PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
736位
アクセスランキングを見る>>
29/03/2014
New York! New Year! New watashi.(2014)

Comment: 18  Trackback: 0

やっぱ、きれいなトイレなのよ!
年末ニューヨーク旅行記でも、書きましたが、
ニューヨーク観光で、頭にとめておかなければならないのは、”トイレ”らしいです。
この旅行では、“ちょっと、カフェにはいっておしまい”レベルの滞在だったので、
つまり、カフェばかりはいっていたので、きれいなトイレにはこまりませんでしたが、
プラザホテルの地下のフードコートでは、トイレからはみでる長い列があったのも、記憶にあたらしいです。

そのときに、冗談半分で、”ニューヨークで、高級トイレを経営するのはどうだろう。足裏マッサージとかもできるところ、、”と書きましたが、なんと、それが実現するらしです。 

6月にオープン予定の、ポッシュ・ストー・アンド・ゴーの1号店は、グランドセントラル駅近くで、有料トイレというよりかは、「ニューヨーク市初の会員専用手荷物預かり所と豪華な洗面所施設」らしい。 

詳細は、 
  • 施設内には、手を触れなくても水が流れるセンサー式のトイレと洗面台、強力なハンドドライヤー、おむつ交換台などが設置されており、5室に1室はシャワーが付いている。シャワーは、車いすにも対応する。
  • 一度使用された洗面所は、その都度スタッフにより清掃が行われる(重要ポイント!)
  • 荷物を預けることができるデジタルロックのロッカーや、大きな荷物を預けることができるストレージルームも併設されている。
  • 個室の授乳室やリラックスルームの併設も計画している。 
  • 年会費は15ドルで、3日間24ドル、6日間42ドル、10日間60ドル
  • ゆったりとしたサービスの提供を目的としているため、人数制限を設けている。




12345.jpg

(情報元:http://www.dailysunny.com/2014/02/28/nynews0228-8/



ほーーーー。 
だけど、この地域、グランドセントラルのトイレも清潔だし、近くのブライアンパークのトイレは、全米トップ10に入るらしいし、本当に、必要なのは、もうちょっと、トイレにこまるところかも。。 とはいえ、こちらの施設、どちらかというと、移動中の荷物に困ってる人たち用みたいですね。 大きな荷物もってると、公共のトイレは危ないし。

これを機会に、日本のトイレメーカーは、ぜひ日本の最先端トイレを売りこんで頂きたいと思います。



スポンサーサイト

04/02/2014
New York! New Year! New watashi.(2014)

Comment: 17  Trackback: 0

2014年の最初の2時間
思えば、年明けとともに、過去にバイナラするために、
はるばるやってきたNY
(でも、実は、休みが取れやすかったからなんですが)
このような、年明けは、想定外でした。

しかしながら、私たちは、とりあえず満足でした。
というのは、大晦日のこの時間に発生した問題を
すり抜けることができたからなんです。
運がいいとしか、思えなかったのです。

もし、アップルストアに入らなかったら、
もし、ホテルに帰って、ネットがつながらなかったら、
当日、空港に行ってキャンセルを知ることになり、
そのまま、氷の中に足止めを食らっていたでしょう。

さて、TVでは、カウントダウン後のインタビューとかになり、
行く年くる年、モードになっていました。
Miley Cyrusの豪華ローブが、紅白歌合戦の衣装に力をいれる女性を連想させました。
なぜか50歳の中年歌手みたいでした。

j_201402042106200a4.jpg


そして、セントラルパークの花火の音が響き始めました。
窓から見ると、何台ものタクシーがすごい勢いで UP TOWN方向に走り去ります。
まるで、レースのように。カウントダウン終了後、タクシーが拾えるうちに
飛び乗った人たちでしょう。 そして、タクシーは、稼ぎ時なので、早く人を届けて、
ピストンのように、タイムススクエアへ戻るつりらしいです。

