PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PR


猫ちゃんのパワーバンク!↓

ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
656位
アクセスランキングを見る>>
12/04/2015
New Year Bangkok 2015

Comment: 12  Trackback: 0

日本に観光に来るタイ人が増加!

前回の年越しをバンコクでするって決めるまで、
タイとかタイ人とか、あまり興味はありませんでした。

でも、旅行の予定をたてる頃から、
バンコクって、高いものが多いんだ!
それから、実際に旅行して、フードコートなどの
料金も、日本と同じレベルだなと思っていたんです。

旅行の参考にさせていただいた、イ課長のブログでは、
日本行き”タイ”、タイ人が多いって話とかも、
記憶に残ります。

そして、昨日目についた産經新聞4月12日の記事!
”爆買いの次は…タイ旧正月に注目 訪日客は右肩上がり”
なるほど、っていうか、やっぱしって思いました。

あsdふぁ

”日本政府観光局によると、訪日タイ人は東日本大震災以降に増加し、平成24年の約26万人から昨年の約66万人に伸びた。背景にはビザ免除のほか、円安、LCC(格安航空会社)の就航がある。”
と言う事ですが、日本人が、”バンコクの物価、たかいやん”って思うってことは、
タイ人は、”日本って、思いのほか、安い物がある” って思うことは、
想像していました。

さらに、
” 旅行大手エイチ・アイ・エス(東京都新宿区)は3月、外国人旅行者専門カウンターを都内3カ所にオープンし、タイ語でも対応している。これまでもタイ国内の支店がCMや東京情報を紹介するスマートフォン・アプリの配布で集客に努め、「25年7月のビザ免除から2年近くたち、個人旅行者が増えた」と話す。小田急トラベル(渋谷区)も今年、外国人に人気の観光地、神奈川県小田原市と箱根町に外貨両替窓口を開設し、タイ通貨バーツの取り扱いを始めた。”

なるほど、なるほど、なるほど。。。


スポンサーサイト

15/02/2015
New Year Bangkok 2015

Comment: 22  Trackback: 0

バンコクの年明け!
なぜ、私たちは、バンコクで年越しすることになったかですが、
結論的には、安くて、飛行機がとれたところ、なのです。
最初は、シンガポールにいこうってことになりました。 
で、シンガポールに駐在している友人(ベネズエラ人の夫婦)に大晦日は
どうだったか、って聞いたんです。 おすすめできない、ってことでした。
去年、花火を見に行って、すごい人で大変だったと(このことを、この記事の
最後に思い出してほしい)。

年越しは、ノボテルホテルの年末パーティーに参加することになりました。
夜景をみながらのディナーをしてから、プールサイドパーティーで
花火とともにカウントダウンというものです。

スカイトレインの駅を降りると、すごい人で、地上に降りる事も不可能に思えるほどでした。
人であふれてるのに、屋台もちゃかり営業していて、ほとんど死にそうになりながらホテルに
ついたら、違うノボテルでした。 親切な女性が、タクシーはやめて、歩いた方がいいわよ、と
道を教えてくれましたが、そこからも、人、人、人。 バンコクって、建物のライトアップがすごいのに、
地上に明かりがないので、昔の近未来映画みたい。

パーティー会場のホテルに到着した時には、もうボロボロ。 
なのに、遅くついた私たちの席は、トイレの横、しかも、ちゃんとしたテーブルでもありませんでした。 
げっそり。 
食べ終わったら、タクシー飛ばして、スカイバー、アンバー(昨日、道にまよって行けなかったところ)に行こうってことになり、瞬間、H美ちゃんの目が光りました。
私の目も光ってたはず。
11時にでれば、年越し前には楽勝!

しかし、外はこんな感じ。
ちぇ

明らかに、まずい状態でした。
とりあえず、プールサイドパーティーをのぞき(30秒ぐらいしかいなかった)、
即出発!

