PIKIの記録
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PR


ハワイ生まれの おいしい蜂蜜

















アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2859位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
533位
アクセスランキングを見る>>
10/08/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 2  Trackback: 0

お友達サークル
今回の旅行の最初で、元同僚のJulioの奥さんのお家にいきました。郊外の一軒家に住むマイテとその息子さんと食事して、非常に寂しい気がしました。 Julioが亡くなってから1年も経っていない時期、日本人夫婦とはちがい、常にぺったり夫婦だったこともあり、心身ともにつらそうでした。 台所にはオメプラゾール(潰瘍の薬)とかも置いてあったり。 しかしながら、Julioのいない最初の夏については、いろいろヴァケーションにさそってくれる人がいたようです。 タイでバックパック旅行、バルト海クルージング、サンティアゴへの巡礼の旅、そしてポルトガル。 私が帰国して、うつろに仕事している頃、FBで、彼女の写真(巡礼中)が、飛びこんできました。 そうか、もうヴァケーションの季節なんだ、気づかなかった。旦那さんが亡くなった次の夏、こうやって、いろいろな人が誘ってくれるのは、中年になってもグループで旅をするスペイン人のカルチャーもありますが、なによりも、彼女の人懐っこい性格、そして、ポジティブな姿勢が、こういう結果を生んでいるのだと思います。

かなり昔に、本か雑誌で、”アメリカは、日本とちがって、離婚者が相手を探せる恋人マーケットがあるからいい”というのを読んだことがあり、大学生だった私は、関係ないやとおもってました。

しかし、スペインで、私が”第二ラウンド者たちのための婚活”を経験したことあります。 結婚しないスペイン人たちなでので、婚活っていうか、相手探しね。 スペインは、カップルと常に一緒に行動の世界だから、相手がいなくなると、大変なんです。 まず、週末に出かける相手がいなくなる。 金曜日の夜に家にいるなんて、ありえないことだから、命がけです。 金曜日の午後になると(なぜか木曜日以前はやらない)、電話やメールが錯乱します。 ある時は、即席のお友達サークルができますが、その目的は、パートナーのいない時期をサバイブする、もしくは、相手を見つけるための活動、なので、即席サークルは永遠の友人関係になる場合と、使い捨ての友情である場合があります。

以下、退屈な話になりますので、興味がある方のみ、Continueをクリックしてください。

Continue

スポンサーサイト

01/08/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 12  Trackback: 0

Bote (その2)..とは関係ないけど。。。
前の記事(ボテについて)、書きながら、Anaたちと出かけた時には、
いくらだしたんだっけと思ってしまいました。 旅行中、地下鉄のチケット代以外の
金額を全く覚えていないのです。

あの夜にだしたのは、多分、10ユーロか20ユーロ、多分20ユーロかな?

現在の物価のことはわからないけれど、
2006年ぐらいまでは、スペインでバルはしごといえば、20ユーロが基本だったような気がします。
それどころか、お財布に入っているお金が、常に20ユーロぐらいだったかも。
ほとんどをクレカで払っていたとはいえ、20ユーロは少ないですね。

日本でも、クレカとスイカで現金を使わない生活をしていますが、
それでも、常識的な金額の紙幣がお財布に入っています。

その一つの理由に、スペインは10メートルごとにATMがあるんです。
怖い事に、ATMは建物の壁にはめこまれています。そして、24時間コミッションなしで、お金がだせるので、
財布に紙幣が切れたても、どこでもお金をおろせる訳なんです。

週末の夜の流れはこんな感じ。

夕食は家でたべてから、23時頃に、Puerta del Solの近くのCafe di Romaで待ち合わせ。

roma_convert_20130802221321.jpg
(写真は借り物)


                  ↓

待ち合わせの人がきてから、”ちょっとお金おろすね”と
人をぞろぞろつれて、Puerta del Solの片隅にある Caja MadridのATMで
20ユーロをぺろりとおろす。 これ、私が始めたことじゃなく、他の人がやってたので、
そういうことをやり始めました。

1_convert_20130801203001.jpg
(写真は借り物)

                  ↓

そして、ふらふらと夜の町に消えていく。




...... しょうもない話ですみません。でも、これを読んでから、スペインに行かれる方は、
今後、夜中の繁華街で、ATMでお金おろしている人をみたら、”やっぱし”って思うはず。。



28/07/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 14  Trackback: 0

Boteとはなにか?
(あくまでも、私の体験による記事)

スペインでバル等のはしごをするとき、
なんだか良く分からないけど、割り勘(ダッチアカウント)というのは
ありえません。そんなことないか。 やっぱあるかも。。。 よく覚えていません。

私がスペインで住んでいた10年以上の間、何人かでバルのはしごをしたときの
支払い方法は.......