どうしていいかわかりませんでしたが、
突然、決意して、外に飛び出し、セントラルパークに向かって、走り出しました。
この大晦日にそなえて、昼休みにユニクロに行き、防寒着を買いまくったのに、
フランネルの部屋着の上にダウンをひっかけて、飛び出したのでした。
通りには、だれもいない。 だーれも。 花火の音はするけど、花火はみえません。

W77th St. を、セントラルパークに向けて急ぎます。

その時の動画がこれ、動揺している様子がわかりますでしょうか。
ナイトミュージアムの舞台となった自然史博物館の横を急ぎながら、撮ったものです。
本当のナイトミュージアムです。
(動画が見れない場合もあります)



セントラルパークにもう少しというところで、花火を見終わった人たちが戻ってくるのに出くわしました。やっぱし無理だった。 あきらめて、ゆっくり自然博物館の角をまがり、Café Laloに行くべく、セントラルパーク沿いを,
ゆっくり北上します。かっちいい女性警官が、Happy New Yearと声をかけてきました。 ひえー、心にしみるー、このタイミングで言われると! 

Café LaloはW83通りなのに、W82通りに入ってしまったため、行きつけず、そのままホテルに戻ることに。 途中で、ラテンアメリカ人のやっているケーキおよびピザ屋さんで、ピザと巨大なプリンを買いました。 パーティー帰りのヒールをはいた人とかもたちよっています。この、EUROPANというチェーン店、そりゃ、安くておいしくて、大きくて。W77th ST.とブロードウエイの角あたりのお店です! もし、そのお店をみつけらたら、ぜひFRAN(フラン:中南米風のプリン。日本のとはくらべものにならないほどおいしいくて、大きい)を食べてください。

kkk.jpg


この時間になると、NYの大晦日事情がわかってきました。 スペインでは、家でブドウをたべて年越しをし、それから、外のパーティーにでかけ、朝まで踊り狂います(つらい)。 ちなみに、私がいた2000年前後は、ロングドレスの人が多かった。 しかし、NY(アメリカ)は、カウントダウンにむけてパーティーがあり、年越しとともに、パーティー終了みたいです。そうだったのか。すごい、健全! いいわー、こういうの、楽ちんで。

こういうかんじで、ニューヨーク弾丸年越し旅行。無事終了です。私たちがNW空港を飛び立って数時間後に、記録的な大寒波がアメリカを襲いました。逃げ切った感じです。

私の度重なるドジぶり、およびワガママをスルーしてくれたH美ちゃんには、心より感謝もうしあげたいです。 また、コメントにてNY事情を教えてくださった方々、ありがとうございました。 2014年が、みなさんにとって、楽しい年でありますように!


(追記)人種のるつぼであるNYは、どんな英語をしゃべっても受け入れられる心地よさがあります。 気が付いたことは、イスラム教徒の服装をした人を見かけなかったことです。 NYから追い出されたのか、それとも、目立たぬように、スカーフをつけなくなったのでしょうか。 気になります。

02/02/2014
New York! New Year! New watashi.(2014)

 

年明け2時間前
これまでのストーリー

一瞬、夢を見ているようでしたが、ありえると思いました。
想定していたのは、シカゴで足止めをくうことでした。
でも、考えてみれば、ニューヨークから、飛ばないこともありうるのでした。

そして、NYに残されるのは、いやだと思いました。
私たちは、タクシーに飛び乗り、ホテルにもどりました。
年明け2時間前のことです。

私たちは、元旦の午後の便でシカゴ経由で成田に向かうはずだったのです。 が、それを、元旦の早朝のUnited直行便に変更することに。 H美ちゃんは、さっさと変更できたのですが、私の場合は、問題が発生。ここに残されるのは、絶対いやだ、早くミャーコに会いたいと思いました。


ANA便のオンラインチェックインをはずさないと、新しい予約を入れられなかった。 

日本のANAのカスタマーサービスに電話して、チェックインのキャンセルしてもらい、

再度、アメリカのUnitedにでんわ。 まだ、オンライン上で反映されてなかった。

再度、日本に電話。アメリカのUnitedに直接電話してもらうように依頼 

(こういう時、日本人オペレーターって信頼できるわー)。

数分後、日本のANAより電話で、ミッション完了とのこと。

Unitedに再度でんわ。 長い時間をかけて、解決! カウントダウン7分前! 
オペレーターに、”Happy  New Year” といったら、ため息だけが戻ってきました。
だよね、世の中が浮かれてるときに仕事だもんね。

TVでは、タイムズスクエアの白熱した様子が。どうしていいか、わからないまま、2014年!