プールサイドパーティー会場
6

5

こちらは、他の参加者によるプールサイドからの花火の写真(私たちは見ていない)
4

ホテルの人に、遠くにみえるインターコンチネンタルを目指して歩けと、教えられましたが、
無理だとおもいました。 
でも、実際は、その予想を遥かに上回る大変さでした。
私たちの歩いた道のりは、⬇のとおり。(クリックで地図が拡大します)
1

”ありえへん”と思いました、時速1mぐらいでしか、歩けません。
圧死もあるえるな、とマジにおもいました。
やっとこさ、スカイトレインの駅にむかうスカイウオーク(スカイトレインの下をあるく立体歩道)まで、のぼりつきました。大変だった。 ここまでくると、普通に歩けます。 

お寺では、スピーカーでお経を流しています。スピーカーでお経というのは、迫力ある!
H美ちゃんも、拝んでいます。私は、拝まない。 私は、拝まない性格なの。
fghj.png

ふと時計をみると、年明け5分前。 ああ、だめだった。 

年が開け、花火が昇り始めましたが、帰宅する人であふれる前に電車にのりたい。
花火なんかどうでもいい。
で、切符を買う列に並んでいるときに、すごい数の人が、走りながら改札をとおりすぎ、
ホームに向かって、かけ昇って行きました。
電車が込む前に帰ろう賭する人たちでした。負けた。完敗。 

とはいえ、私たちも電車にのることができ、そのままホテルに帰って寝ました。
どちらも、ルーフトップバーに行くとは言いませんでした。 
ホテルのお布団にはいれたことが、なによりも幸せでした。
ルーフトップバーなんかより、清潔なシーツのほうが幸せでした。

次の日の朝早く、チェックアウトのまえに、1階にいき、
その帰りエレベーターを待っていたときの話。 
隣に、TOKIOの誰かに似た男性がいて、話しかけてきました、”朝帰りですか?”と。 
どうも、私が外から帰ってきたばかりだと思ったらしいです。 
彼自身、今まで飲んでいた、と言った口からは、ぶふぁ〜とアルコールのにおいが。 

その時、横からバタバタ音がしたので、振り向くと、
イタリア人男性がふたりエレベーターの中で転がっていて、ひとりの赤い靴が、
エレベーターの外に飛んでいました。
TOKIOのおにいさんと私は、エレベータで沈没しているイタリア人を無視する感じで、
エレベーターにのりこみました。

TOKIOのおにいさんは、”僕の飛行機は1時間後”だと言い、
”えええー”と言っている私をおいて、普通に降りて行きました。




05/02/2015
New Year Bangkok 2015

Comment: 10  Trackback: 0

バンコクの原宿といわれるSiam地区
バンコク! いまや、軽く日本人が遊びにいくところですが、
実は、この国は、ファッション発祥地になりつつあるんです。

H実ちゃんいわく、
”なんか、日本のロリータのパクリじゃない?” 
言えてる。。でもって、タイの男性モデルは、韓国アイドルのパクリね(と私が思う)。
だけど、日本人の若い女の子が、注目しているブランドもあるんです。

こちらは、チュアンピサマイ(Chuan Pisamai)というブランド。
2010年にデザイナー学生であるPuni(プニ)さんにより誕生したバンコク発のブランドです。
ch

ブラトップの部分が、花で埋まっているスタイルのビキニが大人気。
いったい、どこで着るんでしょうか? お水にはいったら、花の重みで
沈んでしまいそう。

そして、こちらはLoveMeTenderというブランドで、上に比べると普通です。 
私は、無理ですけど。ふけた顔が浮き出てしまう。
このブランドは、日本でスカート6万円とかで売られてたりするんです!
lovemetender.png

Siam地区のショッピングモールを歩いていると、同じような傾向のタイブランドを見かけます。

最初は、かわいいーと思ってみているけど、ZARAとか、H&Mというヨーロッパブランドのお店にはいると、やっぱヨーロッパって、シンプルでセンスいーって、思ってしまいます。お値段も、タイブランドより安いせいもあり、30人ぐらいがレジにならんんでいました。

Siam地区のモール街。スカイトレイン(下はスカイウオークといって、遊歩道になっている)の両脇につづきます。はっきりいって、どうでも良くなってきた。これといって、欲しいものないし。 安いものもないし。
値段が高くても、欲しいものがあれば買うんですが、そういうのがないんです。

歩いているうちに、この街の進んで行っている方向ってシンガポールかな、って思いました。
道とかは汚いけど、ショッピングセンターとかは、シンガポールみたい。これから、街も整備されて
シンガポールみたいになるんでしょうか?
IMG_0693.jpg

その合間に、こういうお寺みたいなものがあるのは、やっぱタイらしいけど。
やっぱ、黄色がいいやね。なんか、明るい気分になれて!
IMG_0692.jpg

っと、この写真⬇、今みると、InterContinentalと書いてある。
大晦日に、このビルを目指して悪戦苦闘した私たちなんです。なーんだ、数時間前に
前をあるいていたんだー。
IMG_0691.jpg

