッコスパHammanは、Bangasar Village にあります(他にも、郊外の高級住宅地にもあります)。
KL Sentralには、タクシー券売り場があり、Bangasar Villageまでは、16リンギットの固定料金です。タクシーから眺めてると線路沿いに、こういう建物も見えます。
1 

しばらく行くと、高級住宅地も見えてくる。
111_20170513195057d38.png 

BangasarVillage到着。緑豊かな通りが、かわいい。お客さんもハイソで、在住の外国人とみられる方も多くいます。
111 


Bangasar Village には1と2があり、1の方は、庶民的で、ユニクロやスーパーなどがあります。
ここで、子供用品のお店で、箱入りのウサギちゃんの写真を撮っていたら、店員さんが来て、(おしつけられたわけじゃないけど)ぬいぐるみちゃんを買うはめになりました。うさぎちゃんたちは、フランスの製品。
sdkfsgl.png 
ftぐいl 


Bangasar Village 2の方は、ぐっと落ち着いた感じでスペースもあります。常にピアノの生演奏があり、歩いているだけで気持ち良くなる! ピアニストの方は、2日とも盲目の男性でした。写真のカフェは、スタバ。

dfdhg_201705131958179e6.png 



かわいい本屋さんの中にはいると、本の香りがしますよー。
gd.png 


上の階にいくと、SPAやネイルの店が何件か。みんなおしゃれ。
う 

あsdf 

美容院もかわいい

っっっっt 

画廊とか、アンティックの店とか、

st.png 

んdf 

日本でも買えそうなのに、つい買っていきたくなる雑貨屋さんでは、トートバックをかいました。
16546545.png 

122335.png



みなさん、お気づきになられたでしょうか?
ほぼ、すべて外国のものなんです。タイマッサージ、モロッコSPA, 日本風マッサージ、
ヨーロッパブランド、そしてユニクロ。

Where is "made in Malaysia"? (の答えは、のちほど)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
Bangsar Village

FB:
https://www.facebook.com/bangsarvillage/
ショップリスト:
http://www.bangsarvillage.com/index.php/component/bangsarvillage/?view=directory

12/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 4  Trackback: 0

KLの”なんちゃって”モロッコSPA
予約変更に苦労したモロッコスパです。
最初に結論を言います。 
モロッコの高級スパ・ハンマーム(Hammam)は、全くもって”高級”なスパでは、なかった。内装などは、”なんちゃって”感がありました。が、”かわいいところ”ではありました。

2

すごーく狭い更衣室(プールの更衣室みたい)には、小さなロッカーと、壁掛けの鏡とドライアーがあり、っていうか、それだけです。 ティッシューもありませんから、すべて自分で持っていく必要がありますよ。わたしは、ビーチサンダルみたいなのはいていったけど、それがなければ裸足です。

紙製のパンツとブラをつけて、うすっぺらいバスローブをひっかけて出ていくと、
制服をきた従業員の方が、モロッコ風のタイルの浴場に連れて行ってくれます。ハーブサウナでよくある、ベンチも壁も白いタイルになっているところです。 そこで、ライオンの口からでたお湯(笑)を存分にかけてくれます。 そして、体にローション(垢をふやかすため?)をぬって、”10分おくわね”といって、消えて行きました。

ベンチは、壁暖になっていて、心地よく、気持ちいい。

しばらくすると、従業員の方が、バスローブに着替えてもどってきました。
バスローブ、なんか、ちょっと怖い。。。

そして、バンバンのアカスリが始まります。わたしは、手に石鹸の泡をつけて体を洗うタイプなので、
かなりの垢がたまっていることは確実。文字どうり、すごい垢がでます!
ガンガン、アカスリをされ、最後に、ザザっとシャンプーしてもらって、終了。

噴水のロビーに戻り、お茶をいただきます。
暗くて、写真がこんなになってしまいました。
1
ここ、あちこちのサイトに載っているモロッコらしいところですが、写真が暗いだけでなく、本当に暗かった。
なんか、古臭く、このデッキのカーブでは、リラックスはできなし。

そして、中華系の女性があらわれて、今度はオイルマッサージ(普通によかった)をやって、
それで終わりでした。 お値段は7000円から8000円の間。 日本人が数人来ていました。

繰り返しますが、ここは”高級感”からは、遠く離れているところ。 でも、いつか、モロッコにいって、本場のHammanに行ってみたいという、そういう夢を持つことには、なりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関係ないんですが、嵐のアカスリ体験の動画を御覧ください。
”関係ないんですが”、ぜひ見ていただきたい! 上海のアカスリの話は、3分ぐらいから。

https://www.youtube.com/watch?v=1DQIVF_Ho_I

05/05/2017
KL, Malaysia May 2017

Comment: 12  Trackback: 0

HILTON KUALA LUMPURにワクワクのお引越し
 KL Sentral駅(クアラルンプール中央駅)のちょうど反対側にあるヒルトンホテルに、お引越しです。
ヒルトンホテルは、 Aloftより数千円高いだけで、ほぼ同じ価格帯のホテルを比較するのもいいかなと、
1泊ずつ違うところを選びました。

12時にAloftをチェックアウトし、駅を突っ切り、そのまま、ヒルトンに荷物を預けにいきます(ヒルトンのチェックインは15時)。でも、お部屋が用意できていたので、12時にチェックIN!

1 

写真は、KL Sentral 駅内、キャリーバックをズルズル引きずって、お引越ししました。
滞在中、ここを何往復したかわからない。ヒルトン滞在時には、ここを通って、駅反対側のショッピングモール(Aloftホテル直通のモール)に買い出しにいきます(飲み物とか、入浴剤を買いに)。

ヒルトンには、この写真の奥から外にでて、車でごった返す通りをわたり、駐車場から入っていきます。
でも、中に入ると、静かで良い香りのするホテルでした。別世界!

最初に気付いたのは、滞在客のクラスが違うということ。

Aloft → 角刈りの中華系のおじさんが、ステテコのような短パンで歩いていた。
ヒルトン → ビジネスマンが多く、ツーリストのカジュアルなスタイルもなぜかAloftとは違った。英国のアクセントをよく耳ににしました。 特に中国系の女性がスタイリッシュでカッコよく(冷たそうだった)。 わたし自身は、Aloftに戻るべきスタイルだと思いました(湿気で、顔もヘアースタイルもべちゃべちゃ、化粧する気も起きなかった)。

実は、わたしは、このホテルの部屋で、ただ意味もなくリラックスしようと決めていました。清潔なシーツやタオルに囲まれて、ゆったりしたかった。そのために長いフライトは意味ないかもしれないけど(日本のホテルでいいのではないかと)、
なぜか、そうしたかったんです。

そして、部屋に入った途端、そういうことが、可能な部屋だなとおもいました。

今流行りの、開放型Bath からは、窓を開けたまま、お風呂に入れます。22階であるうえに、周りに建物がないから。

5654646.png  
Bath tabからの眺め


7 
奥がシャワーコーナー


2 
Bath Tabの横の鏡のところが、充実のワードロープ。 ここに、しばらく住めると思いました。
奥のドアがトイレ(ウオシュレットあり)


sdfgs_20170505210932685.png 
ワードロープの棚部分。 お風呂側から使える棚と、外から使える棚がありました。使い勝手が非常にようございました。


5 
クラッシックな感じをのこす洗面台


6 
洗面台の下には、カゴがあり、使い終わったタオルを入れたりするのに便利でした。ここが、非常に気に入ったポイント。どうも、わたしは、”カゴ”に弱いらしいです。



3 

12312
眺め


1 
真下はプール

ああ、お引越ししてよかった!