001l.jpg


やることがないので、私たちは、TVの前で、抱き合いました。 H美ちゃんは、ちょと涙ぐんだようです。 一瞬、私のドジとわがままに翻弄されてつらかったのだろうかと、思っちゃいましたが、2013年は、H美ちゃんとその家族にとって、悲しい年でした。 2014年が、彼女と彼女の家族にとって、いい年でありますように!

(つづく、次で終了よ)








29/01/2014
New York! New Year! New watashi.(2014)

Comment: 10  Trackback: 0

New York 楽しい大晦日~
大晦日の午後に、 Bキュウさんから“雪が降り始めてませんか”というメッセージがはいり、外をみたら、雪が舞っていました。 顔も知らないBキュウさんが、近くから(でもないけど、同じ時間帯地域から)メッセージを送ってくるのは、すごく、不思議で、心強よかったです。 雪は、降ったと思ったらやみ、私たちは、オイスターバーに向かうべく、地下鉄タイムススクエアの次の駅でおりました(タイムススクエアで降りるのを忘れた)。

地上にでると、もう、そこは別世界のようでした。もう、大晦日が始まっている。 イベントがないのに、人がワサワサあふれている。不思議な雰囲気。目的に向かって一目散に歩くという都会的歩き方じゃなく、説明しがたい高揚感にあふれています! なにこれ? なんだかわからないけど、楽しい! あっけにとられていると、女性が、“どこに行きたいの?教えるわよ?”と陽気に聞いてきました。 グラセンに行くというと、“ちょっと、あるくわよー”と言って、方向を教えてくれました。 昔、NYで優しく話しかけてくれるのは、モルモン教徒とアムウエイだけだって、聞いたことあるけど、NYの2日間で、2度も自発的に道を教えてくれようとしたことがあります。 みんな、女性ね。 NYは、女性なのよ。

私たちは、タイムススクエア方面に向かって歩きました。 タイムススクエアの近くまでくると、道路が遮断されています。 この向こうでは、すごい数の人が、何時間も前から、ひたすらカウントダウンを待っているのです。たぶん、吹雪のなかで固まって暖をとる猿みたいに。 すごい数の警官が動員されていますが、みなさん、丁寧な口調で、対応しています。ドラマのアメリカの下品な警官たちとは違う。

photo-14.jpg


道路が遮断されたところで、東側にまがっていくと、イルミネーションが輝く公園がありました。別世界みたいでした。

photo-13.jpg


きれいな建物と、木を背景にした、スケートリンクがあり。楽しそうにスケートしています。幸福感が伝わってくる!
むこうの白い建物は、New York Public Library です。Publicなので、市立図書館と訳されていますが、私立の公共図書館です。
photo-3_2014012821301324b.jpg



ホリデー・ショップという、ヨーロッパのクリスマスマーケットをまねたお店は、ガラス張りで、ヨーロッパよりきれいかも! 
photo-4_201401282130164ba.jpg

今までの人生、いろいろなところに行きました。 きれいなものも見てきました。 でも、ここは、場所がきれいなだけじゃなくて、幸せそうな人間が一体化したような、不思議な感覚です。ただ、そこにいるだけで、楽しく感じる体験というのは、初めての体験かもしれません。 

このブライアントパークですが、あぶない無法地帯だったのを、こんなすばらしい場所に生き返らせたそうです。こちらの公衆トイレは、全米トップ10に入ったこともあるとか。 なんと、無線LANも通っているらしい。