最初のお店で、誰かが、”ここは僕がはらう”といって一人がそのお店の支払いをおごる
2件目では、他のだれかが、支払う。。。
つまり、常に誰かが他のひとより払う金額が多くなるのですが、あまり気にならない(すくなくとも、私は)。

しかしながら、あるところで、スペイン人は、Boteと呼ばれる、軍資金を集める制度を
とってると読んだのです。 つまり、みんなでバルはしごをする前に、ある金額を出し合っておくのです。
で、10年以上、Boteの存在すら知らなかった私が、最初にBoteをしたのは、
なんと、すでにマドリットを引き払い帰国してから、ヴァケーションでスペインに戻った時でした。

それまでも、ボーイフレンドと旅行はしていたのですが、その旅行の時に、はじめて、
Boteやろうなと、言われたのでした。
ひえー、Boteって本当にやるんだ! とびっくりしたのでした。
そもそも、なぜ私が、”Bote"を知っていると知っていたのでしょうか?

そして、2度目が、今回の旅行で、AnaとLucyと一杯やりにいった時、Anaが
Boteやりましょうよ、といって、私たちはAnaにお金をわたし、あとは、支払いも何もしなくていいから、
楽チンだったのでした。

日本人でも、Boteらしきものするけど、担当者が、カチって計算して、いくら足りないとか、
返すお金はいくらね、とか言うと思います。 が、このスペインのBote 出資したらそれで終了で、
足りなくても、余っても、何にも言われないです。 多分お金を預かっているひとが、多めにだしてるか、
残った分はもらってるか、とにかく気にしないのね。。ということを、ほんの最近気づきました。

日本風のダッチアカウント(オランダ風と言うべきか)も存在していて、
たとえば、年末やヴァケーション前とかに、すごい人数で食事をするときがありますが、
これは、支払いの時に割り勘になります。
あるクリスマスに、みんなで食事をした時、割り勘にしていたら、突然、弁護士の女の子が、
“私は私が食べた分だけ、つまりオーダーした分だけ払うわ”といったので、その残りを残りの人で割り勘にしました。
だれかが、”あれ、金額違うんじゃない?”っていうと、”XXが自分の分だけ払うからよ”といい、
聞いたひとが、”あっそー”というのが、他の人がまた同じ質問をするのが、2−3回繰り返され、誰も何もいわないで終わりました。 私は、ひえー、と思っただけなんですけど。。。

20/07/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 15  Trackback: 0

(まとめ)Japan vs Spain
スペイン人の友人に、”写真をブログに載せてもいいかしら?”と聞くと、100% OKでした。 日本人に対しては ....... 確認さえもしなかった。 日本人は、誰でもみられるネットに写真を掲載することに非常にナーバスなんですね。それだけ事件が起きているということでしょうか?
Cuando yo pregunto a los españoles sí puedo poner sus fotos en mi blog. Todos dicen que si. Creo que los japoneses (incluso yo) somos muy nerviosos para poner cosas privadas,como fotos, nombres, etc. en el internet .. posiblemente porque han pasado muchos accidentes ???

1900年代に初めて、バルセロナに到着したときは、物価の安さに天国みたいでした。 今は、スペインの方が高いと感じます。 特にホテル(泊まらなかったけど、値段をみて驚いた)。そして、ただ同然に感じていた地下鉄の初乗りは、2.70ユーロでした。Plaza de EspanyaからPlaza de Catalyunyaへ2−3駅で、300円かかる事になります。住んでいる人は、PASSしか使わないだろうから、関係ないかも(なんか、ロンドンみたい)。
Cuando llegué a Barcelona en los años 90's, me parecía que todas cosas eran baratas como en un paraíso. Sin embargo, ahora un billete sencillo de metro es 2,70 Euros.