⬇ クリックで地図が拡大します。
2




31/01/2015
New Year Bangkok 2015

 

ちょいこっと、ほんとちょこっと、王宮
バンコクに行ったらお約束の王宮です。
さーっと流すように見学しただけでした。

入場前に服装チェックがあり、足が露出している人は、
サロンを巻かなくてはいけません。
私は、膝寸でしたが、呼び止められて、ひえーとおもったら、
”ちゃんとバックを持たないと危ない”と
言われました。

H美ちゃんが、高いとびっくりした入場料は500バーツ
約2000円でした。 これって、NYの美術館と同じレベルじゃない?
タイ人は入場無料だそうです。

ゴールド大好き人間の私は、美しい建物にうっとり、
IMG_0711.jpg

金色の仏塔の台座を支えているのは半人半獣像、妙に魅力的! 
不思議に引きつけられる、色使いとスタイル!
IMG_0715.jpg

そして、中東の影響かしらと思われるブルー調の美しい建物も!
IMG_0712.jpg

インドの神話に登場する神様らしき金色の半人半鳥像も、ゴールドで
形もユニークなんですが、
IMG_0713.jpg


なんか、顔はインドっぽくなく、日本人っぽい
IMG_0714.jpg

こちらの大きな鬼も、詳細がすばらしい。
IMG_0709.jpg

特に靴
IMG_0710.jpg

というわけで、見所満タンだった王宮ですが、
さーっと見て終了でした。 なぜか、人が多いだけでなく、すごーく、うるさかったんです。
なんだろ、あれ。ナイトマーケットもうるさかった。
たとえば、パリのノートルダムは、すごい人だかりなんですが、
うるさくはないんです。。。 

情報;
http://www.bangkoknavi.com/miru/12/


24/01/2015
New Year Bangkok 2015

Comment: 18  Trackback: 0

ショッピング! そして、大量買いしたものは?
バンコクのショッピングモール!
シンガポールと同じような印象でした。
つまり、ショッピングモールは充実してるけど、
買いたいものはなく、ブラブラしてるだけで
疲れて終わりになりました。

そして、どの国にいっても、絶対に大量買いするドラックストアも、
残念なことに、そんなには、買うものはありませんでした。
価格が高いんです。よく、言われるような円安の影響だけとは思えないです。

たとえば、バリ島で、あまりの安さに値段も見ずに買いまくったインドネシアの
製品、Citraのクリームは、
バリ島では100円とか200円だったけれど、バンコクでは、10倍の価格でした。輸入品とはいえ。

Sabai-Aromは、タイの製品なので、若干安かったです。
レモングラスのシャンプーは、すごーく香りが強くていいですが、洗いあがりはふつう。
スター グースベリーという聞いたことのないフルーツのハンドクリームは、不思議にひかれる香りですが、
好き嫌いはあるかも。
Happy Riceというお米のデコルトクリームの香りは、なんとアジアンフード(名前は思い出せないけど、思い出すはず)。 はじめは、ええ、って感じなんですが、不思議に気分が落ち着いてきます!
sabai.png

こういうなかで、徹底的にやすかったのが、市販薬でした。

市販薬をシート単位で売っているのです。 
日本では、多分薬事法で規制されていて、説明書なしでばら売りできないのだと思う。
タイじゃなくても、アスピリンのバラ売り(シート売り)は、アジア各国で、よく見かけますね。 かつては、世界中のアスピリンを収集(いろいろな味やタイプがあり、、ソーダタイプも)していた私ですが、最近は、パラセタモールになりました。

パラセタモールは、日本では別名アセトアミノフェンとよばれることが多く、処方薬(PL配合顆粒とか)は安いけど、市販薬(セデス、ノーシン)となると、なんやねん、というぐらい高いのです。

IMG_2450.jpg

para.png


私が大量買いしたのは、英国ブランドのbootsのもの(写真のブルーのパッケージ)、なんと1シート、約40円でした。 

あまりに安いので、(あとで調べればいいやと思い)知らない名前の薬も買ってしまった! 薬の効用はわからないけど、オレンジフレーバーっていうのが気に入って。 こちらは、Simethicone 80mgというやつで、日本ではガスコンという商品名でうられている、おなかのガスを取る薬でした。

そうなんです。 私は薬オタクなんです。 
個人輸入で、ヨーロッパの製薬会社の市販薬などを買うのですが、
その多くがタイから送られてきていたので、最初から狙ってたんです!