オイスターバーのあるグランドセントラル駅は、すぐ近くです。 オイスターバーは、いかにも大衆食堂というかんじで、(例の)ウエイトパーソンたちも、そういうかんじ。日本人があふれていました。 いろいろ問題があったにもかかわらず、こちらの生ガキ、今までの人生で食べた中で一番おいしかったです。 フランスで食べた、とりたての牡蠣よりも。種類が違うんでしょうか。 アサリチャウダーは、砂がじゃりじゃりだったけど。

photo-12.jpg


ささっと、生ガキたべて、さっとグラセンを出て5番街に向かいます。
このころになると、ミニドレスをきた女の子たちが、きゃきゃと足早に歩いていきます。
寒いけど、みんなミニドレスです。たぶん、肩をだしたドレスでしょう(上着を着ているのでわからない)。 この時期のNY、観光客も住民も、みんな同じ格好です。つまり防寒優先で、みんなおんなじ、スタイルも顔のよさも関係ない。 なので、大晦日ぐらい、キャピキャピのドレスアップしたいのも理解できます。 が、そのドレスアップも、みーんな、おんなじなんです。 写真を写さなかったのが残念ですが、(コートは着てるけど、たぶん)肩を大胆にだした、タイトミニドレスで、色は黒じゃなければ、光物。 個性はなし、みんな同じ。ミニ、黒じゃない透明ストッキング、ヒール、金髪、白人系。 

new_years_3.jpg
(こんなかんじ。みんなミニ。写真は借り物)

レッカー車が列をなして、通ってい行きました。 騎馬隊も。。 それだけで、ワクワク。

photo-5_20140128213016ef0.jpg

photo-10_20140128213059f12.jpg


っと、突然、大勢の人が写真を撮っています。 知らないうちに、ロックフェラーセンターに来ていたのです。 百万回ぐらい、写真でみた場所に、やってきました。 
photo-6_20140128213017251.jpg


キーンとした冷たい空気のなかで、ロックフェラービルが建っています。 
photo-11.jpg


そして、おなじみのロックフェラービル前のスケートリンクは、道路よりも下の階にあります。
photo-7_201401282130192b1.jpg


5番街を北上し、Appleショップに入りました。 毎度、用事はないけど、暖かい、心地よい、ネットあり、なので、
ここで、ぬくぬくと、メールをチェックしていくのです。
photo-9_201401282130588c0.jpg


っと、メールをチェックしていたH美ちゃんが、小っちゃく叫びました
”フライトがキャンセルされた”

げっ、シカゴ行フライトが、キャンセル!

(続く)

25/01/2014
New York! New Year! New watashi.(2014)

Comment: 8  Trackback: 0

ファーマシー大好き (ニューヨークの巻)
わたしは、ファーマシー大好き人間! お薬とサプリとファーマシー系化粧品が好きなんです!
素通りするのは、ほぼ不可能! New Yorkでも、あっちこっちで買いまくりました!

まず、コスメ部門では、
Eucerinのリペアークリーム。ニベアをつくっているドイツのBeiersdorfのものです。昔、肌荒れを起こしたときに、薬局ですすめまれました。医薬品ではないです。多分、日本では未発売。肌修復用クリームなので、伸びがわるく、顔に粘土を塗るみたいです。が、どうにもならなくなった肌には、効きます!!!