高い失業率なのに、人生を楽しむスペイン人の姿を確認しました。 今回会った友人たちは、すべて仕事がありましたが、それは、彼らが30代以上だからだと思います。 2013年1月時点での、25歳以下の失業率は60%。でも、25歳以下は、親と同居している確立がたかいから、親がヒーヒーみたいです。 あと、離婚した40代の子供が親の家になだれ込んでくる事もあるらしいです(どこの国も同じ?)。それでも、収入のあるひとは、人生を楽しんでいるようで、日本人には、不思議にうつるかも。 でも、日本は、世界で一番、借金率の多い国だということを、常に心にとめて生活している日本人もいないですよねえ。
Aun con la alta taza de paros, a mi parece los españoles disfrutan la vida. El problema es que el paro esta concentrado en los jóvenes (Mis amigos tienen edad 30- 40 y todos mantienen trabajo). Bueno, Japón también tiene problemas (es un país con mas deuda en el mundo) pero la gente viaja..



Madrid/Barcelona in 2 days 目次
1 Visiting Julio's memory (Madrid)
2 バルセロナで恩人に会う! A Barcelona sin Dinero!
3 スペイン広場(闘牛反対!) Plaza de Espanya (estoy contra de..) + Can Ros
4 Casa Batlló Express
5 バルセロナで旧友に会う! Ver amigo viejo en Barcleona
6 楽しい新幹線ランチ El Bocadillo de AVE!
7 腰痛でアヒル歩き Camino como un pato ... es que me duele la espalada
8 Shopping (Madrid) 1
9 Shopping (Madrid) 2
10 Una Copa!
11 ?Que es bote?

15/07/2013
Madrid/Barcelona 2013

Comment: 14  Trackback: 0

ちょっと一杯! Una Copa!
AnaとLucy(マドリットに住むイギリス人)と軽く一杯。

aaaaa_convert_20130715211308.jpg


いまや、若者層の失業率が50%という驚きのスペインですが、
土曜日の夜のBARは満杯で、中に入る事もできません。まだ人生を楽しんでいるようです。 この地域は、こんな感じだけど、労働者の町にいくと、お店も閉められていて、酷い状況だそうです。

Salimos con Ana y Lucy. Me sorprendí un poco porque todos sitios están llenas (era sábado por la noche). No entiendo… España esta sufriendo por alto paro de un 50% (de los jóvenes) … Según Ana, el barrio que salimos no se ve mucha cambio pero si vamos a algún zona de trabajadores .. muchas tiendas y bares están cerradas.

aaaaaaa_convert_20130715211339.jpg

一軒目は、2年前にも行ったところ
Fuimos a este sitio hace dos años.

aaaaaaaaa_convert_20130715211404.jpg

aaaa_convert_20130715211253.jpg


二軒目は、私たちが最初のお客でしたが、帰る頃には満杯。
ガルシア風タコは、日本のスペインレストランにはない美味しさ。 どこが違うんでしょう。あと、日本のレストランだと、ちっちゃーなお皿にちょこんとだされますが、こちらは、豪快です! 

Nos sentamos en un restaurante y picamos pulpo a la Galicia. Muy bueno. Estoy muy feliz.
aaa_convert_20130715211239.jpg


Pimiento de Padrónは、ガリシア地方のペーパーで、辛くないんですが、ロシアンルーレットみたいで、ほんの時たま、すごい辛いのにあたります。味付けは、塩のみ。 
aaaaaaaa_convert_20130715211353.jpg


すごい量で、満足! 

明日は、帰国です! さっさと帰ります。 家についたら、AnaのボーイフレンドのIssacはまだ帰っていませんでした。(こどものIvanはおばあちゃん宅泊)。 土曜日の夜は、みなさん朝帰りです。

Tengo que madurgar mañana para coger el avión hacia Tokio. Nos vamos a casa. Adiós Lucy. En casa de Ana, Isaac (su novio) todavía no ha llegado. Iván esta en casa de su abuera. Era sábado por la noche.


こちらで、2日間の予定終了です!Adios!

aaaaaa_convert_20130715211322.jpg