130378.jpg



Burt's Bees のクレンジングシートは、日本では見つからない! はちみつの香りが気持ちいので、もっと買っておけばよかったです。

BBd_FCE_BG_WhtTea_Twlts_10ct_0512.jpg


Airboneは、家族から頼まれていて、事前にチェックしたら、送料をいれても、iHERBのほうが安かったのですが、スーパーに一杯あったので、買っちゃいました。 ビタミンですが、ファーマシーじゃなくて、スーパーです。 この商品2008年ぐらいに、虚偽の宣伝で訴えられましたが、その内容は、右下のContinueをクリックしてください。

photo-3 のコピー




チェーン店の
CVS/pharmacyのプライベートブランドの楊枝? Gentry Cleans Between teethってかいてあったので、歯間ブラシお徳用(なんと250個)と思い買いました。 
ブラシ部分は、のこぎりみたいで、血まみれの吸血鬼みたいになりました。

photo-3_20140124225123e4b.jpg


メラトニンは、いくつか買おうと思っていました。 メラトニンは、アメリカでは、サプリメント(材料が自然のものであるため)ですが、EUと日本では、ホルモン剤と言う理由で、処方薬となっています。日本では普通に買えないので、普段は、個人輸入で買っています。 メラトニンは、ある一定時間がすぎると、カチっと目がさめるので、時差ボケ用に使用される場合が多いです。 空港の雑貨店のレジの横に必ずある、Dream Water(ドラックフリーと書いてある)、帰国便に乗る時に買ったら、レジの女性が、“これ、めちゃくちゃいいわよね”というので、何がベースかと聞くと、メラトニンと言ってました。 なんだ、メラトニンか。こういう、レジのお姉ちゃんの一言、お金をかけた広告より効果あります。それに、ドリームウオーターって、名前が、もう夢に吸い込まれそう!

メラトニンは、不妊に使われたり、避妊につかわれたり、
色々な意見がありますので、専門家にご相談ください。


 
mgoHUt4TASIkNWKpR70i6jw.jpg



睡眠関係のサプリとか薬は、とにかく一番目立つところ(レジの横とか)に、いろいろ置いてあります。 現代人はつらいのねー。Unisomは、抗ヒスタミン剤。 薬剤師さんは、安全な薬と言い切っていますが、飲むと起きられないので、ずーっと寝ていられる環境のときしか使えません。 実は私、あまり睡眠障害がないんですが、なんかお守りに持っていたいんです。


photo-3 のコピー


Dramamineは、乗り物酔いの薬ですが、中身は抗ヒスタミン剤で、日本の睡眠導入剤のドリエルと同じです。フランス、スペインでは、似たような、でも違う商品名です。 若いときにメキシコで、乗り物酔いとして飲んで、すごい効き目で、立ったまま寝ちゃった経験があります。 これも、目がさめないので、飲むことがほとんどないけど、なんか、知ってる名前だと買ってしまいました。


photo-4 のコピー

こちらのピンクの液は、あのオイスタバーで生ガキを食べる前に、薬局へ飛び込んでかいました。 胃の調子が悪かったけど、生ガキだけは、ガッツリ食べたかったんです。 そこでも、薬剤師が、“これ、いいわよー”と勧めたもの。わたし、この言葉に弱いかも。それにしても、どこかで飲んだことがある、このピンク液! どこだか覚えていないけど、この色とこの味、覚えてる! で、たしかに、飲んだ瞬間から、胃が元気になり、ガッツリたべました。 すごい即効力でした。

photo-4 のコピー 2 


空港のお店で、液体じゃないのも買いました。

photo-3 のコピー 2 


この
ピンクのPepto Bismol, 帰国してからネットで調べてみたら、なんと、なんと、
日本では、”
おなら解決サプリ”として紹介されていたのでした。びっくり これ、サプリとして売ってるの? 副作用とかもちゃんとありますよー! 



こちらは、依頼された
Advil。 依頼者は、効くのよーといっていたけれど、日本でも売っているイブプロフェンです。 価格は、日本の半分以下かも。私は飲んでいません。


Advil.jpg



ファーマシーで、もっとお買いものしたかった。
ファーマシー、大好き!


注意: 
ファーマシーコスメ(アベンヌ、ニュートロジーナ、Eucerin, ROCなど)は、ヨーロッパの価格より、ちょっと高めです。日本よりは、安いですが、個人輸入とかで買うほうが、安くなる場合があります。
また、Amazonでは、他の個人輸入よりは、設定価格と送料が高い可能性があります。






Continue